名優ロバート・デ・ニーロ 近年の傑作5選!観客絶賛&抱腹絶倒の2021年最強コメディ『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』公開間近!!

名優ロバート・デ・ニーロ 近年の傑作5選!観客絶賛&抱腹絶倒の2021年最強コメディ『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』公開間近!!
『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』

名優ロバート・デ・ニーロ主演映画『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』が2021年4月23日(金)より全国公開!本作は2020年10月9日に全米で公開されるとメガヒット話題作『TENET テネット』(2020年)を抑え初登場No.1の大ヒットを記録。辛口批評サイトRotten Tomatoesでは観客スコア85%と大好評!観客絶賛&抱腹絶倒の2021年最強のコメディが遂に日本上陸!!

言わずと知れた映画界の生きるレジェンド、ロバート・デ・ニーロ。体重を急激に増減させるなど、徹底した役作りを行う役者の代名詞的な存在として、今なお確固たる地位を築いている彼だが、御年77歳。『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』でもすっかり“おじいちゃん役”が板についている。今回はそんなデ・ニーロの近年の作品をおさらい。どの作品でも年相応のキャラクターでデ・ニーロはまた新たな輝きを放っている。

『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』

『マイ・インターン』(2015年)

ひょっとしたら若い世代にとってロバート・デ・ニーロは、“『マイ・インターン』のおじいちゃん”として認識されているかもしれない。アン・ハサウェイとの共演で話題を呼び、幅広い世代に支持された本作は、ニューヨークのファッション通販サイトを運営する会社が舞台。ここにシニア・インターン制度で働くことになった70歳のベン(ロバート・デ・ニーロ)は、CEOのジュールス(アン・ハサウェイ)のアシスタントに就く。若者ばかりの会社で浮いた存在になってしまう彼だったが、公私ともに悩みを抱えるジュールスを支え、いつしか会社にとってかけがえのない存在になっていく。心温まる二人の絆に涙する感動作。

『ジョーカー』(2019年)

DCコミックスの「バットマン」に登場する悪役ジョーカーの誕生秘話を描いた本作。主人公のアーサーは「どんな時でも笑顔で人々を楽しませなさい」という母の言葉を胸にコメディアンになることを夢見る心優しき青年。しかし度重なる不幸により、徐々に狂気溢れる悪のカリスマへと変貌していく。ロバート・デ・ニーロは、アーサーが憧れるコメディアン、マレー・フランクリン役で出演。本作は『タクシードライバー』(1976年)や『キング・オブ・コメディ』(1983年)などロバート・デ・ニーロが主演を務めた作品にオマージュが捧げられている。デ・ニーロがキャスティングされたことは納得だ。

孤独な男が “悪のカリスマ” ジョーカーになった瞬間、震える……!

『アイリッシュマン』(2019年)

第92回アカデミー賞に9部門10ノミネート!ロバート・デ・ニーロとマーティン・スコセッシ監督の名コンビが放つギャング映画の新たな金字塔。老人ホームで過ごす車椅子の老人フランク・シーラン(ロバート・デ・ニーロ)が、ヒットマンとして自身が関わった1950年代から80年代の混沌としたアメリカ裏社会を振り返る。フランク・シーランは実在の人物で、1975年に失踪した、彼の友人であり全米トラック運転手組合のリーダーであるジミー・ホッファをはじめ、多くの殺人容疑をかけられている。デ・ニーロとスコセッシ監督のタッグは1995年の『カジノ』以来22年ぶり9度目となった。

実録マフィア映画の集大成! デ・ニーロほか超豪華スコセッシ組にパチーノ合流!『アイリッシュマン』

『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』(2021年4月23日公開)

ロバート・デ・ニーロ扮するエドが孫と「部屋とプライド」をかけた真剣勝負を繰り広げるコメディ映画。全米では『TENET テネット』の連続首位を阻止し、初登場No.1を獲得した。エドは妻に先立たれて、娘の家族と一緒に暮らすことになる。しかし、そこに問題が勃発。部屋の数が足りず、孫のピーターの部屋を奪うことになってしまうのだ。不服に思ったピーターは、おじいちゃんを追い出すために宣戦布告し攻撃を開始。エドも応戦して、やがて二人の「戦争」は周囲を巻き込む大騒動へと発展していく。デ・ニーロの体を張った数々のコメディシーンは必見。

『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』(2021年6月4日公開)

ロバート・デ・ニーロに加え、トミー・リー・ジョーンズ、モーガン・フリーマンと豪華俳優が集結したコメディ作品。舞台は1970年代のハリウッド。B級映画プロデューサーのマックス(ロバート・デ・ニーロ)は、ギャングのレジーからの借金が返せず大ピンチ。そんな時、危険なスタントで死亡事故が起きれば、保険金がガッポリ手に入るというアイデアを思いつく。早速ボツにしていたサイテーの脚本を引っ張り出し、老人ホームから往年のスター俳優デュークを担ぎ出し西部劇の撮影を開始する。真の目的は撮影中にデュークに死んでもらうことだが、彼は思いの外しぶとく、映画は完成に向けて順調に進んでしまい……。

『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』は、2021年4月23日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開

関連記事(外部サイト)

×