レブロン熱演!『スペース・プレイヤーズ』はゲーム、バスケ、カートゥーン、家族ドラマ好きみ〜んな満足の電脳スポコメ映画!!

レブロン熱演!『スペース・プレイヤーズ』はゲーム、バスケ、カートゥーン、家族ドラマ好きみ〜んな満足の電脳スポコメ映画!!
『スペース・プレイヤーズ』©2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

■マイケル“神”ジョーダンの伝説を引き継ぐ

1996年にバスケ界の“神”ことマイケル・ジョーダンを主演に迎え制作された実写×アニメ映画『スペース・ジャム』が、2021年に最新映像と豪華キャストで蘇った! その名も『スペース・プレイヤーズ』は、現NBAの“キング”ことレブロン・ジェームズを主人公に、96年版と同じくバッグス・バニーらルーニー・テューンズの面々が大暴れする、ファニーかつハートフルな電脳スポーツコメディ映画に仕上がっている。

『スペース・プレイヤーズ』©2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

ジョー・ピトカ監督(ヴェルナー・ヘルツォークと康●夫を足したような見た目の人でCM界の巨匠)による96年版をリアルタイムで体験した世代にとって『スペース・プレイヤーズ』は懐かしくもあり、ジョーダン以外のキャストで成立するのか? という不安も感じさせた。しかし本作は、90年代のハリウッドでは不可能だったであろう普遍的なファミリー映画の理想に到達した、あらゆる面で正しくビルドアップされたリブート作品だ。

『スペース・プレイヤーズ』©2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

一度は引退したジョーダンの復帰翌年に撮影された96年版は、野球界からバスケ界に返り咲いた“神”をお膳立てするかのような構成であったことは否めない。しかし、それはキャリアを通して強烈な競争心をむき出しにしていたジョーダンを知っていれば不思議ではないし、“何でもアリ”なテューンズの面々とスクリーンの中で同等に渡り合うのは、神でなければ不可能だったとも言える。

 

一方、レブロンも輝かしい記録を持つ正真正銘のキングではあるものの、映画内での存在感はかなり異なる。その大きな理由は家族、特に“子ども”の描き方だ。

『スペース・プレイヤーズ』©2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

バスケの“神様”の葛藤と本音! マイケル・ジョーダン完全密着 Netflixドキュメンタリー『マイケル・ジョーダン:ラストダンス』

■テーマは家族!? 映画としての強度が桁違いのリブート

『スペース・プレイヤーズ』は、幼少期のレブロン(母子家庭)がバスケの試合でヘマしてしまうシーンから始まる。これは96年版のオープニングを引き継いだ形だが、野球の試合でミスって落ち込みながら(セレブ感ゼロの普通サイズの家に)帰宅して子どもたちに慰められるジョーダン、という嘘くささ満点の96年版を、本作はそれほど意識していないことも分かる。その後に続くオープニングクレジットもオマージュなのかだいぶ長めで、レブロンって誰? という層にも「なんかスゴそうな人」という印象を植え付ける。ちなみにBGMはChance the Rapper feat. John Legend & Symba「See Me Fly」で、鳥肌モノのカッコよさ。

そして舞台は現在、レブロンは3人の子を持つ親として、バスケよりもゲーム制作に夢中な秀才の次男ドムとバチバチやり合う様子から、本作が“家族”をテーマにしていることが明らかになる。もちろん電脳少年ドムの存在が物語の重要な鍵となり、最新ゲームについていけないレブロンのおっさんぶりもしっかりネタ振りになっているからスゴい。ピトカ監督やファンには申し訳ないが、NIKEの<HARE JORDAN>キャンペーンから生まれた企画モノとは映画としての強度が違うというか、さすが横ノリが浸透しているマルコム・D・リー監督(『バーバーショップ3 リニューアル!』[2016年]ほか)というか、本作は脚本から演出、音楽チョイスに至るまでいちいち気が利いているのだ。

ともあれ序盤はサクサク展開で、ドムを伴いワーナー・ブラザースとの打ち合わせに訪れたレブロンが、同社のサーバーを支配するアルゴリズム、その名もアル・G・リズム(見た目は完全にドン・チードル)をディスったことにより、ワーナーの広大なサーバー世界に閉じ込められてしまうのだった!(ここは豪華なカメオ出演もお楽しみに)。

関連記事(外部サイト)