『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』ジェームズ・ガン監督、ヴィランたちとの舞台裏写真を公開! ファンからは残党による続編期待の声

『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』ジェームズ・ガン監督、ヴィランたちとの舞台裏写真を公開! ファンからは残党による続編期待の声
Twitter
『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』(2021年)のジェームズ・ガン監督が、本作で生き残ったDC人気ヴィランたちとの舞台裏写真を公開した。『フューリー』(2014年)のデヴィッド・エアー監督が手がけ、DCコミックスの人気ヴィランが集結した前作『スーサイド・スクワッド』(2016年)から5年の時を経て、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のガン監督がメガホンを取り新たに公開された本作。公開前にガン監督が「誰が死んでもおかしくない」「ルールなんてない!」と、全員に死亡フラグが立っていることをファンに告知し、熱狂的なファンたちがガン監督のTwitterで、一体誰が死ぬのか予想合戦を繰り広げていた。本作が公開されるなり、ハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)や、スピンオフドラマが決まっていたピースメーカー(ジョン・シナ)らが生き残り、大半のヴィランがいなくなるという過激演出で話題を呼んだ。ガン監督は、戦場となったヨトゥンヘイムのセットで撮影された舞台裏写真を公開した。このたび公開された舞台裏写真は、ガン監督がハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)、ブラッドスポート(イドリス・エルバ)、ラットキャッチャー2(ダニエラ・メルシオール)、そして(生き残っていない)ポルカドットマン(デヴィッド・ダストマルチャン)とともに、ヨトゥンヘイムでのセットで仲睦まじく撮られたもの。写真が公開されると、ファンからは生き残りメンバーでの続編作を期待する声が上がった。

■ガン監督最新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(原題)』は撮影終了!!

先日、ガン監督はMCU最新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(原題)』の撮影終了をファンにアナウンスした。「10年近く彼らと一緒にこの映画シリーズを製作できるなんて、私は幸せ者だ。」と感謝の言葉がつづられ、出演者のクリス・プラット(スター・ロード)、ショーン・ガン(クラグリン)、ポム・クレメンティエフ (マンティス)、カレン・ギラン(ネビュラ)、デイヴ・バウティスタ(ドラックス)とともにテーブルを囲む写真を投稿していた。同作は2023年公開予定。

関連記事(外部サイト)