本日金ロー放送『キングダム』あらすじ&キャストまとめ! 本日劇場公開の『キングダム2 遥かなる大地へ』とあわせて総復習!!

本日金ロー放送『キングダム』あらすじ&キャストまとめ! 本日劇場公開の『キングダム2 遥かなる大地へ』とあわせて総復習!!
『キングダム2 遥かなる大地へ』©原泰久/集英社 ©2022映画「キングダム」製作委員会
人気漫画「キングダム」を実写化した山崎賢人主演作『キングダム』が本日2022年7月15日(金)、日本テレビ「金曜ロードシネマクラブ」(21時~)で放送される。同作のあらすじとともに、本日全国公開となった続編作『キングダム2 遥かなる大地へ』のあらすじやキャストを予習しておこう。原作者自らが手がけた映画オリジナルの大事なシーンについて熱く語ってくれているぞ!! 春秋戦国時代の中国を舞台に、大将軍になる夢を抱く戦災孤児の信(山崎賢人)を主人公に、ドラマチックで壮大なスケールと多彩なキャラクターで、読者を惹きつけてやまない人気漫画「キングダム」原泰久が手がけ、累計発行部数は8,700万部を超えるベストセラーコミックスとして知られる。2019年に公開された『キングダム』は、実現不可能と言われた原作を奇跡の実写化!! 公開前から話題を集めていた同作は、日本での興行収入が57億円を突破し、2019年の実写邦画作品で年間興行成績1位を記録した。迫力ある戦闘シーンが見どころで、キャストの熱演ぶりが話題を呼んだ。

■前作『キングダム』のあらすじとキャスト

本作の舞台は、紀元前の中国春秋戦国時代。孤児の信(山﨑賢人)は漂(吉沢亮)と共に、大将軍になることを夢見て育った。しかし、漂は王都の大臣・昌文君(髙嶋政宏)に連れられて王宮へ。その後、信は一人で剣の腕を磨き続けるが、ある時、信の前に傷だらけの漂が現れ、1枚の地図を信に手渡し息絶える。地図の指す場所に向かった信を待っていたのは、漂とそっくりな青年——彼は、クーデターを起こした弟・成蟜(本郷奏多)に王座を追われた、秦の若き王、嬴政(吉沢亮)だった。漂が嬴政の影武者として働いていたこと、そして嬴政の身代わりになって命を落としたことを知った信は、嬴政を討とうとする。しかし、国を背負う嬴政の強さと漂の遺志を受け止め、信は王と行動を共にすることを決意した。 山の民の末裔の河了貂(橋本環奈)も加わり、旅を進める一行。そんな中、嬴政に合流した昌文君と嬴政に忠誠を尽くす武将・壁(満島真之介)から漂の最期を聞かされた信は、中国の統一という壮大な夢を追いかけている嬴政と共に王座奪還を目指す。そこで、かつて友好関係にあった山の民を率いる楊端和(長澤まさみ)に協力を要請しようとするのだが……!? 本作の監督は『GANTZ』(2011年)や『いぬやしき』(2018年)など、多くの漫画の実写化映画を手掛けてきた佐藤信介。脚本は佐藤のほか、『累 -かさね-』(2018年)の黒岩勉、原作者の原泰久が共同で執筆した。

■『キングダム2 遥かなる大地へ』のあらすじ・キャスト

3年ぶりの続編作となる『キングダム2 遥かなる大地へ』では、前作『キングダム』で描かれた内乱を鎮圧し、玉座を奪還することに成功した信(山崎賢人)のその後が描かれる。新たに出逢うこととなる伍のメンバーらとともに、信の初陣となる、“蛇甘(だかん)平原”での戦いに挑むことになる。

前作『キングダム』で描かれた内乱の鎮圧から半年後、王宮に突如知らせが届く。隣国「魏」が国境を越え侵攻を開始した。秦国は国王嬴政の号令の下、魏討伐のため決戦の地・蛇甘平原に軍を起こす。歩兵として戦に向かうことになった信は、その道中、同郷の尾平(岡山天音)と尾到(三浦貴大)と再会。戦績もない信は、尾兄弟に加え、残り者の頼りない伍長・澤圭(濱津隆之)と、子どものような風貌に哀しい目をした羌瘣(清野菜名)と名乗る人物と最弱の伍(五人組)を組むことになってしまう。 魏の総大将は、かつての秦の六大将軍に並ぶと噂される軍略に優れた戦の天才・呉慶(小澤征悦)将軍。かたや秦の総大将は戦と酒に明け暮れる猪突猛進の豪将・麃公(豊川悦司)将軍。信たちが戦場に着く頃には、有利とされる丘を魏軍に占拠され、すでに半数以上の歩兵が戦死している隊もあるなど戦況は最悪。完全に後れを取った秦軍だったが、信が配属された隊を指揮する縛虎申(渋川清彦)は、無謀ともいえる突撃命令を下す——。

上記のキャストのほか、玉木宏(昌平君)、佐藤浩市(呂不韋)、大沢たかお(王騎)らが出演する。

■原作者「本作で信と羌瘣の物語を表現できた」

本作の監督・スタッフは前作に引き続き、監督の佐藤信介をはじめ、脚本に原作者の原と黒岩が参加した。原は、本作で映画オリジナルとなる大事なシーンを手がけたという。見どころの一つであるそのシーンが生まれた理由を語っている。 原は「続編が決まってすぐに『2』は蛇甘平原を描くことになったのですが、そのままやってしまうと『1』とは異なりほとんどが戦場シーンになってしまうんですよね。より多くのお客さんに観てもらうためには、ドラマ部分でオリジナル要素を加えることが必要かなと考えました。ドラマを描くに当たって、今作で初登場し且つ原作でも信と深い関係があるキャラクターが羌瘣だったので、「祭」を含む一連の流れを「蛇甘平原」に組み込むことになりました」とコメント。「原作にはない信と羌瘣のオリジナルシーンを描くために、連載が合併号に入るお盆休みを使って50ページほどのネームを切りました。『本来描こうとしていた信と羌瘣の物語』を表現できたと言えるかも知れません」と熱く語った。

本作の主題歌はMr.Children「生きろ」。本作のために書き下ろされた同曲は、天下の大将軍を夢見て、戦場で激闘を繰り広げる信や、伍のメンバーらが“蛇甘平原”で絶望に陥るなか、それでも命をたぎらせる彼らの背中を押すような歌詞となっている。 『キングダム』は本日2022年7月15日(金)、日本テレビ「金曜ロードシネマクラブ」(21時~23時24分)で本編ノーカット放送。 続編最新作『キングダム2 遥かなる大地へ』は全国公開中!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?