Netflix映画『フェイフェイと月の冒険』日本版エンドソングを歌う幾田りらさんに聞く「夢を持った時には自分を信じる事がまず大切」

ディズニー・アニメーション『美女と野獣』『アラジン』『塔の上のラプンツェル』などを手掛けてきた伝説のアニメーター、グレン・キーンが初の長編監督を務める、Netflix映画『フェイフェイと月の冒険』が10月23日より独占配信開始となります。

本作は、幼い頃に亡き母親から聞いた「月の女神」の伝説を信じている少女フェイフェイが自作の宇宙船で冒険に出るという、夢と感動のファンタジー・アドベンチャー。美しい映像とグレン・キーンらしい生き生きとしたキャラクター達の表情も魅力的です。

そして、日本版エンドクレジットソング『ロケット・トゥ・ザ・ムーン 〜信じた世界へ〜』にもご注目。音楽ユニット「YOASOBI」のボーカルikuraとしても活躍する幾田りらさんが、のびやかで美しい歌声を披露しています。幾田さんご本人に作品の魅力や、楽曲についてお話を伺いました!

――幾田さんの日本版エンドクレジットソング大変素晴らしくて、感激いたしました。まず、本作をご覧になった時の感想を教えていただけますか?

幾田りら:ありがとうございます! まず、グレン・キーンさんの絵がすごく綺麗で感動しました。『リトル・マーメイド』や『塔の上のラプンツェル』といったアニメを観て育ってきたので、グレン・キーンさんのタッチで描かれた『フェイフェイと月の冒険』の美しさに圧倒されて、ストーリーも12歳のフェイフェイの行動に勇気をもらいました。私も12歳の頃から歌手を目指して作詞・作曲をはじめて。叶うか叶わないか、という事よりも夢に向かってがむしゃらにチャレンジしていく所が、フェイフェイに共感出来ました。

――同じ12歳だったのですね、本当にまっすぐに想う強さが素敵でした。

幾田りら: 素敵ですよね。12歳の「向かう所敵なし!」みたいな真っ直ぐに向かっていける感じが、年を重ねていくに従って怖くなってしまったり、経験が増えて荷物が重くなってくると行動出来なかったり、分からなくなったりしてしまう部分ってあると思うんですね。この映画でフェイフェイの突き進んでいく姿を見た時に、夢を持った時には自分を信じる事がまず大切だなと。それってとても難しい事なんですけど、自分を信じる事からはじめたらいいんだなと改めて思い出させてもらいました。

――印象に残っているシーンなどはありますか?

幾田りら:フェイフェイが過去の辛い出来事を思い出してしまうシーンがあるのですが、その後の展開がとても心温まるお話で、感動しました。フェイフェイも大好きなのですが、チン(フェイフェイの弟)が好きで、最初はフェイフェイにちょっと嫌われているのですが、それにめげずにずっとお姉ちゃんを慕っていく姿がとても健気で。頑張り屋さんのキャラクターの描き方が魅力的で、ストーリーが優しくて心地良かったです。

――幾田さんは元々ディズニー作品がとてもお好きで、グレン・キーンさんの作品のファンでもあるとお聞きしました。

幾田りら:はい! 先ほど挙げさせていただいた、『リトル・マーメイド』、『塔の上のラプンツェル』に『アラジン』、『ポカホンタス』も大好きで、主題歌などをずーっと歌っていたので。こうして主題歌を歌わせていただいて、本当に光栄です。子供の頃アメリカで暮らしていたので、ディズニーチャンネルをすごく観ていたんですね。日本に帰ってきてからもずっと観ていて。なので、本当に夢の様なお話でした。

――周りの反響も大きかったのでは無いですか?

幾田りら:家族全員ディズニー作品が大好きで、グレン・キーンさんの手がけられた作品もたくさん観ているので、「こんなすごいアニメーターの方の作品に関われるんだね!」とすごく喜んでくれて。お友達からもおめでとうのメッセージをもらって、さらに嬉しくなりました。「YOASOBI」で私の事を知ってくださった方も、YOASOBIとは違う歌の表現をしていますので、たくさん聴いていただけたら嬉しいです。

【動画】『フェイフェイと月の冒険』/幾田りら「ロケット・トゥ・ザ・ムーン〜信じた世界へ〜」楽曲スペシャル映像
https://www.youtube.com/watch?v=9CNoxAkS0Jc

――ikuraさんとはまた違う、歌声と表現の仕方が新鮮に感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。表現の部分ではどの様な事を意識しましたか?

幾田りら:劇中歌では無くてエンドクレジットソングなので、映画を観終わった方の背中をもうひと押し出来る様な歌を歌うのが私の役目かなと思ったので、フェイフェイの力強さや真っ直ぐな部分を表現しつつ、幾田りららしさも出したいなと思い、気持ちをこめて歌わせていただきました。

――『ロケット・トゥ・ザ・ムーン 〜信じた世界へ〜』の副題も幾田さんが考えられたのですよね。

幾田りら:小さい子にとっては分かりやすいタイトルの方が良いなと思ったり、タイトルそのままの直訳もいいけどな……と考えながら30個くらい候補を出していたのですが、フェイフェイの自分を信じる強さをタイトルにもこめたいなと思って、「ロケット・トゥ・ザ・ムーン 〜信じた世界へ〜」に決めました。自分で曲を作る時にもタイトルは最後につけるので、本当に大切ですし悩むんですよね。

――普段はどの様な時に歌詞やメロディが浮かぶ事が多いのですか?

幾田りら:その時々なのですが、電車に乗っている時に浮かんだり、まとまったりするんです。電車の中から外を歩いている人を眺めながら「あの人はどんな事を考えているのかな」「この後誰かと会うのかな」と想像してみたり、そんなちょっとした事からストーリーを広げたりすることもあります。今は電車の中で皆さんスマホを見ているので、私みたいに外を眺めている人って意外と少数派なんですが(笑)、昼間から夕方への変化とか景色を見ているだけで良い時間だったりするんです。

――とても素敵な時間の過ごし方ですね。最後に、幾田さんがお好きなNetflix作品があれば教えてください。

幾田りら:邦画洋画問わず色々な作品をNetflixで観るのですが、コロナ禍で自宅にいる時には『愛の不時着』をイッキ見しました。皆さんと同じくハマりました(笑)。ノンストップで見続けて朝の5時に号泣していました。あとNetflixはライブ映像もたくさん配信されているので、テイラー・スウィフトさんの『レピュテーション・スタジアム・ツアー』も素敵でした。これから、大好きな「赤毛のアン」が原作になっている『アンという名の少女』を観ようと思っています。

――今日は素敵なお話をどうもありがとうございました!

Netflix映画『フェイフェイと月の冒険』10月23日(金)より独占配信開始

【動画】『フェイフェイと月の冒険』予告編
https://www.youtube.com/watch?v=uy1QBEfSUKk

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)