海底遺跡に閉じ込められて…… 傑作サメ映画・第2弾『海底47m 古代マヤの死の迷宮』日本公開[ホラー通信]

サメ映画の季節!

2017年に公開され、全世界で大ヒットを記録した超絶スリリングなサメ映画『海底47m』。シリーズ第二弾となる『海底47m 古代マヤの死の迷宮』が、7/23(海の日!)に日本公開決定。予告編も併せて解禁となった。

前作『海底47m』では、安全な檻の中で海中のサメを観察する“ケージダイビング”の最中、檻が海底に落下し、閉じ込められた姉妹がサメと無酸素の恐怖に怯えながら決死の脱出に挑む姿を描いた。シリーズ第二弾となる本作では、一作目のコンセプトを受け継ぎつつ、ダイビングの中でもっとも危険が伴うとされている“洞窟ダイビング”という要素が新たに追加される。

太陽の日差しが降り注ぐ夏のメキシコ。4人の女子高生たちは、メキシコの〈海底に沈むマヤ文明の遺跡〉を探検しようと危険な洞窟ダイビングに挑戦する。しかし、突如大きな衝撃が走り、神殿は崩落。しかもそこに現れたのは、巨大な人食いホオジロザメだった! 必死で逃げる4人だが、命綱は切断され、助けを呼ぼうにも無線は通じない。ようやく見つけた逃げ道は激しく渦巻く潮流で塞がれており、残りの酸素もごく僅か……。脱出確率0%の迷宮を4人は突破できるのか?

予告編では、バカンスの解放感と神秘的な海底遺跡にテンションうなぎのぼりの主人公たちが、一転して窮地に陥る様が映し出されている。轟音とともに神殿が崩落。「閉じ込められた?」「進むしかない」――その先に待ち受けていたのは、巨大なサメ。血に染まる海水、荒ぶる潮流、尽きる酸素……前半との落差がスゴすぎる。

監督は、前作のヨハネス・ロバーツが続投。ジェイミー・フォックスの娘 コリーヌ・フォックス、シルベスター・スタローンの娘 システィーン・スタローンが本作で映画デビューを果たしている。

『海底47m 古代マヤの死の迷宮』
7月23日(木・祝) 新宿ピカデリー 他 全国ロードショー
配給:ギャガ

(C)THE FYZZ FACILITY FILM 11 LTD

ホラー映画・ホラーエンタメ情報の「ホラー通信」-https://horror2.jp

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』