北野武映画へのオマージュ満載!? Netflix『楽園の夜』はサービス過剰気味な超エンタメ・ヤクザ映画

北野武映画へのオマージュ満載!? Netflix『楽園の夜』はサービス過剰気味な超エンタメ・ヤクザ映画
Netflixオリジナル映画『楽園の夜』独占配信中

『楽園の夜』は、韓国人監督パク・フンジョンの最新作である。彼は、裏社会を描いた『新しき世界』(2013年)で、監督デビュー2作目にして不動の評価を獲得した。そんな新進気鋭の監督が、出世作と同じくバイオレンス作品をひっさげて、映像エンターテイメント業界の“目抜き通り”となりつつあるNetflixに満を持して登場した。

Netflixオリジナル映画『楽園の夜』独占配信中

■サービス満点のエンターテインメント

『楽園の夜』、すごくおもしろい。アクションシーンの演出、撮影は見事で、スピード感があり快感を感じる。特にクライマックスシーンは胸がすく爽快感だ。映像は洗練されているが、そこはもちろん「コリアン・ノワール」作品。バイオレンスシーンは非常にエグい。リンチされた登場人物は血みどろで臭い立つようだ。今や韓国映画の代名詞とも言えるカーアクションは迫力満点で、またアイディアが目新しい。

Netflixオリジナル映画『楽園の夜』独占配信中

ストーリーはわかりやすい。しかし、脚本は「憎しみの相関関係」が複雑に考え抜かれていて、意外性があり最後まで飽きさせない。ほのかな恋愛も描かれていて、恋愛関係とはとても呼べないその距離感も絶妙だ。

『楽園の夜』は、サービス満点の“持ってけ泥棒”なエンターテインメント作品である。ただサービスが過剰すぎて、登場人物たちは「絶対死んでるって」というダメージを負いながら、キザなセリフを言ったりする。劇画チック過ぎる演出が、ちょっと照れくさい。しかし、それすらもこの作品の場合は、チャームポイントになっているように感じる。

Netflixオリジナル映画『楽園の夜』独占配信中

傑作ヤクザ映画『極道の妻(おんな)たち』! 五社英雄監督は岩下志麻に惚れていた!?

■『東京流れ者』『ソナチネ』との共通点

本作は、はっきりと北野武監督の『ソナチネ』(1993年)を下敷きにしている。「行き場を失ったヤクザが、南の島に身を隠し、そこで現地の人間と親交を深くする。やがて、自分がハメられたことを知る」というプロットは全く同じである。

Netflixオリジナル映画『楽園の夜』独占配信中

北野監督は否定しているが、『ソナチネ』は鈴木清順監督の『東京流れ者』(1966年)を流用している可能性が高いと私は思う。『東京流れ者』も同様のプロットである。3人の監督が採用するのだから、このプロットはよほど普遍性があり、また汎用性があるのだろう。

同じプロットでありながら、『ソナチネ』と『楽園の夜』は真逆の演出を施された作品である。『ソナチネ』は芸術的だ。もてあました時間の暇つぶしにかこつけて、実験的なシーンを段積みにした、いわば「シュールレアリスム」作品である。

北野監督史上、最も美しく印象深い作品『ソナチネ』は、なぜ興行的に失敗したのか?

前述した通り『楽園の夜』はドエンターテインメント作品である。このプロットの最大の魅力は、私は“わかりやすさ”だと思う。『東京流れ者』も鈴木清順監督だけあり非常にスタイリッシュで、大衆的とは言い難い。このプロットは、遠回りした末に、パク・フンジョン監督の手によって“わかりやすさ”という特徴に合致した、エンターテインメント作品として成就した。もちろん北野武は“わかりやすさ”と真逆の演出だからこそ面白いと感じたのだろうから、どちらのそれが正しいと言うわけではないけれど。

昭和アウトローの生き様を描くヤクザ叙事詩!『無頼』は井筒和幸監督版『ゴッド・ファーザー』か!?

韓国の映像作品には、大衆的な韓国料理が度々登場する。まるで、自分たちのアイデンティティーを世界に向かって誇示しているかのようだ。やたらと格好ばっかりつけている日本の映像作品とは正反対の姿勢が、この食べ物の表現に端的に表れているように、私には思える。

Netflixオリジナル映画『楽園の夜』独占配信中

文:椎名基樹

『楽園の夜』はNetflixで独占配信中

関連記事(外部サイト)