ネット予約でポイント付与!『GoToイートキャンペーン』がスタートするも……「トリキの錬金術」がTwitterのトレンドに

2020年、新型コロナウイルスの影響により観光や飲食業界などさまざまな業種が甚大な影響を受け苦境に立たされている。政府は、そういった業種を支援し消費を喚起する目的で「GoToキャンペーン」をスタート。7月22日からは観光業界を中心に支援する「GoToトラベル」が開始され、10月1日からは飲食業界を中心に支援する「GoToイート」が開始となった。

「GoToイート」は、25%が上乗せされるプレミアム商品券の販売や、飲食サイトを通して予約し来店したらポイントが付与されるといったような内容だが、このポイント付与制度に対しての裏ワザのようなやり方がネット上で問題視されている模様。
予約サイトを通じて来店した場合、15時までのランチは500ポイント、それ以降は1000ポイントが後日付与される仕組みだが、飲食代をそれ以下におさめると実質得をするという状態に。特に、一品298円(税込327円)均一の居酒屋チェーン「鳥貴族」が“狙われる”結果となり、「鳥貴の錬金術師」というフレーズが拡散されていたようだ。

10月3日には、株ネタのまとめサイト『市況かぶ全力2階建』がツイートを中心にとりあげて話題に。

GoToイート、鳥貴族で“トリキの錬金術”バグが見つかる
https://kabumatome.doorblog.jp/archives/65970031.html

また、10月6日午前10時すぎには『弁護士ドットコム』に

Go To イートでポイント荒稼ぎ、1品だけ注文「トリキの錬金術」に鳥貴族が「悩んでおります」
https://www.bengo4.com/c_18/n_11810/

という記事が掲載される。『弁護士ドットコム』の記事は配信先のヤフーニュース記事とともに拡散され、「トリキの錬金術」なるワードがTwitterのトレンド入りする事態となっていたようだ。
ヤフーニュースの同記事には、同日20時の時点でおよそ5000ものコメントが寄せられていた。記事中の農林水産省担当者の「理論上、問題はない」といった発言を問題視するコメントや、モラルを欠いた“錬金術師”の行動に対して批判のコメントなどが多くの「そう思う」を獲得していたようである。

※画像は都内の「鳥貴族」にて撮影

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)