2022年もマーベル映画が激アツ! MCU&SSU注目作品一挙紹介! プロデューサーが明かす今後の「スパイダーマン」新作は……!?

2022年もマーベル映画が激アツ! MCU&SSU注目作品一挙紹介! プロデューサーが明かす今後の「スパイダーマン」新作は……!?
『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(c)2021 CTMG. (c) & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

全世界待望のトム・ホランド主演『スパイダーマン』シリーズ最新作、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が2022年1月7日(金)に全国の映画館にて公開!全米では公開週末3日間でNo.1となり、全米におけるオープニング興行成績としては『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年)を抜いて歴代2位に!さらには、全世界オープニング興行成績においても歴代3位という映画界の歴史に残る大ヒットスタートを記録!日本でも劇場前売券の発売日から3日間の売れ行きが、驚異の前作対比376%というシリーズ最高記録を更新!日本でも前代未聞の熱狂を予感させている!

「観客は驚くだろうね 何せマーベルの…」と意味深発言!? 懐かしのキャラが大暴れ!『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』再出演の敵キャスト陣からコメントが到着!!

世界中に正体が開かされてしまったピーター・パーカー。ピーターがスパイダーマンだという記憶を人々から消すために、危険な呪文を唱えたドクター・ストレンジ。その結果、マルチバースの扉が開かれ、過去シリーズのヴィラン達がスパイダーマンに襲い掛かる!最大の危機に晒されたピーターの「僕の責任だ。全員は救えない」という台詞の果てに、彼が下す選択とは――。今、ここに全ての運命が集結する!

最新作が公開されるたびに全世界に大きな熱狂を巻き起こすマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)。2021年にはMCUフェーズ4の幕開けと共に「ワンダヴィジョン」「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」『シャン・チー/テン・リングスの伝説』『エターナルズ』や、スパイダーマンをベースにしたソニー・スパイダーマン・ユニバース(SSU)からは『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』といった作品が次々と公開され、全世界でも熱狂を巻き起こした。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(c)2021 CTMG. (c) & ? 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

そしてついに、“スパイダーマン:エンドゲーム”ともいわれる注目作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』がいよいよ今週末に公開を迎える!『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)で初登場して以降、アベンジャーズと共に歩んできたMCU版スパイダーマンの3部作がついに<最終章>を迎える本作だが、同時にMCUやSSUのつながりも徐々に明らかに!そのため、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は多くのファンから確実に今後のMCUやSSU作品を見るためにも欠かせない存在としても注目が集まっている!そこで、今後『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が影響を与えそうな、注目されているMCU&SSU作品を一挙に紹介しよう!

■話題作が目白押し!! MCU&SSU注目作品一挙紹介!

『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』(2022年5月公開)

新たなスパイダーマンの誕生を描き、主人公のマイルス・モラレスのもとにマルチバースから様々なスパイダーマンが集結し、多くの話題を呼んだアニメーション映画『スパイダーマン:スパイダーバース』(2018年)の続編。タイトルにPART1(パート1)とあるように、PART2(パート2)も現在製作されていることも明らかとなっている。特報映像では、マイルス・モラレスのもとに、前作で共に戦い、別のユニバースへと帰っていったグウェンが再び登場し、二人が再会を果たす様子が。そのほか、マイルスがユニバース間を移動しながら、謎のスパイダーマンと戦うアクロバティックなシーンもあり、前作以上にマルチバースが広がっていくことを感じさせる。

『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース(パート1)』(c)2021 CTMG. (c) & TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

アニメ版スパイダーマンの最新作『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース(パート1)』が2022年公開、ファーストルック映像&場面写真が解禁! 予告編に登場する謎のスパイダーマンとは!?

その他にも、『Black Panther: Wakanda Forever(原題)』『The Marvels(原題)』『Guardians of the Galaxy Vol. 3 (原題)』『Ant-Man and the Wasp: Quantumania (原題)』『Echo(原題)』『Ironheart(原題)』など発表されているタイトルだけでもマーベルの世界はまだまだ続く!

それだけではなく、すでに今後の「スパイダーマン」作品についても、これまでスパイダーマンシリーズを手掛けてきたプロデューサーのエイミー・パスカルが新作を制作予定だと明かしており、今後のストーリーについて問われると「『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』でピーターの高校時代の話は終わったの。トム・ホランドと一緒に制作した3つの映画は、スパイダーマンのオリジン・ストーリーの集大成なの。ケヴィン・ファイギやトム、さらに他のみんなと、次に何をするかについて話し合う必要があるわ。次のストーリーが何かを決めて、それからどのキャラクターがそのストーリーを伝えるのに役立つかを決めているの」と語る。

そして、マーベルの社長でエイミーと共にプロデューサーを務めたケヴィン・ファイギ「エイミーとこのシリーズ3作に取り組むことの楽しさは、ミステリオやバルチャーのようにこれまで映画に登場したことがないキャラクターについて話すことなんだ。『ノー・ウェイ・ホーム』では、ドック・オク、グリーン・ゴブリン、エレクトロなど、以前の映画に登場したキャラクターたちが登場するのを見るのは楽しかった。素晴らしいのは、60年のコミックの歴史だけでなく、20年以上前の映画から引用できること。白紙の紙から始めて、可能性について話すときインスピレーションを得るべき素晴らしい映画やコミックがたくさんあって、まだまだ可能性があることに気づくんだ」と明かすなど、今後さらに新たなキャラクターたちの可能性も示唆しており期待が高まる。これからも多くのヒーローたちの活躍が描かれるMCU&SSU作品を見る前に、まずは『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』を見て、今後に備えてほしい!

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(c)2021 CTMG. (c) & ? 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は、2022年1月7日(金)全国の映画館にて公開!

関連記事(外部サイト)