黒岩祐治・神奈川県知事が「驚かせて申し訳ありませんでした」と謝罪 「GWはがまんのウイークです」の緊急速報メールに

5月2日午前10時、神奈川県では

神奈川県知事 緊急メッセージ
GWはがまんのウィークです。

今日から大型連休後半の5連休。
(中略)
今は神奈川に来ないでください。今は神奈川から出ないでください。
そして、今はできるだけ家にいてください。
外出自粛の徹底をお願いします。

神奈川県知事 黒岩 祐治
(神奈川県)

という内容の緊急速報エリアメールが通知された。

「緊急速報」等のワードがTwitterトレンド入する中、「緊急速報として通知するような内容か?」という疑問をもった方も多かった模様。
黒岩知事のアカウントには、

「引きこもって我慢しとるところに、煽りのような緊急速報メール出した馬鹿がおるみたいですけど。 頑張って引きこもってるところにこのメールは無いわ」
「緊急速報って音量調節出来ず、爆音と共に届くことをご存知ですか? 夜勤の医療従事者さん達が何人も叩き起こされましたよね、きっと。 そしてこれに懲りて緊急速報をオフにする人が続出したらどういう事か起こるか想像できます?コロナファイターさん」
「緊急の災害以外の速報について、エリアメールを使用することをやめていただけますでしょうか。 コロナ対策も災害としての対応ということでしょうが、すでに周知の出来事についていちいち使用されますと、エリアメールに対する危機感が失われ、いざという時の県民側の対応が遅れることに繋がります」

といったような批判の声が多数寄せられていたようである。

同日夕方、黒岩知事は

特別措置法で知事は外出自粛要請を緊急速報メールを使ってできるようになりました。それで今朝10時、神奈川県のみなさんに送らせていただきました。「地震か?」と驚かれた方も多かったと思います。事前にもっとお知らせしておくべきでした。驚かせて申し訳ありませんでした。

と謝罪を行う。批判の声もあれば、支持するといった声も寄せられるなど、賛否がわかれていたようである。

※画像は『Twitter』より

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)