『シン・ウルトラマン』は「人間推し」の最強オタク・ウルトラマンによる「人間推し活」映画だ!【ネタバレあり】

『シン・ウルトラマン』は「人間推し」の最強オタク・ウルトラマンによる「人間推し活」映画だ!【ネタバレあり】
イラスト:chiro

■『シン・ウルトラマン』ひとつの解釈

庵野秀明氏総監修、樋口真嗣監督による映画『シン・ウルトラマン』の公開から、1週間ほどが経過した。公開初日の朝に見てから、何度か繰り返し鑑賞し、多種多様な感想を聞く機会なんかもあったのだが、そこでよく聞かれたのが(特に日頃あまりウルトラマン作品に触れていない方からよく聞かれたのが)、「なぜウルトラマンは、そんなに人間のことが好きになったんですか? それがわからない」という声だった。「きみ、ポスターみたいなこと言うね」と思いつつ、たしかにその部分が気になるという意見は多いようで、作劇的な観点や、哲学的な観点など様々な考察もあがっていることだろう。そこで、自分なりにも考えた結果、ひとつの「解釈」が自分の中で生まれたので、本稿はそこに絞って書いていこうと思う。

■※例のごとくネタバレありなので、必ず鑑賞後にお読みください。※こちらは自分の中の一つの解釈であって、作品の「解」を提示するようなものではありません。※本稿では、「人類」と表記した方が正しいと思われる部分も、ポスターの「そんなに人間が好きになったのか」のセリフに合わせて「人間」と表記します。

?

きたぞ、われらの#シン・ウルトラマン pic.twitter.com/eafLJD79JX

? タカハシヒョウリ/橋表裏 (@TakahashiHyouri) May 12, 2022
?

