殺意・狂気・大爆破! 恐怖の殺人ヒッチハイカーを描いた『ヒッチャー ニューマスター版』予告編[ホラー通信]

今は亡き名優ルトガー・ハウアーが殺人ヒッチハイカーを演じる『ヒッチャー』(86)のニューマスター版が、公開35周年となる2021年1月8日(金)より全国ロードショー。予告編が解禁となった。

C・トーマス・ハウエル演じる青年ジムは、厚意で車に乗せたヒッチハイカーの正体が殺人鬼だったことから、逃げても逃げても執拗に命を狙われることとなる。動機不明で病的な執着心を持つ殺人鬼を、ルトガー・ハウアーが怪演。全編にわたって異様な緊張感が持続する、刺激と興奮に満ちた悪夢のような97分だ。

予告編では、すべての始まりとなるジムとヒッチハイカーの出会いと、そこから展開される壮絶な“追いかけっこ”の一部を見ることができる。追う側にはほとばしる狂気が、追われる側には悪魔を見たかのような戦慄の表情が浮かぶ。緊張感溢れるシーンとともに、燃えながら走る車や爆発するガソリンスタンドといったド派手なアクションシーンも散りばめられている。予告編を締めくくる、「出身は?」と問われたヒッチハイカーの挑発的な返答にもご注目だ。


予告編が表示されない方はこちら

『ヒッチャー ニューマスター版』
2021年1月8日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開

出演:C・トーマス・ハウエル、ルトガー・ハウアー、ジェニファー・ジェイソン・リー、ジェフリー・デマン
監督:ロバート・ハーモン(「ボディ・ターゲット」)
脚本:エリック・レッド(「ブルースチール」)
撮影:ジョン・シール(「マッドマックス 怒りのデス・ロード」)
音楽:マーク・アイシャム(「ザ・コンサルタント」)         
1986年/アメリカ/97分/カラー/シネスコ/5.1ch/日本語字幕:落合寿和(2019年新訳版)
提供:是空、TCエンタテインメント
配給・宣伝:アンプラグド

(C) Filmverlag Fernsehjuwelen. All rights reserved.

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』