映画「新聞記者」、日本アカデミー賞“三冠”で思い出す「北野武監督」の苦言

映画「新聞記者」、日本アカデミー賞“三冠”で思い出す「北野武監督」の苦言

北野武監督

「日本映画の最悪な点は、映画製作会社が映画館も経営していること。自分の作品は米アカデミー賞(の外国語作品賞の候補)に推薦されたことがない。ここで言うのもイライラするけど、日本アカデミー賞最優秀賞は東宝、東映、松竹…たまに日活の持ち回り。アカデミー賞会員が選んだ、というけど、(会員は)どこにいるの?」

 2014年10月、都内で行われたトークショーでそうまくし立てたのは、作品が海外でも高い評価を受けている北野武監督(73)である。

 タレント・ビートたけしとしては長年毒舌を売りにして来たが、映画監督の立場で真っ向から日本の映画界を批判し、国内最大規模の映画賞である「日本アカデミー賞」に苦言を呈したのだ。

 すると、翌年1月、当時の日本アカデミー賞協会会長で東映会長の岡田裕介氏(70)が北野監督に反論。

 同氏は、「北野さんが誤解された発言をされた」、「持ち回りというのはありえない」と断言。選出は協会会員3934人の投票によるものであるとし、「東映、東宝、松竹の(関係者が)占める割合は数パーセント。大した影響力はない」と説明した。

 さらに、開票や集計は第三者機関が行うこととし、「これほど厳正な投票によって行われているものはない」とも話し、北野監督の発言に対して抗議したところ、北野サイドが、謝罪を含めて了承したことを明かしていた。

「岡田氏は“火消し”をしたつもりかもしれないが、北野監督の指摘は当たらずといえども遠からずという声もありました。『日本アカデミー賞』の公式ホームページによると、昨年の時点での投票権がある会員数は3959人。うち東宝(298人)、松竹(298人)、東映(281人)の社員が会員で3社のみで計877名。総会員数の22%を占めるので岡田氏の『数パーセント』という発言は事実誤認で、3社の作品が有利になるのは当然の話なんです」(映画担当記者)


■過去10年の最優秀作品を見てみると


 では、2018年度から過去10年度の「日本アカデミー賞」の最優秀作品賞の受賞作と配給会社を見てみよう。

09年 「沈まぬ太陽」(東宝)

10年 「告白」(東宝)

11年 「八日目の蝉」(松竹)

12年 「桐島、部活やめるってよ」(ショウゲート、現・博報堂DYミュージック&ピクチャーズ)

13年 「舟を編む」(松竹)

14年 「永遠の0」(東宝)

15年 「海街diary」(東宝&ギャガ)

16年 「シン・ゴジラ」(東宝)

17年 「三度目の殺人」(東宝&ギャガ)

18年 「万引き家族」(ギャガ)

 過去10年度のうち、東宝作品が6回、松竹作品は2回受賞しているが、独立系の映画会社の配給作品の受賞はない。しかし、今月6日に都内で授賞式が行われた、昨年度の作品を対象にした「第43回日本アカデミー賞」で最優秀作品賞を受賞したのは「新聞記者」(藤井道人監督)である。

 同映画は、会見での菅義偉内閣官房長官とのバトルで知られる東京新聞の望月衣塑子記者の著書が原案。シム・ウンギョン(25)演じる若き新聞記者と、松坂桃李(31)演じるエリート官僚の対峙と葛藤を描いた社会派サスペンスで、配給は独立系の映画会社・スターサンズと「イオンシネマ」を運営する「イオングループ」の映画興行会社・イオンエンターテイメントだ。

 今回、最優秀作品賞ほほか、松坂が最優秀主演男優賞、ウンギョンが最優秀主演女優賞を受賞。主要部門で3冠を達成する完勝だった。

「独立系の配給作品の受賞は06年度の『フラガール』以来13年ぶりです。スターサンズは『あゝ、荒野』、『宮本から君へ』などの問題作を世に送り出している。『新聞記者』の興行収入は5億円ほどで、ほかの優秀作品賞を受賞した作品と比べてもかなり少ない。数字は伸びなかったが、アカデミー会員たちが『見るべき、見られるべき映画』と評価したということでしょう。北野監督の指摘もあって、アカデミー賞も作品が正当な評価をされるようになった、なんていう声も出ています」(映画業界関係者)

 新作の製作話が浮上している北野監督だが、今後、これまでは縁がなかった「日本アカデミー賞」の賞レースに参戦することになるのか。

週刊新潮WEB取材班

2020年3月13日 掲載

関連記事(外部サイト)