『007』シリーズ24作&番外編一挙放送!『ノー・タイム・トゥ・ダイ』以降も続く“ブロッコリ一族”の影響力

『007』シリーズ24作&番外編一挙放送!『ノー・タイム・トゥ・ダイ』以降も続く“ブロッコリ一族”の影響力
『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(c) 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

■気分はまだまだ『007』

ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じる最後の作品『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(2021年10月1日公開)の出来がすこぶる良い。その背景として、バーバラ・ブロッコリとマイケル・G・ウィルソンという二人のプロデューサーの指向性の違いからくる緊張関係が、事実上の三人目のプロデューサーとしてジェームズ・ボンド像を完結させたダニエル・クレイグの存在によって、ほどよいバランスに保たれたことがありそうだ。

ダニエル・クレイグ本人から「これで最後」宣言!『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』でボンドを辞める真の理由

※注意:『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の内容に触れています

クレイグ版の5部作は初期『007』シリーズへの原点回帰の道のりだった!

五代目ジェームズ・ボンドを演じたピアース・ブロスナンの時代まで、『007』シリーズではMやミス・マネーペニー、Qなどのレギュラー登場人物を除くと毎回独立した物語だったものが、クレイグ版の5作品では基本的に話が全部続いているのが特徴だ、という人がいる。――だが、それは実は間違いだ。

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(c) 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

以前、このコラムでも書いたが、最初のボンド・ガールであるシルヴィア・トレンチ(ユーニス・ゲイソン)は、『007は殺しの番号(『007/ドクター・ノオ』)』(1962年)で真っ赤なドレスに身を包んでカジノで登場し、ショーン・コネリーに「マイネーム イズ ボンド。ジェームズ・ボンド」と名乗らせると、情事を期待してホテルの彼の部屋で待つ(ゴルフのパッティングの練習をしながら)。だが、ボンドはすぐにジャマイカに出張しなくてはならず、ドクター・ノオを倒したのち、半年後にようやくシルヴィアと湖畔でのランデブーにしけこんでいたところを再びMに呼ばれ、ロシアの女スパイ=タチアナ・ロマノヴァについて新たな指令を受ける、というのが『007/危機一発(『007/ロシアより愛をこめて』)』(1963年)の本筋に入る流れだった。シルヴィアは二度にわたってボンドとの情事を成就させることができないのだが、要は最初の二作品では物語は続いていたということ。

問題は『007は二度死ぬ』(1967年)から、三代目ボンド=ロジャー・ムーアの2作目『007/黄金銃を持つ男』(1974年)までの5作品では、1作ごとにブロッコリ主導とサルツマン主導で交互に製作することにより、シリーズの方向性について微妙に志向の異なるプロデューサー間の“綱引き”が行われた。具体的には、第5作『007は二度死ぬ』、第7作『007/ダイヤモンドは永遠に』(1971年)、第9作『黄金銃を持つ男』の奇数作がブロッコリ、第6作『女王陛下の007』、第8作『007/死ぬのは奴らだ』(1973年)の偶数作がサルツマン主導による作品だ。

このラインナップを見るとテイストの違いは明らかで、ブロッコリが常に大仕掛けの派手めの作品を好むのに対して、サルツマンはよりイアン・フレミングの原作に近い、人間としてのボンドが己の肉体で戦う方向に引き戻そうとしていた。だがサルツマンは『黄金銃を持つ男』のプレミア直後に、自身の資金的な問題からプロデューサーとしての権利をユナイテッド・アーチスツに売却してシリーズから手を引くと、その直後にブロッコリ単独で製作した『007/私を愛したスパイ』(1977年)がシリーズ最大のヒットを記録。次作はブロッコリ好みの派手さがほとんどSFにまで行きついた『007/ムーンレイカー』(1979年)ということになった。

『007』の秘話満載! ボンド役者は(6人ではなく)11人いる!? すべて紹介&ざっくり格付け!!

ブロッコリの二人の子供たち:マイケルとバーバラによる次世代『007』シリーズ

アルバート・ブロッコリは四代目ボンド、ティモシー・ダルトンの2作品までで現役を引退。以後はブロッコリの後妻の連れ子であるマイケル・G・ウィルソンと、後妻との子であるバーバラ・ブロッコリの異父兄妹が二人三脚で『007』シリーズを引き継いで今日に至るのだが、バーバラよりも18歳年長のマイケルは、早くも『ムーンレイカー』から製作総指揮としてクレジットされている。だが、実際にはこの時はまだ見習いで、続く『007/ユア・アイズ・オンリー』(1981年)からの5作品が(まだ義父アルバートが製作としてクレジットされてはいるものの)、実質的なマイケル主導作品であることは明らかだ。マイケルは、このロジャー・ムーアの最後の3作品とティモシー・ダルトンの2作品すべての脚本も務めている。

そのマイケルの目指していたのが、実はハリー・サルツマンと同じ方向性だったことは、5作品のテイストを見るとよくわかる。とりわけ、初めて彼が全面的に取り組んだ『ユア・アイズ・オンリー』では、ロジャー・ムーアのボンドは断崖をよじ登り、スキーでのアクションなど己の肉体を駆使して戦う。そしてプレタイトル・シークエンスでは、亡き妻トレイシーの命日にバラの花束を持って墓参りをしてからヘリコプターに乗ったところを、首にムチ打ち症のコルセットを付けたブロフェルドっぽい車椅子の人物(ケヴィン・マクローリーとの訴訟中で、まだブロフェルドの名前は使えなかった)に襲われるという、『女王陛下の007』の直接的な続きが示されていた。『ユア・アイズ・オンリー』からの5作品すべての監督を、『女王陛下の007』の第二班監督だったジョン・グレンに任せていることにも明確な意思が感じられる。

関連記事(外部サイト)