『キングスマン:ファースト・エージェント』公開日決定&新場面写真解禁「この最新作は、まさに“キングスマン”とは何かということの要であり基盤だ」

スタイリッシュな英国紳士が、ド派手で超過激なスパイアクションを繰り広げる大人気シリーズ、『キングスマン』(2015)、『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2018)。世界中で大ヒットを記録し、日本でも多くの熱いファンから支持を集めるシリーズ待望の最新作『キングスマン:ファースト・エージェント』の日本公開日が9月25日(金)に決定! 新たな場面写真が解禁&監督を務めるマシュー・ヴォーンからのコメントが到着しました。

表の顔は高貴なる英国紳士、裏の顔は世界最 強のスパイ組織“キングスマン”。歴史の裏に隠された 秘密結社の誕生秘話が、ついに明かされる!なぜ 人々は、キングスマンを必要としたのか? 舞台は第一次世界大戦勃発の危機が迫る、ヨーロッパ。イギリス、ドイツ、ロシア・・・大国間での陰謀が渦巻き不穏な空気が漂う中、オックスフォード公(レイフ・ファインズ)に連れられコンラッド(ハリス・ディキンソン)が訪れたのは、高級紳士服テーラー“キングスマン”だった……。世界の危機を前に、ついに世界最強のスパイ組織“キングスマン”が立ち上がります。

新たに解禁となった場面写真では、紳士でスパイの“キングスマン”の代名詞とも呼べる高級スーツに身を包んだコンラッドとオックスフォード公のほか、そんな2人に立ちはだかる、漆黒の衣装に身を包んだ、怪僧ラスプーチン(リス・エヴァンス)の姿が。その奇怪な容貌は、「キングスマン」シリーズ史上最強の敵を予感させるとともに、“キングスマン”とラスプーチンがどのような死闘を繰り広げるのか、過激な戦いに期待が高まる。“キングスマン”誕生の裏に語られる、知られざる物語とは―その全貌に期待が高まります。

本作の監督は『キック・アス』(2010)、『キングスマン』、『キングスマン:ゴールデン・サークル』など、そのド派手なアクションとスタイリッシュな演出で次々とヒット作を生み出し、「キングスマン」シリーズの全作を手がけてきたマシュー・ヴォーン。代表作となったシリーズの最新作である本作について「前2作への目配せに気づいて、思わず手を叩きたくなるような瞬間があるはずだ。本作が『キングスマン』シリーズであることは間違いない。この最新作は、まさに“キングスマン”とは何かということの要であり基盤だ」と自信を見せます。謎に包まれた“キングスマン”の誕生秘話でありながら、多くの観客を熱狂させた過激でスタイリッシュな“キングスマン”に再び出会う興奮も約束されたファンにはたまらないコメントとなっています。

どの国にも属さない世界最強のスパイ組織は、なぜ生まれたのか?“キングスマン”の 知られざる物語を見逃すな!

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』本予告
https://youtu.be/1WXlich6NrQ


『キングスマン:ファースト・エージェント』
(C)2020 20th Century Studios. All Rights Reserved.
■公開: 9月25日(金)公開
■配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)