【スター・ウォーズ】オビ=ワンとダース・ベイダーの物語を描くドラマ最新予告編が到着!『オビ=ワン・ケノービ』の鬼気迫る最新キャラクター“尋問官”の姿も!?

【スター・ウォーズ】オビ=ワンとダース・ベイダーの物語を描くドラマ最新予告編が到着!『オビ=ワン・ケノービ』の鬼気迫る最新キャラクター“尋問官”の姿も!?
『オビ=ワン・ケノービ』©︎2022 Lucasfilm Ltd.

『スター・ウォーズ』シリーズのオビ=ワン・ケノービとダース・ベイダーの物語を描くオリジナルドラマシリーズ『オビ=ワン・ケノービ』が、2022年5月25日(水)16 時よりディズニープラスにて日米同時独占配信開始となる。このたび、本作で初めての映像となる予告編が全世界で解禁された。

「スター・ウォーズ」伝説のキャラクターが復活!! ダース・ベイダーも再登場!? 最新ドラマ『オビ=ワン・ケノービ』のキービジュアルが全世界で解禁!

全世界を興奮と歓喜で満たし、社会現象を巻き起こし続けてきた空前のエンターテイメント「スター・ウォーズ」シリーズ。シリーズを代表する伝説的なキャラクターにして、史上最も有名な悪役ダース・ベイダー、そして、ジェダイ・マスターのオビ=ワン・ケノービ。 “スター・ウォーズ”を象徴する2人のキャラクターが『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005年)でみせた歴史的対決と決着——オリジナルドラマシリーズ『オビ=ワン・ケノービ』では、その後の2人の物語を描く。

■「我々ジェダイは負けた。身を隠していろ」鬼気迫る予告編が解禁

本作の舞台は、オビ=ワンにとって最良の友でありジェダイの弟子であったアナキン・スカイウォーカーが邪悪なシス卿ダース・ベイダーに堕ち、ジェダイが敗北を喫した「シスの復讐」での劇的な出来事から10年後。同作のラストで生まれたばかりのルークをタトゥイーンに住むラーズ夫婦に託したオビ=ワンだったが、予告編には何かを操縦する真似をして遊ぶ可愛らしい幼きルークが登場。オビ=ワンは身を隠しつつルークの成長を陰ながら見守っていた。

そんなオビ=ワンを追い詰めるのは、ダース・ベイダーに仕えジェダイの残党たちの抹殺を目論む尋問官。特徴的な赤いライトセーバーを自在に操り戦うアクションシーンも垣間見え、オビ=ワンら生き残ったジェダイの残党を追い詰めていく存在になるようだ。

ジェダイがシスに敗れ、ダース・ベイダー率いる帝国が台頭する絶望の時代の中、ジェダイに残された唯一の“希望”──。そしてオビ=ワンはたった一人で暗黒卿にどう立ち向かっていくのか?そして、映像のラストではダース・ベイダーのものと思われるあの“呼吸音”が──。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Star Wars(@starwars)がシェアした投稿

■赤いライトセーバーを振り回す白塗りの悪役・大尋問官が初登場!!

予告編には、オビ=ワンと対峙することになる大尋問官の姿と「クイーン・ギャンビット」(2020年)のモーゼス・イングラムが演じる尋問官レヴァがお披露目されている。シス卿ダース・ベイダーに仕え、ジェダイの残党狩り、そして、銀河帝国の脅威であるフォースを持つ子どもを誘拐して味方につけるか、もしくは抹殺することが任務である尋問官たちは、かつてはジェダイの騎士だったりとジェダイとはゆかりがある。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Moses Ingram(@_mosesingram)がシェアした投稿

本作には、『スター・ウォーズ』新三部作(1999年〜2005年)でオビ=ワン・ケノービを演じたユアン・マクレガー、ダース・ベイダー(アナキン・スカイウォーカー)を演じたヘイデン・クリステンセンとともに、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977年)から「スター・ウォーズ」の象徴とも言える伝説的な音楽を生んだジョン・ウィリアムズも「スター・ウォーズ」シリーズに帰還。誰もが一度は聞いたことのある「スター・ウォーズ」の音楽が蘇り、本作をさらに“完璧な「スター・ウォーズ」”へと進化させる。

『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』の公開から17年。ベイダーとなったかつての弟子、その師であったオビ=ワン、2人のもう一つの物語が始まる。
『オビ=ワン・ケノービ』は、2022年5月25日(水)16 時よりディズニープラスにて日米同時独占配信。

関連記事(外部サイト)