『スパイダーマン』“逆さキス”の裏話を告白! 全然ロマンチックじゃなかった!? MJ役のキルステン・ダンストが明かす

『スパイダーマン』“逆さキス”の裏話を告白! 全然ロマンチックじゃなかった!? MJ役のキルステン・ダンストが明かす
YouTube

世界中で大ヒット上映中のトム・ホランド主演『スパイダーマン』シリーズ最新作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』サム・ライミ『スパイダーマン』(2002年〜2007年)でヒロインのMJを演じたキルステン・ダンストが、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』「まだ観ていない」と明かし、あの伝説の“逆さキス”「ここまで有名になると思ってもみなかった」と語った!!

本編映像解禁!スパイダーマンVSドクター・ストレンジ!? 『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』 幾何学な世界で対決する迫力のバトルを繰り広げる!!

第79回ゴールデン・グローブ賞で作品賞を受賞したジェーン・カンピオン監督作『パワー・オブ・ザ・ドッグ』(2021年)に出演しているダンストは、現在社会現象に近いほど高い評価を得ているトムホ主演最新作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』にまじえて、その当時出演した『スパイダーマン』シリーズでの“逆さキス”シーンの撮影秘話を語った。

■こんなに有名になるなんて…“逆さキス”は全然ロマンチックじゃなかった!?

その当時巷で話題になった“逆さキス”シーンは、『スパイダーマン』(2002年)で登場する。土砂降りの夜に、ダンスト演じるMJが逆さまに吊るされたスパイダーマン(トビー・マグワイア)のマスクを正体を隠せる程度にめくり上げ、悪者から自分を救ってくれたお礼にキスをする……という「ピーター、ついに報われたな!」と思わずガッツポーズしたくなったあのピーター&MJのファーストキスシーンのことだ。

“逆さキス”「史上最高のファーストキスシーン」の1つとして語り継がれる伝説的なシーンとなったが、ダンスト自身は「ここまで有名なシーンになるとは思ってもみなかった」と、全然ロマンチックに感じていなかったことを米W Magazine誌に明かしている。

「当時はここまで有名なキスシーンになるとは思ってもみなかったわ。撮影中は彼の鼻には雨水が入ってしまうし、スパイダーマンのスーツで息がしづらそうだった。とても夜遅かったような気もしたわ。でも、監督のサムが有名なキスのマニュアル本をくれたので、どれだけロマンチックで特別なものにしたかったのかがわかった。トビーが逆さまに吊るされることで、必ずしもそのようには感じなかったけどね。モンタージュされるようなシーンの一部になれたことを誇りに思う。素晴らしいキスのように見えるわ。」と振り返った。

2022年もマーベル映画が激アツ! MCU&SSU注目作品一挙紹介! プロデューサーが明かす今後の「スパイダーマン」新作は……!?

■「まだ観てない、ごめん!」スパイダーマン最新作は息子と観る予定

元祖MJを演じたダンストも現在39歳で2児の母。トムホ主演最新作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』「いずれ息子と一緒に観る」と明かしてる。

「まだ観てないの。ごめんね(笑)!絶対に観なきゃいけないことは分かっているわ。とても大きなサプライズがあって、みんな興奮しているものね。いずれ息子と一緒に観るつもりよ。息子はスパイダーマンに興味を持ち始めていて、スパイダーマンの子供版を見ているから、一緒に観るかもしれないわね。」と語った。

元祖MJも驚愕のビッグサプライズをぜひ劇場でチェックしてほしい!!
『スパイダーマン』シリーズ最新作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は、大ヒット上映中!

関連記事(外部サイト)