スカート澤部渡が深堀りインタビュー!『スパークス・ブラザーズ』 エドガー・ライト監督初の音楽ドキュメンタリー

スカート澤部渡が深堀りインタビュー!『スパークス・ブラザーズ』 エドガー・ライト監督初の音楽ドキュメンタリー
『スパークス・ブラザーズ』© 2021 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED/(写真右)スカート・澤部渡

■スパークス×スカート澤部渡

ロンとラッセルのメイル兄弟が1970年に結成した米LAのロック/ポップ・デュオ、スパークス。いわゆるミリオン級のヒット作はないし、3大音楽賞にノミネートされたこともないスパークスは、誰もが知る“大スター”ではないかもしれない。しかし、その変幻自在かつ唯一無二の音楽性でファンを魅了し、日本を含む世界中に熱狂的なファンを持つカルトスターとして、現在も精力的に活動を続けている。

そんなスパークスだけに音楽業界以外にも支持者が多く、レオス・カラックス監督の8年ぶりとなる新作『アネット』(2022年4月1日より公開)は、彼が10代の頃からファンだというスパークスとの共作だ。そして2022年4月8日(金)より公開の『スパークス・ブラザーズ』を手掛けたエドガー・ライト監督も、彼らの熱烈なファンの一人。本作は、『ベイビー・ドライバー』(2017年)や『ラストナイト・イン・ソーホー』(2021年)で知られるライト監督が初めて手掛けるドキュメンタリーであり、数々の貴重映像と超豪華アーティストの証言によってスパークスという存在を紐解いていく、ファン必見の音楽映画である。

そして今回、スパークスのファンを公言する<スカート>の澤部渡が、ロン&ラッセルにインタビュー。同じミュージシャンとして、一人のリスナーとして、謎多きスパークスから貴重な製作秘話を聞き出した。

トッド・ヘインズ監督が語る!『ヴェルヴェット・アンダーグラウンド』は未公開映像満載のドキュメンタリー決定版

■「スパークスは“LA以外からは出ようがなかった”と思ってるよ」

澤部:『スパークス・ブラザーズ』、素晴らしかったです。スパークスの歴史の重みとその軽快さを感じられて、とても楽しめました。

ロン:それはきっとエドガー・ライト監督の手腕だと思う。すごくたくさんの情報をぎっしり込めながらもスパークスらしさ、スパークスのスピリットをキープしてくれたおかげだね。

澤部:序盤はさまざまな映像の引用を織り交ぜていましたが、物語が進んでいくにつれてスパークスの映像が中心になって、スパークスの物語になっていく様子が興味深かったです。

ラッセル:自分たちでは意識してなかったけど、そうだね。

ロン:そういう意図はあったかもしれない。スパークスをあまり知らない人たちにも自分たちを知らしめる、っていう流れを作ったのかもね。

澤部:それでは、スパークスの歴史や音楽についていくつか質問させてください。そうすることで、より深くこの映画に触れられると思うんです。

まず、お二人の「よく僕らはLA的じゃないと言われる。きっとLAが僕らに与えた影響を見逃してるんだ」という言葉がとても印象に残りました。我々ファンも“スパークスはアメリカらしくない。ましてやLAなんて!”と思うことが多いのですが、それはイーグルスやドゥービー・ブラザーズのような、いわゆる西海岸のロックサウンドと対比してのことです。でも冷静に考えてみると、LAはフランク・ザッパやキャプテン・ビーフハート、ザ・ビーチ・ボーイズやフライング・ロータスといった異形のミュージシャンを生んだ街でもあります。それでも日本人からすると“LAがスパークスに与えた影響”というものが少しわかりづらい部分もあります。もう少し具体的に伺ってもいいでしょうか?

ロン:確かに、スパークスには“典型的なLAのバンド”というイメージはあまりないかもしれないけれど、実際にLAという街から受けた影響はとても大きいと思う。他の都市と比べてLAが持つ街の速度はとても速い。それは行き交う車もそうだけど、歴史の短い街だから人の行き来もとても多いんだ。儚さがある、というかな。そんな背景があるから「LAって一体どういう街なんだ?」っていうのは、分かるようで分かりづらいんだ。そういった部分からは、とても大きい影響を受けているね。だから、よくよく知れば「スパークスはLA以外からは出ようがなかったな」って、自分たちは思っているよ。

澤部:なるほど。移り変わりの速さ、というのはスパークスの過去のカタログを見るようで、とても納得がいきました!

