アカデミー賞ノミネート『マクベス』 まるでSF? ジョエル・コーエン初単独監督&デンゼル・ワシントン主演

アカデミー賞ノミネート『マクベス』 まるでSF? ジョエル・コーエン初単独監督&デンゼル・ワシントン主演
『マクベス』Apple TV+

■コーエン兄弟と僕

コーエン兄弟の作品はとても好きで、ほぼ全て観ている。高校生の時、出席日数を計算してギリギリの回数しか登校しないけどテストの点数はいい、という漫画みたいな友達がいた。当時の自分は全然映画に興味がなかったが、その友人はなぜか『TAXi』(1997年)や『ミニミニ大作戦』(2003年)などのDVDを貸してくれて、観た記憶がある。

大学生の時にレンタルビデオ屋のオススメを見ていたら、そんな彼が以前熱っぽく「最高の映画」と評していた『バーバー』(2001年)があり、なんとなく借りてみたところ面白く、コーエン兄弟の他の作品も観た。そこから監督ごとに意識して作品を観る習慣がついたように思う。

作品毎にテーマは違っても同じ俳優が出ていること、そして撮影監督や劇中音楽の作曲者などは同じ人物を起用するなど継続したチームで映画製作をしていることに気づき、バンド的でいいなあと思った。

『スカーフェイス』リブート版の監督は『サスペリア』のルカ・グァダニーノ、脚本はコーエン兄弟に決定

自分は当時、日本の時代劇もそうだが西部劇の面白さがまだ分からず、できればそれ以外のテーマが良いと思っていた。コーエン兄弟は『トゥルー・グリット』(2010年)、その少し後にクエンティン・タランティーノも『ジャンゴ 繋がれざる者』(2012年)が西部劇だったので、なぜ好きな監督が二人して西部劇を撮るんだ、と少しガッカリした記憶がある。面白かったけど。

関連記事(外部サイト)