「ミズ・マーベル」最新情報まとめ!アベンジャーズオタクの女子高生がヒーローに!? 主役は本作でデビューの超・新人!?

「ミズ・マーベル」最新情報まとめ!アベンジャーズオタクの女子高生がヒーローに!? 主役は本作でデビューの超・新人!?
YouTube

アベンジャーズオタクの女子高生ヒーローを主人公にした、マーベル・スタジオが贈る最新オリジナルドラマシリーズ「ミズ・マーベル」が、2022年6月8日(水)16時よりディズニープラスで日米同時独占配信されることが決定した。“親愛なる隣人”らしさを感じさせるキービジュアル&ポップでスタイリッシュな予告編が解禁された。ミズ・マーベルとは一体何者なのか!? 現在明らかになっている情報をご紹介したい!!

Ms. Marvel, an Original series from Marvel Studios, starts streaming June 8 on @DisneyPlus. #MsMarvel pic.twitter.com/kchOaDafG7

— Marvel Studios (@MarvelStudios) March 15, 2022
『スター・ウォーズ』のオーディションを受けていた!? 『キャプテン・マーベル』のブリー・ラーソンがYouTubeで過去を赤裸々に告白!

■キャプテン・マーベル推しのフツーの女子高生がヒーローに!?

主人公は、アベンジャーズが大好きで、なかでもキャプテン・マーベルに憧れを抱くカマラ・カーン(イマン・ヴェラーニ)。彼女は勉強、趣味、そして恋に没頭するごく普通の女子高生だが、家でも学校でも周りと上手く馴染めず自分の居場所を見つけるのに苦労していた。「スーパーパワーさえあれば、人生はもっと楽になるはず——」切実な思いを胸に、ヒーローになった自身の姿を妄想するカマラだったが、ある日突然、強大な力を手に入れ、妄想していたことが現実に!! 夢にまで見ていたヒーローの力を手に入れたカマラ。これで人生はすべて理想通り上手くいくはず、と思いきや、次々と彼女の前に壁が立ちはだかる。妄想の世界とは違い、家庭や学校、社会生活での様々な問題にくわえ、強大な力を持ったが故に、ヒーローとして立ち向かわなければならない最大の脅威が襲ってくる。身近な人々を守れるヒーローになりたいという強い思いと、力を持った者の責任に葛藤する姿は、まさに“親愛なる隣人”スパイダーマンを思い起こさせ、誰もが共感し、応援したくなる新たなマーベルヒーローの姿が描かれる。

■誰よりも強いかも!? 新ヒーローのミズ・マーベルが持つパワーとは!?

ある日突然、スーパーパワーが宿ってしまったカマラ。コミックでは、ミズ・マーベルは拳を巨大にしたりと、アントマンのように身体の大きさを伸縮させる能力を持っていた。しかし、解禁された予告編ではミズ・マーベルがまるでドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)のように魔術を使い、盾を出したり、空中を歩く姿が収められている。そして、能力を駆使するカマラ自身が、その感想を「コズミック!」と語っているように、その能力は可能性を秘めており、宇宙規模でヤバいのかもしれない!!

■ミズ・マーベルがキャプテン・マーベルに夢中な理由

予告編では、ニュージャージーで育った普通の高校生であるカマラが、自作のキャプテン・マーベルの服を着て妄想に耽ったりと、キャプテン・マーベルの熱狂的なファンであることが垣間見れる。コミックでは、キャプテン・マーベルがヴィランのヨン・ログと戦っている姿を、見物人だったカマラが目撃してしまったことが、ファンになるきっかけだったと伝えられている。カマラはその後、パワフルで勇気のある女性スーパーヒーローのロールモデルとして、キャプテン・マーベルに憧れ、崇拝するようになったという。

■ミズ・マーベル役を射止めたのは無名の新人!!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Iman Vellani(@imanvellani)がシェアした投稿

カマラ・カーン=ミズ・マーベル役に抜擢されたのは、ケヴィン・ファイギ率いる製作陣が<カマラそのものだ>と満場一致で選んだイマン・ヴェラーニ。カナダ出身の彼女はなんと本作がデビュー作。華々しいデビューを飾った後は、今後公開予定のキャプテン・マーベル(ブリー・ラーソン)が主人公の映画『ザ・マーベルズ(原題)』でも主要キャラクターとして出演するとされており、ハリウッドの超新星による今後の活躍にも注目だ。共演者には、「ウォーキング・デッド」(2010年〜2022年)のマット・リンツ「モダン・ファミリー」(2009年〜2020年)のアンジャリ・ビマニ『エンダーのゲーム』(2013年)のアラミス・ナイトらが名を連ねる。

脚本・製作総指揮をつとめるのは「セックス・エデュケーション」(2019年〜)のビシャ・K・アリ。監督は『バッドボーイズ フォー・ライフ』(2020年)のアディル・エル・アルビ&ビラル・ファラー、そして2度のアカデミー賞ドキュメンタリー短編賞受賞歴を誇る奇才シャルミーン・ウベード=チナーイ「ウォーキング・デッド」「YOU —君がすべて—」(2018年〜)のミーラ・メノンら個性豊かな製作陣が参加している。

ミズ・マーベルが崇拝する、キャプテン・マーベルのサプライズ登場はあるのか!?
「ミズ・マーベル」は、2022年6月8日(水)16時よりディズニープラスで日米同時独占配信。

関連記事(外部サイト)