濱口竜介監督を紐解く『ドライブ・マイ・カー』アカデミー賞への道 〜<濱口メソッド>と“静かなる個性”〜

濱口竜介監督を紐解く『ドライブ・マイ・カー』アカデミー賞への道 〜<濱口メソッド>と“静かなる個性”〜
濱口竜介監督 ©2021「ドライブ・マイ・カー」製作委員会

■<濱口メソッド>とはなにか

“撮影現場”なるものは、事前に準備を重ねたとしても、往々にして何らかのトラブルが起き、なかなか思い通りにいかないものだ。ところがそんな時、東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻(以下、藝大)で僕の同窓だった濱口竜介監督は「現場での判断が早い」という印象がある。学生時代に何度となく撮影現場を共にしてきたからこそ思うことだが、彼は「悩まない」のだ。常に脳内編集を行いながら現場に立ち、空間認識や時間管理にも長けていて、演出に対する引き出しも豊潤であるように見える。“濱口竜介”は、誰もが現場を共にしたいと思う、とても頼もしい存在だったのだ。また、ダグラス・サークやエリック・ロメールの影響を公言しながら、在学中にはトニー・スコット監督の奇想天外なアクション映画『デジャヴ』(2006年)がその年のベストだと語っていたほど、映画に対する守備範囲も広い。

史上初の快挙が連発!! 【第94回アカデミー賞】 話題まとめ!濱口竜介監督作『ドライブ・マイ・カー』邦画初の作品賞ノミネートなど、オスカー候補作を一挙ご紹介!

そんな濱口竜介監督が卒業制作として製作した『PASSION』(2008年)は、第9回東京フィルメックスのコンペ作品に選出され、学内が沸き立ったことを鮮明に覚えている。当時の東京フィルメックスにおいて、学生映画としては初めてコンペ入りした作品だったからだ。その後、『PASSION』は第56回サン・セバスチャン国際映画祭にも出品され、濱口竜介監督は一躍国際的な評価を得るかと思われた。しかし、映画製作という面において、彼は不遇だった。藝大では先輩にあたる『君の膵臓を食べたい』(2017年)の月川翔監督、同期である『ジオラマボーイ・パノラマガール』(2020年)の瀬田なつき監督、後輩にあたる『ディストラクション・ベイビーズ』(2017年)の真利子哲也監督といった同窓たちが商業作品を手掛ける中で、濱口竜介監督にそのチャンスはなかなか訪れなかったからだ。それでも濱口竜介は映画製作を諦めることなく、255分の長編『親密さ』(2011年)や東北記録映画三部作を自主制作のスタイルで手がけながら、唯一無二の演出で映画に対するアンテナの感度が高いファンを唸らせてきたという経緯がある。

実は商業作品を手がけるようになってからも、濱口監督は同窓生たちと組んできたといういきさつがある。例えば、『寝ても覚めても』の佐々木靖之さん(撮影)や田中幸子さん(脚本)、『偶然と想像』の飯岡幸子さん(撮影)。恩師である黒沢清監督の『スパイの妻』(2020年)では、同窓の野原位さんと共同脚本を担っていた。カンヌ国際映画祭での受賞スピーチでも、スタッフひとりひとりの労をねぎらっていた濱口監督の姿は印象的だった。学生時代からの縁を紡ぎながら、不遇な環境の中でも諦めず作品を作り続けた姿勢。仲間を大切にする彼の相関関係が、いつの日か<平成トキワ荘>のように語り継がれることを、僕は切望するばかりなのである。

文:松崎健夫

【出典】
『偶然と想像』劇場パンフレット

『ドライブ・マイ・カー』 は2021年8月より全国上映中

第94回アカデミー賞は2022年3月28日(※日本時間)開催

関連記事(外部サイト)