67歳、現役バリバリ! ジャッキー・チェン最新作『プロジェクトV』 盟友とタッグを組んで世界規模の大活躍

67歳、現役バリバリ! ジャッキー・チェン最新作『プロジェクトV』 盟友とタッグを組んで世界規模の大活躍
『プロジェクト V』 (c)2020 SHANGHAI LIX ENTERTAINMENT CO.LTD ALLRIGHTS RESRVED

■還暦超えのジャッキーが国際テロリストと対決!

まずは、2021年もこうしてジャッキー・チェンの新作映画が見られることを喜びたい。韓国映画が話題になる一方、今の日本は中国・香港のアクション映画には厳しい時代。そんな中でもジャッキーのサービス精神は変わらない。

いや、アクション引退宣言とか何回かしてなかったか……という気もしますが、それはまあいいじゃないですか。今回もばっちりアクション決めてます。もうジャッキーも60代、というかあと数年で70歳。それでも殴って蹴って飛んで、である。ありがたいありがたい。

『プロジェクト V』 (c)2020 SHANGHAI LIX ENTERTAINMENT CO.LTD ALLRIGHTS RESRVED

『ポリス・ストーリー3』(1992年)からの名コンビ、スタンリー・トン監督と組んだ最新作『プロジェクトV』でジャッキーが演じるのは、民間の国際特殊護衛部隊ヴァンガードのボス。若いメンバーを引き連れてテロリストと闘うことになる。

『プロジェクト V』 (c)2020 SHANGHAI LIX ENTERTAINMENT CO.LTD ALLRIGHTS RESRVED

エベレストに挑む! 苦難&危機の実話『クライマーズ』はウー・ジン、チャン・ツィイー、ジャッキー・チェン出演の山岳アクション

コミカルなジャッキー・アクションを継承した若手キャストにも注目!

ジャッキー映画の常で、ストーリーはそんなに気にしなくて大丈夫。とにかく見せたいのはアクションであり、我々が見たいのもアクション。需要と供給が一致している。

『プロジェクト V』 (c)2020 SHANGHAI LIX ENTERTAINMENT CO.LTD ALLRIGHTS RESRVED

今回はヤン・ヤン、アレンといった若い出演者の出番が多く、ジャッキーは要所を締める感じ(と言っても、いわゆる“顔見せ”ではないのでご安心を)。さすがにジャッキー出ずっぱりとはいかないんだけれども、『カンフー・ヨガ』(2017年)に続いて出演のムチミヤが素晴らしい美しさと強さを見せてくれるのを初め、若手が頑張るから映画も盛り上がる。

レジェンドレスラーと新鋭が組んだプロレスの6人タッグマッチのようだと言ったらプロレスファンには分かりやすいかも。その新鋭たちのアクションにも、コミカルなジャッキーの味が継承されている。

『プロジェクト V』 (c)2020 SHANGHAI LIX ENTERTAINMENT CO.LTD ALLRIGHTS RESRVED

実際、映画の中でのアクションシーンが占める割合は大きく、それぞれの見せ場も大がかり。ロンドン、アフリカ、ドバイと場所を変えつつ、観光風味もたっぷり。カーアクションあり急流川下りバトルあり、奇想天外な秘密兵器が出てきたかと思えば戦闘機まで。映画が進むにつれてどんどんスケールがデカくなっていく。

『プロジェクト V』 (c)2020 SHANGHAI LIX ENTERTAINMENT CO.LTD ALLRIGHTS RESRVED

(なぜか今)90年代ジャッキー・チェンまつり!『酔拳2』『レッド・ブロンクス』ほかアラフォー世代の想い出を呼び覚ます名作3選

ジャッキーが足関節を極める!?

今や映画の格闘シーンにMMA(総合格闘技)が取り入れられるのは珍しくないが、本作ではジャッキーが足関節技を使うのが印象的だ。実はここ数年、格闘技界では技術革新によってアキレス腱固めやヒールホールドといった足関節技が脚光を浴びている。

その流れがジャッキーにも届いたのかと思うと、格闘技好きとしてはそれもまた感慨深い。ジャッキーがここにきて新しい動きを取り入れているというのも凄いことだ。

『プロジェクト V』 (c)2020 SHANGHAI LIX ENTERTAINMENT CO.LTD ALLRIGHTS RESRVED

“ジャッキー・チェン史上最も怖いジャッキー” 元特殊部隊兵士による執念の復讐劇『ザ・フォーリナー/復讐者』

『VANGUARD』という英語タイトルを変え、ジャッキー映画の歴史を踏まえて展開した日本での宣伝も好感触。もちろん、エンドクレジットのアレもお見逃しなく。

文:橋本宗洋

『プロジェクトV』は2021年5月7日(金)より全国公開

関連記事(外部サイト)

×