『PLAN 75』早川千絵監督、倍賞千恵子、磯村勇斗、河合優実の喜びの声が到着!! カンヌ映画祭でカメラドール スペシャル・メンション(特別賞)を受賞!

『PLAN 75』早川千絵監督、倍賞千恵子、磯村勇斗、河合優実の喜びの声が到着!! カンヌ映画祭でカメラドール スペシャル・メンション(特別賞)を受賞!
第75回カンヌ映画祭『PLAN 75』(左から)ステファニー・アリアン、早川千絵監督、磯村勇斗©︎ KAZUKO WAKAYAMA
2022年6月17日(金)より新宿ピカデリーほかで全国公開の倍賞千恵子主演最新作『PLAN 75』が、第75回カンヌ国際映画祭でカメラドール スペシャル・メンション(特別賞)を受賞!! 日本人監督としては25年ぶりの快挙となった受賞に、早川千絵監督、倍賞千恵子磯村勇斗河合優実から喜びのコメントが到着したぞ!! 今回、脚本・監督をつとめた長編映画デビュー作『PLAN 75』でカンヌ国際映画祭「ある視点」部門への正式出品という快挙を成し遂げた早川千絵監督。映画監督・是枝裕和が初めて総合監修を務めたオムニバス映画『十年 Ten Years Japan』の一篇『PLAN75』から新たに構築、キャストを一新し、超高齢化社会に対応すべく75歳以上が自らの生死を選択できる制度<プラン75>が施行され、その制度に大きく翻弄される人々の姿を描いた衝撃作。主人公・角谷ミチを演じるのは9年ぶりの単独主演作となる倍賞千恵子<プラン75>に携わる側には磯村勇斗河合優実を配し、他にたかお鷹ステファニー・アリアン大方斐紗子串田和美らが顔を揃えた。

■5分にわたるスタンディングオベーション!! 海外レビューも高評価!!

現地時間2022年5月20日(金)14時に行われた公式上映には、磯村勇斗ステファニー・アリアン、そして早川千絵監督が登場し、5分以上にわたるスタンディングオベーションを受けた後、感激した観客がそばに駆け寄り、「素晴らしい映画だった」と監督をハグする姿も見られた。現地メディアや映画評論家等からは「表面上は穏やかに見えるが、不必要と見なされた人々を見捨てる社会に対してしっかりとメッセージを伝え、観る者の心をざわつかせる」「倍賞千恵子の演技は、間違いなく観る人の琴線に触れるだろう」「繊細な脚本と、それを見事に体現したすばらしい演技で、日本映画として今年のカンヌ映画祭に立派な足跡を残した」「強烈な余韻を残すが、何よりも物質主義的な現代において、いかに生死と向き合うべきか、疑問を投げかけてくる」と監督の手腕や役者たちの演技へ絶賛の声が多く寄せられた。 監督の手腕については、米映画情報サイト・Deadlineのレビューでも触れられている。同誌は「早川監督による<プラン75>へのアプローチには派手さはなく、劇的な追跡や救出や対決も、ディストピア的な要素もない。とても冷静で思慮深く物語を伝えている。作品のほとんどは、薄暗いオフィスや病院など、ごく普通の場所を舞台に、誰もが正しいことを行おうとしている姿がある。この映画の素晴らしさは、早川監督が、ある世代を絶滅させるというアイデアを、約25分の間に、それ自体が熟考すべき何かであるかのように、淡々と普通に見せることができることである。」と高く評価しているぞ!!

■監督&出演者の喜びのコメントが到着!!

盛況だった公式上映の後、現地時間2022年5月28日(土)には、第75回カンヌ国際映画祭授賞式が開催された。カメラドール スペシャル・メンション受賞者として名前を呼ばれた早川監督は緊張の面持ちで舞台に上がると、まず「メルシーボークー」とフランス語で挨拶をし、「誰にとっても最初の一本目というのは思い入れが深く、特別なものだと思うのですが、私にとっての特別で大切な一本目の映画をカンヌに呼んでいただき、評価してくださって本当にありがとうございます。」と感謝の言葉を伝えた。そして、「『PLAN 75』という映画は今を生きる私たちに必要な映画であると言ってくれた方がいました。その言葉が心に深く響いています。」と万感の表情で本作への反響を語った。日本で、受賞の一報を受けた倍賞千恵子からは「この作品で“生きるということ”を優しく、力強く撮影していた日々が、昨日のことのように熱く蘇ってきました。これからもどんどん映画作ってくださいね。本当におめでとうございます」と祝福のコメントが届いた。

また、公式上映に参加した磯村勇斗「受賞を聞いて、心が喜びで波打っています。監督に現場で寄り添っていただいた日々が恋しいです」と語り、<プラン75>に携わる瑶子を演じた河合優実「ひとりひとりの心に何かを届け、それが今回このような形で残ることを、私も大変嬉しく思います。これからも、早川監督のように心を尽くしてものづくりをされている方に光が当たる世界であることを願っています」とコメントを寄せた。 なお、日本人監督の作品が「ある視点」部門に出品されるのは、2017年の黒沢清監督『散歩する侵略者』以来5年ぶり。日本人女性監督としては、『あん』(2015年)の河瀬直美監督以来2人目となる。

■倍賞千恵子(角谷ミチ役)

おめでとうございます。この作品で「生きるということ」を優しく、力強く撮影していた日々が、昨日のことのように熱く蘇ってきました。 サァーこれからもどんどん映画作ってくださいね。本当におめでとうございます。

■磯村勇斗(岡部ヒロム役)

早川監督、受賞おめでとうございます!受賞を聞いて、心が喜びで波打っています。 監督に現場で寄り添っていただいた日々が恋しいです。改めて『PLAN 75』に参加させて頂けたことを光栄に思います。早く日本の皆様にも届けたいです。

■河合優実(成宮瑶子役)

早川監督、受賞、本当におめでとうございます。 『PLAN 75』がひとりひとりの心に何かを届け、それが今回このような形で残ることを、私も大変嬉しく思います。 これからも、早川監督のように心を尽くしてものづくりをされている方に光が当たる世界であることを願っています。

■早川千絵監督

すべての映画監督に、最初に撮る1本目の映画があります。 誰にとっても最初の一本というのは思い入れが深く、特別なものだと思うのですが、私にとって、とても特別で大切な1本目の映画を、カンヌに呼んでくださり、評価をしてくださって本当にありがとうございます。 『PLAN 75』という映画は、今を生きる私たちにとって必要な映画だと言ってくださった方がいました。その言葉が深く心に残っています。 この映画の立ち上げからずっと一緒にこの作品を育ててくれた、 プロデューサーの水野詠子さん、ジェイソングレイさん、フランス、フィリピン、日本のチーム、この作品に関わってくれた全ての人に感謝しています。そして、ミチという主人公に命を吹き込んでくださった倍賞千恵子さんに、日本に帰ったら真っ先に報告したいと思います。

世界中で大きな反響を呼んでいる倍賞千恵子主演、早川千絵監督の社会派映画『PLAN 75』は、2022年6月17日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?