伝説的コメディ29年ぶりの新作『ビルとテッドの時空旅行』日本公開 キアヌとアレックスのコメント入り特報解禁

あの、愛すべきバカ高校生たちが大人(中年)になった!

キアヌ・リーブスとアレックス・ウィンターが“エクセレント”な大親友コンビを演じる伝説的コメディシリーズ「ビルとテッド」より、29年ぶりの新作『Bill & Ted Face the Music』が日本上陸。『ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!』の邦題で12月18日より全国公開となる。

「ビルとテッド」は、バカで天真爛漫、見ているだけで心が洗われる愛すべき高校生ビルとテッドの大冒険を描いたカルト的人気を誇るシリーズ。1989年制作の『ビルとテッドの大冒険』、1991年制作の『ビルとテッドの地獄旅行』に続き本作で3作目となる。タイムマシンに乗って歴史上の偉人たちに会ったり、地獄に行って死神を仲間にしたりしてきた彼らだが、高校生だった二人は、実際の時間経過と同じくすっかり大人になっている。サマラ・ウィービングとブリジット・ランディ=ペインが演じる、二人の娘が登場するのも注目のポイントだ。

本作では、音楽で世界を救うためにロックバンド”ワイルド・スタリオンズ”として活動してきたものの、30年経っても未だ世界を救えていなかったビルとテッドが、未来の使者によって残された時間が77分25秒しかないという衝撃の事実を知り、娘たちとともに「世界を救う音楽」を完成させるべく、モーツァルトからジミヘンまで伝説のミュージシャンを集めて歴史上最強のバンドを結成しようと時空を駆け巡る

あわせて解禁となった特報映像では、ビルを演じるアレックス・ウィンター、テッドを演じるキアヌ・リーブスが登場し、「Be excellent to each other.(互いにエクセレントであれ)」「Party On!(パッと行こうぜ)」と、ビルとテッドらしいセリフでファンに向けて最新作をアピール。動画の後半に登場する短い予告編では、すっかり中年になった二人がタイムトラベルする様子や、披露宴の場で前衛的な演奏を披露し、出席者に呆れられる様子が切り取られている。

コロナ禍での公開となった本作について、主演ふたりからのコメントも到着。世界中が大変な状況に陥った2020年、せめて最後は、とびきりハッピーな本作で明るく締めくくりたいところだ。

「“全人類の心が一つになる”という映画で描かれるテーマは、まさに今僕らに必要なことなんだ。」
―キアヌ・リーブス(テッド役)

「『ビルとテッド』は、ずっと団結をテーマにしてきた。“ひとつになって”何ができるかということをね。」
―アレックス・ウィンター(ビル役)

『ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!』
12月18日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国公開

監督:ディーン・パリソット(『ギャラクシー・クエスト』)
脚本:エド・ソロモン&クリス・マシスン(『ビルとテッドの大冒険』、『ビルとテッドの地獄旅行』)
出演:キアヌ・リーブス、アレックス・ウィンター、サマラ・ウィービング、ブリジット・ランディ=ペイン、ウィリアム・サドラーほか

(C) 2020 Bill & Ted FTM, LLC. All rights reserved.

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』