蓮舫議員が施政方針演説前に原稿をTwitterに投稿し物議 自民・園田修光議員「どういうことだ?国会軽視も甚だしい」

1月18日、通常国会が召集され菅義偉首相が施政方針演説を行った。
その本会議が行われる前に、立憲民主党の蓮舫参議院議員がTwitterにて

菅総理の施政方針演説、原稿です。
今日午後、衆参両院で菅総理が原稿を読み上げられますが、どれだけの思いを込めた話し方をされるのか。
一貫して求めてきたものが『国民の皆さんの「安心」と「希望」』という言葉から始まる原稿ですが、果たして届いているでしょうか。届くでしょうか。

とツイートし、原稿の画像をアップした。
自民党の園田修光参議院議員は、そのツイートを引用し

どういうことだ?国会軽視も甚だしい。これから本会議だぞ?

とツイートし、蓮舫議員のツイートには批判が多数寄せられる。
その後、蓮舫議員は当該ツイートを削除し、他のツイートに「なぜ削除したのか」というコメントが多数寄せられることとなった。
また、それにより蓮舫議員の2019年の毎日新聞の
「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ
という記事紹介ツイートを引用しての

削除。

 

無かったことにはなりません。 https://t.co/rdbBXi3YP0

— 蓮舫@RENHO・立憲民主党 (@renho_sha) November 11, 2019

削除。

 

無かったことにはなりません。

というツイートが注目されていたようである。

※画像は『Twitter』より

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)