スバルの担当者さん大至急! 放送禁止用語は早めに修正願います

『Singapore Motorshow 2020』でスバルのフォレスターに注目 『放送禁止用語』の声

記事まとめ

  • 『Singapore Motorshow 2020』に登場したスバルのフォレスターが、注目を集めている
  • フォレスターを紹介する単語の頭文字を読むと放送禁止用語“F.U.C.K.S”になっている
  • 「自らスバルの車は最悪とか宣伝している」等の声があがり、早めの訂正が願われている

スバルの担当者さん大至急! 放送禁止用語は早めに修正願います

1月9日〜12日までシンガポールで開催された「Singapore Motorshow 2020」で、スバルフォレスターが注目を集めています。

https://twitter.com/labergee/status/1215309207966076928
注目の的となったのが、こちらの「Forester Ultimate Customised Kit Special edition」です。各単語の頭文字が大文字で強調されていますが、よく見ると”F.U.C.K.S”になっています。英語圏での放送禁止用語ではありませんか。死亡者がでるほどのレベルではありませんが、なかなかの大事故です。

https://twitter.com/monteiro/status/1215402639522848768
「スバル、大丈夫?」と心配されています。

https://twitter.com/Jalopnik/status/1215363727861612544
「スバル”F.U.C.K.S”は、小さくて可愛いスポーツワゴンです」と、いじられてもいます。

・自らスバルの車は最悪とか宣伝しちゃってるよ
・炎上マーケティング目的じゃなくて、単にスバルの誰も気づかなかっただけでしょ
・スバルの車はひどいって自覚してるのね
・ネットで話題になるのを狙ったな。じゃなかったら最後の“edition”も頭文字を大文字にするだろ
・何があろうとスバルのフォレスターはいい車だ
・なんで挑発的になろうとしているのかな
・テスラの“S.E.X.Y”に勝とうとしてるんでしょ
・このネーミングだけで購入を検討します
・マーケティング部に連絡して。大至急
・これぞスバルがスバルたる所以
・日本人が俺たちを釣ろうとしてるんだよ

スバルの狙いはどこにあるのか不明ですが、色んな意味で宣伝効果があったことだけは間違いなさそうです。

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/labergee/status/1215309207966076928

(執筆者: 6PAC)

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』