■「人間推し」の最強オタク・ウルトラマンによる「人間推し活」映画

まず結論から言って、『シン・ウルトラマン』という作品は、「人間推し」の最強オタク・ウルトラマンによる「人間推し活」映画なのだと考えている。地球という惑星で、かつて侵略のために送り込まれた生体兵器が目覚め、その星に住んでいる種族が大変なことになっている、というところから物語は始まる。宇宙の秩序を守る仕事に就いているウルトラマンは、業務の一環として地球にやってきて、その生体兵器=禍威獣を倒す。ひととおり仕事を終えたら帰る予定だったウルトラマンだが、その時に見たこともないような不思議な光景を目にする。それは、自分が起こした衝撃波に巻き込まれた子供を守って、自らの命を投げ出す青年の姿だ。このときウルトラマンの中に、この小さく、か弱く、群れを成す、理解不能な種族に対する「好き」という感情の芽が生まれた。勘違いしてはいけないのが、ここで言う「好き」とは、「ラブ=愛情」ではなく、「インタレスティング=興味深い」に近い感情だということだ。ラストのゾーフィがそうであったように、異なる種族であるウルトラマンが人間に抱いた感情は、自然に考えれば「なんだろう、これ?」という「興味深い」に属するものだろう。時として他者のために命を投げ出す不可解で多様な種族。それが「群れ」を知らない究極の生命体であるウルトラマンにとっては、理解不能であるがゆえに強く惹かれる部分であった。そうして、地球に留まったウルトラマンは、ひたすら大量の書物を読んで人間のことを学んでいく。人間を知れば知るほど、不可解だが面白い。次第に、インタレスティングの感情が、「ライク=愛着」に近い物に変わっていく。この「本を読み漁るパート」が、感情的に「好き」という部分につながっていくのに違和感がある、という意見を目にした。しかし、もしあなたが何かを掘り下げるオタク的気質を少しでも持っているのなら、想像してみてほしい。ふと見かけて興味を持ったコンテンツのことを、知れば知るほど、調べれば調べるほど、「インタレスティング」を超えた愛着の感情が芽生えてきた経験はないだろうか? このウルトラマンの姿は、コンテンツにハマって関連書籍を読み漁っているオタクの姿そのまんまじゃないか。これが「推す」という段階の始まりなのだろう。そんな中、自分の「推しコンテンツ」である人間を滅ぼそうとする外星人・ザラブがやってくる。言葉巧みにコンテンツの中に取り入って、実は内部から絶滅を画策する。しかも、その手段は自分の姿を真似しての破壊活動、言語道断である。そんな不届き者を、最強オタクのウルトラマンが許すわけがない。ばっちりボコボコにして、スペシウム光線を撃ち込み、八つ裂き光輪で真っ二つにするほどお怒りだ。その過程で、ウルトラマンはそんな「推し」である人間と実際に交流し、「バディ」で「仲間」だと告げられるのだ。真面目な話、こんな喜びがあるだろうか? 言ってみれば、ウルトラマンにとっては、毎日が握手会みたいなものなのだ。そうして、ウルトラマンの人間に対する感情は、次第にインタレスティング→ライクから「ラブ=愛情」に近い物へと変貌していく。インタレスティングやライクは、どこか理性的な感情だが、ラブは違う。利害関係や、理性的な判断を無視してでも、その想いを貫きたくなるエモーション=情動がラブだ。たとえば、会うことの出来ないアイドルでも、現実に存在しないキャラクターでも、荒唐無稽な空想劇でもなんでもいいが、そんな所謂“不要不急”の物のために、身を削るほどの愛着を抱いていく不条理な感情、実は大部分の人に経験があると思うのだ。その感情にたどり着いたから、ウルトラマンは自らが「光の星の掟」に背くことになっても、人間のために戦うことを選んでいく。
怪獣の死体、どう処理する?『大怪獣のあとしまつ』はあらゆる意味で規格外! 絶対に無視できない「問題作」だ!!
?その次に対峙することになる外星人・メフィラスは、もっと複雑な存在だ。「実は、私も現生人類が好きなんですよ」と言うメフィラスは、自らの力をプレゼンし、人間に急速な進化を技術供与しようとする。しかし、ウルトラマンからすると、このメフィラスは「コンテンツ愛があるように見せかけて、その資源的価値にしか注目していない悪徳プロデューサー」なのである。「わたしのプロデュースで急速に進化すれば、ヒットするし、私も資源が独占できますし、win-winですよね」という見解のメフィラスに対して、ウルトラマンは「私はこのままの人類の自主性を見守りたいのであって、的外れなプロデュースは実力行使で阻止する」という意向を表明する。そう、ウルトラマンはありのままのコンテンツのオリジナル性、自主性を重んじる、原作原理主義のオタクなのだ。もしかしたら、人間(コンテンツ)にとっては、実は大きく進化させられ、力を得た方が幸せな側面があるのかもしれない。一部の人間たちは、それを自ら望んですらいる。しかしそれは、ファン(ウルトラマン)が望む姿ではないのだ。ここまでいくと、もしかしたらウルトラマンは「原作厨」と呼ばれるレベルなのかもしれない。結果としてメフィラスは、そのコンテンツ自体が近年消滅することを察知し、もう資源的価値は無いからと手を引いていく(やはり、こやつにはコンテンツ愛は無かったんだな)。そうして人間を推していたウルトラマンだが、今度は自分の同族がやってきた。ゾーフィが言うことは、こう解釈できる。「なんでそんなくだらないものが好きなの? もう全部消すから、現実の世界に帰ってこいよ」ウルトラマンは、この「いい加減、大人になれよ」的な要求も拒否。敵わないと分かっている強大な敵、コンテンツ自体を消し去れる絶大な権力、ゼットンに対しても立ち向かっていく。一度は敗れたウルトラマンであったが、そこで人間側からの援護射撃があり、再戦時に自分の命と引き換えにゼットンを消し去ることに成功する。これが、この映画のクライマックスにあたる。ウルトラマンは、(一時的にせよ)自分の推しを消滅から守ったのだ。しかも、自分の推しているコンテンツの潜在的なポテンシャルとの共闘によって。こんなに幸せなことがあるだろうか。ゾーフィもびっくりする、ウルトラマンの満足感はそこにある。つまり『シン・ウルトラマン』において描かれるのは、「なんでそんなくだらないものが好きなの?」と言われながら、それでも「そんなもの」に生涯をかける者の姿なのだ。その姿は、「特撮」や「アニメ」や、その他“不要不急”のカルチャーに生涯をかける、ファンやクリエイターの姿にも重なってこないだろうか。そして、この物語は、最後の最後に「なんでそんなくだらないものが好きなの?」と言っていたゾーフィに、「お前が推してる人間っていうのも、たしかにそんなに悪くないのかもね」と言われる、そういう話なのだ。

■※ちなみに、映画全体の感想については初日にnoteにまとめたので、良ければこちらで。

文:タカハシヒョウリイラスト:chiro『シン・ウルトラマン』は2022年5月13日(金)より公開中

関連記事(外部サイト)