ロン:それならよかった。自分でも何を答えてるか分からなくなっちゃってたから(笑)。

ラッセル:たとえば「Get In The Swing」(1975年)に「いやあ、僕はフロイトじゃないよ 僕はLA出身だ」(対訳:三角和代)という詞があるけど、要するにニューヨークの知的なイメージとは違って、LAっていうのは表面的なんだよね。見た目だけの軽薄なイメージがある。それを逆手にとって、そういうことを歌ったりもしたね。

ヨーコは解散の原因じゃなかった!『ザ・ビートルズ:Get Back』は未発表映像満載のドキュメンタリーかつ最上の青春映画

澤部:とても興味深い話です。ありがとうございます。続いて『No.1 In Heaven』(1979年)について質問させてください。あのアルバムは、やろうと思えばクラフトワークやドナ・サマーが「I Feel Love」(1977年)でやったように、すべての音をエレクトロニクスで表現することもできたと思います。それでもスパークスはプレイヤーが叩く生のドラムを選びました。当時は“テクノ的”であろうとすればするほど人間の“揺れ”を排除しようとしていたようにも思えます。なぜ、あえて生のドラムにしようと考えたのでしょうか? 後々のドラムプログラミングでも再現が難しいオープンのハイハットなどに見えるダイナミックさがあるからこそ、『No.1 In Heaven』を特別なものにしているような気がします。

ラッセル:そうだね。いい点に目をつけてくれているよ。

澤部:あの奇妙な曲構成にはそういう背景があったんですね。今回の映画では『Lil’ Beethoven』収録の「My Baby’s Taking Me Home」のライヴ映像が印象的に使われていますが、レコードとはまた違う表情になっていて、あの執拗な繰り返しがまたとても気持ちいいんですよね。

ロン:『Balls』のあと、もうすでに20曲ぐらい書いてあったし、どれも良かったんだけど、ラッセルがさっき言ったように「違うものにしよう」ってなったんだ。特にヴォーカルを今までと違うようにしたい、と思ってね。そこで、ふたつ影響されたものがある。ひとつはヒップホップ。当時のヒップポップに於けるループだとか、リズムだね。もうひとつはジョン・アダムズのミニマル音楽。彼の作るモダンなオペラなんかには特に影響を受けたよ。

澤部:そのヒップホップの影響が「Suburban Homeboy」へと繋がっていくわけですね。

ロン:そうだね。

ラッセル:僕らはヒップホップらしさからは一番遠いように見えると思うんだ。この曲は僕らがクールなヒップホップ・ガイを気取ってるっていうファンタジーなんだけど、僕らはそうなれるわけがないんだよね。

大ファンのANIも驚き&再発見もりだくさん!『ビースティ・ボーイズ・ストーリー』“あの3人”の軌跡を本人たちの言葉で振り返る

澤部:とてもスパークスらしいですね。最後に、もうひとつ質問させてください。私は2007年にスパークスのファンになってから、東京でのライヴはほとんど見ています。どのパフォーマンスも素晴らしく、ことあるごとに思い出します。今回の映画も含めて映像作品はいくつかリリースされていますが、ライヴ・アルバムが過去のカタログにほとんどないのが不思議でなりません。なにか理由があるのでしょうか?

ロン:ひとつは、曲ってライヴで演奏して新しく生まれ変わる部分ももちろんあるんだけど、自分たちの中では究極のヴァージョンはレコーディングされたものだ、っていう思いがある。もうひとつは、レコードやDVDだとライヴのフィーリングを切り取るのは難しい、というところかな。あと、多くのバンドは新作を出すまでの穴埋めでライヴ盤をリリースすることが多いよね。それはしたくないかな。今回のドキュメンタリーでも各地のライヴ映像の素材が短くても使われているよね。それが2時間のライヴを観るようなものになった気がする。

ブルース、ジャズ、フォーク、ロック、ヘヴィメタル、すべてアメリカ先住民族の貢献あり!『ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち』

澤部:同じ編成で2013年のフジロックにも出演されましたよね。

ラッセル:そうそう、やったね。

ロン:あのツアーは満足のいくものだったけど、ものすごいプレッシャーだった。やっぱり二人だけで、バンドのメンバーにも隠れられないから、毎晩裸で演奏しているような気分だったよ(笑)。

澤部:僕は渋谷のCLUB QUATTROにそのツアーを観に行きましたが、楽曲の芯の太さを改めて痛感できる素晴らしいステージでした。ぜひまた日本に来てください!

ラッセル:できるだけ早く戻ってくるよ!

取材・文:澤部渡(スカート)

『スパークス・ブラザーズ 』は2022年4月8日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、渋谷シネクイントほか全国公開

関連記事(外部サイト)