コッポラ激ヤセ!『地獄の黙示録』超過酷ウラ話を副音声で解説!! 現地パイロットは本物の対ゲリラ戦闘員だった!?

コッポラ激ヤセ!『地獄の黙示録』超過酷ウラ話を副音声で解説!! 現地パイロットは本物の対ゲリラ戦闘員だった!?
YouTube

■副音声で『地獄の黙示録 ファイナル・カット』

ベトナム戦争を舞台とした映画は数あれど、超大作にして決定版であるにも関わらず、アカデミーを獲った『プラトーン』(1986年)などと違い、底抜け超大作的な扱いをされることも多いフランシス・フォード・コッポラ監督の『地獄の黙示録』(1979年)。今回CS映画専門チャンネル ムービープラスの「副音声でムービートーク」で放送する運びとなった。

『地獄の黙示録』にはバージョン違いが様々ある。147分の劇場版を基本として、2001年に監督の本来のビジョンにより近づけた196分の特別完全版、2020年には182分のファイナルカットが公開された。この“現時点での”完成形である『地獄の黙示録 ファイナル・カット』が今回、オンエアされるわけだ。
コッポラから直電! ヘラルド社長の大博打 『地獄の黙示録』製作の“最大の危機”とは?【原正人の伝説】

■キルゴア、カーツ……強烈な登場人物たちのモデルは?

ベトナムの奥地で消息を絶ち、自らの王国を作ったカーツ大佐暗殺の任務を負ったウィラード大尉。彼の旅路は泥沼化するベトナム戦争の現実を見せつけられる地獄巡りの旅でもあった……。よく原作として、ジョゼフ・コンラッドの小説「闇の奥」が挙げられることが多い本作だが、元になる脚本を担当したのは『若き勇者たち』(1984年)などの監督としても知られるジョン・ミリアス。脚本時の仮タイトルは「サイケデリック・ソルジャー」で、もっとコミック的な展開だった。そこに「闇の奥」の要素が加わっていき、今の物語の形になったのだ。「アポカリプス・スリー」というアメコミ的なタイトル案もあった。カーツ、ウィラードに加え、ヘリのパイロットの3人の視点で戦場を描くというもので、パイロット役にはジーン・ハックマン案などがあった。そして、この映画をなんといっても有名にしたのは、ワーグナーの「ワルキューレの騎行」を大音量で流しながら、ヘリコプター部隊がベトコンの村に急襲をかけるシーンであろう。パイロットに南北戦争のコスプレをさせた部隊が実在したなど、意外にも実話ベースのエピソードが多用されている。裏切られたと感じたのか、コッポラは作中、ウィラードに地獄行きを命じる将校を演じたハリソン・フォードの役をジョージ・ルーカスと名付け、いけすかない人物に描いた。一連の結果からか、ルーカスが映画界から引退するまで2人の関係はギクシャクしていたとも言われている。現場の惨状は、コッポラの妻エレノアらがメイキング映画『ハート・オブ・ダークネス/コッポラの黙示録』(1991年)を監督しており、そこでは「自殺する」とうそぶき、拳銃をこめかみにあてるコッポラの姿まで記録されていて、こちらも必見だ。
コッポラが望んだ再編集版『ゴッドファーザー<最終章>:マイケル・コルレオーネの最期』意外にも多難だった製作現場

■いつか本当の“完全版”を……!

戦場の地獄を描こうとした映画の現場、それ自体が地獄の戦場のような修羅場と化してしまった……。そんな意味でも伝説の映画となった『地獄の黙示録』。しかし、何度もバージョン違いが出されるなど、よりよい、まだ見ぬ『地獄の黙示録』を観てみたい、という願望は観客の間に残り続け、それはコッポラ自身も同様であろう。前述のように、山のように撮ったフィルムが残されているのはわかっているのである。ワークプリント版だけでも5時間超え。カンヌ映画祭上映版で3時間もあったのだ。コッポラが何度「これが決定版」と言おうと、カーツの王国に道化のように跳梁するデニス・ホッパー演じる怪しい戦場カメラマン(作中では途中でいなくなってしまう!)のその後の運命なども撮影されているらしく、存在が明らかになっているが我々がまだ見ぬ、気になるシーンは多々眠っているはずなのだ。『トロピック・サンダー』など多くの映画でモチーフ、パロディにされ、近年でも『キングコング:髑髏島の巨神』(2017年)のIMAX版ポスターで『地獄の黙示録』のポスタービジュアルがパロられているなど、多方面に本作の影響は及び続けている。これからも『地獄の黙示録』は伝説の映画として我々を惹きつけ続けるだろう。

Apocalypse Now - Vittorio Storaro
Kong Skull Island - @larryfong
Army of the Dead - @ZackSnyder #ArmyOfTheDead pic.twitter.com/hI6OdwDFcX

? RTSnyderCut - Bot of bots (@RTSnyderCut) February 25, 2021
文:多田遠志副音声でムービー・トーク!『地獄の黙示録 ファイナル・カット』はCS映画専門チャンネル ムービープラスで2022年5〜6月放送

関連記事(外部サイト)