ドジャースが32年ぶりにワールドシリーズを制覇した直後のロサンゼルス 「32年分の花火の音が聞こえてくるよ」「おじいちゃんにこの瞬間を見せてあげたかった」

ロサンゼルス・ドジャースとタンパベイ・レイズが戦ったメジャーリーグのワールドシリーズ。結果は、4勝2敗でドジャースがワールドシリーズを制しました。ドジャースにとっては、1988年以来32年ぶり7度目のワールドシリーズ制覇です。

地元チームが32年もワールドシリーズ制覇から遠ざかっていたためか、歓喜に湧くロサンゼルスの様子がTwitterに数多く投稿されています。


https://twitter.com/celinaoooo/status/1321299907366498306

ロサンゼルスを眼下に見下ろす機内からも、あちこちで祝福の花火が打ち上げられているのが確認できます。下から見上げる花火もいいですが、上から見下ろす花火はタイミングが合わないとなかなか見れるものではありません。


https://twitter.com/thebenbergman/status/1321296121638113294


https://twitter.com/CHellerTVNews/status/1321296216857128960

地元チームに対する愛情が街のいたるところで爆発しています。筆者も一度だけ経験がありますが、地元チームがスーパーボウル、NBAファイナル、ワールドシリーズを制すると、街中大騒ぎになるものです。


https://twitter.com/Dodgers/status/1321295583886352386

ドジャースの公式Twitterには地元ファンからの熱いメッセージが数多く寄せられています。

・32年ぶりか、超久しぶりだな
・おじいちゃんにこの瞬間を見せてあげたかった
・やった、やった! ついに勝ったぞ!
・32年という時間もかけたけど、その間選手にいくらかけたと思う?
・俺たちのドジャースがチャンピオンだあ!
・そろそろだとは思ってたけどな
・ドジャースを見放さないで良かったよ
・カーショウ(クレイトン・カーショウ)がやっとチャンピオンリングを手に入れた
・レイズのファンだけど、素直におめでとうと言わせてもらうよ
・涙が止まらない
・32年分の花火の音が聞こえてくるよ
・80年代からずっと待ってたよ

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/Dodgers/status/1321295583886352386

(執筆者: 6PAC)

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』