濱口竜介監督『ドライブ・マイ・カー』が外国語映画賞を受賞!! “米アカデミー賞の前哨戦”第27回放送映画批評家協会賞の受賞者・受賞作品が発表!

濱口竜介監督『ドライブ・マイ・カー』が外国語映画賞を受賞!! “米アカデミー賞の前哨戦”第27回放送映画批評家協会賞の受賞者・受賞作品が発表!
Twitter

現地時間2022年3月13日、クリティクス・チョイス・アワード(放送映画批評家協会賞)の受賞者・受賞作品が発表された。

ハリウッドでボイコットが相次いだゴールデン・グローブ賞に代わって、“米アカデミー賞の前哨戦”のひとつとして注目が集めている同映画祭が、テイ・ディグスニコール・バイヤーを司会に迎え、受賞作品・受賞者の発表を行った。2021年に世界中で人気が爆発した韓国ドラマ「イカゲーム」の受賞の行方はもちろんのこと、同ドラマに主演したイ・ジョンジェチョン・ホヨンパク・ヘスがプレゼンターをつとめると話題になっていた。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Squid Game(@squidgamenetflix)がシェアした投稿

映画部門では、作品賞をはじめとする最多11部門にノミネートされたのは、ケネス・ブラナー監督作『ベルファスト』(2022年3月25日公開)とスティーヴン・スピルバーグ監督作『ウエスト・サイド・ストーリー』。注目作が争う中で、10部門でノミネートされていたジェーン・カンピオン監督のNetflix映画『パワー・オブ・ザ・ドッグ』が作品賞と監督賞を受賞した。今飛ぶ鳥を落とす勢いの濱口竜介監督作『ドライブ・マイ・カー』は、第75回英国アカデミー賞(BAFTA)と第79回ゴールデン・グローブ賞に続き、本映画祭でも非英語映画賞を受賞した。

テレビ部門では、全米で人気を集める海外ドラマ「メディア王 〜華麗なる一族〜(別題:サクセッション)」がドラマ部門の作品賞を受賞。Netflixの話題作「イカゲーム」が非英語作品賞を受賞し、イ・ジョンジェがドラマ部門の主演男優賞を受賞した。コメディドラマ「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」がコメディ部門の主演男優賞、助演男優賞、助演女優賞を獲得し、俳優陣の演技が高く評価される形となった。

■第27回クリティクス・チョイス・アワード 受賞作品・受賞者リスト

■映画部門

作品賞
『パワー・オブ・ザ・ドッグ』

主演女優賞
ジェシカ・チャステイン『タミー・フェイの瞳』

主演男優賞
ウィル・スミス『ドリームプラン』

助演女優賞
アリアナ・デボーズ『ウエスト・サイド・ストーリー』

助演男優賞
トロイ・コッツァー『コーダ あいのうた』

子役賞
ジュード・ヒル『ベルファスト』

アンサンブル演技賞
『ベルファスト』

監督賞
ジェーン・カンピオン『パワー・オブ・ザ・ドッグ』

脚本賞
ケネス・ブラナー『ベルファスト』

脚色賞
ジェーン・カンピオン『パワー・オブ・ザ・ドッグ』

撮影賞
アリ・ワグナー『パワー・オブ・ザ・ドッグ』

美術賞
パトリス・ヴァーメット、Zsuzsanna Sipos『DUNE/デューン 砂の惑星』

編集賞
セーラ・ブロシャー、マイケル・カーン『ウエスト・サイド・ストーリー』

衣装デザイン賞
ジェニー・ビーヴァン『クルエラ』

メイクアップ&ヘアスタイリング賞
『タミー・フェイの瞳』

視覚効果賞
『DUNE/デューン 砂の惑星』

最優秀コメディ賞
『リコリス・ピザ』

長編アニメ賞
『ミッチェル家とマシンの反乱』

外国語映画賞
『ドライブ・マイ・カー』

歌曲賞
ビリー・アイリッシュ「ノー・タイム・トゥ・ダイ」『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』

作曲賞
ハンス・ジマー『DUNE/デューン 砂の惑星』

■テレビ部門

ドラマ部門 作品賞
「メディア王 〜華麗なる一族〜(別題:サクセッション)」

ドラマ部門 主演男優賞
イ・ジョンジェ「イカゲーム」

ドラマ部門 主演女優賞
メラニー・リンスキー「イエロージャケッツ」

ドラマ部門 助演男優賞
キーラン・カルキン「メディア王 〜華麗なる一族〜(別題:サクセッション)」

ドラマ部門 助演女優賞
セーラ・スヌーク「メディア王 〜華麗なる一族〜(別題:サクセッション)」

コメディ部門 作品賞
「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」

コメディ部門 主演男優賞
ジェイソン・サダイキス「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」

コメディ部門 主演女優賞
ジーン・スマート「ハックス(原題)」

コメディ部門 助演男優賞
ブレット・ゴールドスタイン「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」

コメディ部門 助演女優賞
ハンナ・ワディンガム「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」

ミニシリーズ 作品賞
「メア・オブ・イーストタウン/ある殺人事件の真実」

テレビ映画 作品賞
「OSLO/オスロ」

ミニシリーズ・テレビ映画部門 主演男優賞
マイケル・キートン「DOPESICK アメリカを蝕むオピオイド危機」

ミニシリーズ・テレビ映画部門 主演女優賞
ケイト・ウィンスレット「メア・オブ・イーストタウン/ある殺人事件の真実」

ミニシリーズ・テレビ映画部門 助演男優賞
マーレイ・バートレット「ホワイト・ロータス/諸事情だらけのリゾートホテル」

ミニシリーズ・テレビ映画部門 助演女優賞
ジェニファー・クーリッジ「ホワイト・ロータス/諸事情だらけのリゾートホテル」

ミニシリーズ・テレビ映画部門 非英語作品賞
「イカゲーム」

ミニシリーズ・テレビ映画部門 アニメ賞
「ホワット・イフ…?」

トーク番組賞
「ラスト・ウィーク・トゥナイト・ウィズ・ジョン・オリバー」

スタンドアップコメディ賞
「ボー・バーナムの明けても暮れても巣ごもり」

関連記事(外部サイト)