一挙放送!ポン・ジュノ特集『パラサイト 半地下の家族』とキム・ギヨン監督『下女』の奇妙な関係

一挙放送!ポン・ジュノ特集『パラサイト 半地下の家族』とキム・ギヨン監督『下女』の奇妙な関係
『パラサイト 半地下の家族』Blu-ray&DVD発売中 発売・販売元:バップ (c)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED / 『下女』発売元:アイ・ヴィー・シー 価格:Blu-ray¥5,280 DVD¥4,180 (税込)

■『パラサイト』は「(疑似)家族映画」への揺り戻しか

家父長制を基本とする家族構成を重んじることは「前時代的である」と世の中が認識しはじめている。これは、多様性を受け入れてゆこうという国際的な潮流や、日本における同性婚や夫婦別姓を認めてゆこうという社会に対する要望とも無縁ではない。同様の社会傾向は、映画の世界においても指摘できる。例えば、第89回アカデミー賞で作品賞に輝いた『ムーンライト』(2016年)や、第69回カンヌ国際映画祭で最高賞パルム・ドールに輝いた『わたしは、ダニエル・ブレイク』(2016年)。これらの作品は、登場人物たちが<疑似家族>のような人間関係を形成することで「血縁に依る家族関係よりも、血縁に依らない人間関係の方がより深い絆で結ばれている」と描いていた。

静かに怒り続けていたケン・ローチ監督が爆発した『私は、ダニエル・ブレイク』

またカンヌ国際映画祭では、家族を装って国境を越える『ディーパンの闘い』(2015年)や、血縁の無い他人同士が肩を寄せ合って暮らす『万引き家族』(2018年)など、連続して<疑似家族>的な人間関係を描いた作品を最高賞に選んできたという経緯もある。思い返せば、第68回で『ディーパンの闘い』と最高賞を競った是枝裕和監督の『海街diary』(2015年)は、日本国内で漫画原作であることを理由にした批判に晒されたが、この映画もまた“血の繋がらない姉妹”を中心とした<疑似家族>のようなものが描かれていた。つまり、『誰も知らない』(2004年)や『そして父になる』(2013年)など、それまでカンヌ国際映画祭に選出された作品で、“家族のあり方”を描いてきた是枝監督の姿勢が評価されていたのだということを窺わせる。世相を反映した<疑似家族>的な人間関係を描いた映画は、2010年代後半になって世界同時多発的に製作され、その例は枚挙にいとまがない。

「初めて超裕福な家庭を撮った」階級格差を描いたポン・ジュノ監督、撮影秘話を語る『パラサイト 半地下の家族』

■社会を投影し世界と共鳴していた60年代韓国映画

キム・ギヨン監督の作品は長らく日本で紹介されておらず、『下女』は2011年に日本でも公開された『ハウスメイド』(2010年)としてイム・サンス監督がリメイクしたことにより、その存在が映画ファンの間でも知られるようになった。また、1996年に国際交流基金アジアセンターが開催した特集上映で初めて上映され、再評価されたという経緯もある。

関連記事(外部サイト)