Netflixシリーズ「幽☆遊☆白書」実写版の最新情報まとめ! 時代を超えた大人気作品のキャラクターを演じるプレッシャーと意気込みを熱く語る!!

Netflixシリーズ「幽☆遊☆白書」実写版の最新情報まとめ! 時代を超えた大人気作品のキャラクターを演じるプレッシャーと意気込みを熱く語る!!
Netflixシリーズ「幽☆遊☆白書」はNetflixにて2023年12月、全世界独占配信!
伝説的大ヒット漫画を実写化したNetflixシリーズ「幽☆遊☆白書」が、2023年12月より配信開始する。現在までに明らかになっている本作のキャスト・スタッフなどの最新情報をご紹介したい!
1990年から4年間、週刊少年ジャンプ(集英社)で連載され、30周年を迎えた漫画「幽☆遊☆白書」(作者:冨樫義博)。第1話で主人公が死亡するという衝撃的な展開で連載がスタート。本作は、人間界、魔界、霊界を股にかける壮大な世界観で、個性的かつ魅力溢れるキャラクターたちが次々と降りかかる困難に立ち向かうファンタジーアドベンチャー。連載ごとに成長を続けるキャラクターと迫力満載のバトルシーンが読者の心を掴み、男女を問わず爆発的人気となった。そして、連載終了から四半世紀経った今もファンの間で語り継がれている、言わずと知れた名作「幽☆遊☆白書」が、Netflixでかつてないスケールで実写ドラマシリーズとしてカムバックすることが決定!

■昨年から話題になっていた主要キャストがついに解禁!!

■主人公の浦飯幽助役は北村匠海に決定!

制作決定のニュース解禁時から、誰が演じるのか話題になっていた主要キャストが、このたびついに解禁! 主人公の浦飯幽助を、人気・実力ともに全世代から絶大な支持を集める北村匠海が演じることが発表された。ケンカに明け暮れ、学校でも札付きの不良として恐れられている幽助はある日、幼い子供をかばって事故死してしまう。しかし、「不良である幽助が子供を助けて死ぬ」ことは霊界にとって想定外だったため、妖怪が関わる事件を解決する霊界探偵となって蘇り、やがて壮大な戦いに挑むことになる。本作初のビジュアル解禁となるキャラクターアートでは、原作ファンにはたまらない幽助ならではの緑の学ラン姿、さらに彼の特徴でもあるリーゼントヘア。全体的にダークな雰囲気が醸し出され、現代風にアレンジされたスタイリッシュな世界観がより期待感を高めるビジュアルとなっている。世界中にファンがいる原作の主人公を演じるにあたり北村は、「作品が作品なだけに、最初はどでかい冗談かと思って笑うしかありませんでした」と大役を演じる上でのプレッシャー語りつつも、「日本もどんどん世界に向けて発信していかないといけないと思っていた中で、『幽☆遊☆白書』という歴史ある名作を、実写映像として届けられることを嬉しく思います。日本のエンターテインメントがさらに広がりますように!」と熱く意気込みを語っている。また、北村は30年にわたり「幽☆遊☆白書」が愛され続ける理由を「日本が誇る漫画、アニメのカルチャーの原点と言っても過言ではないくらい歴史的な作品だと思っています。普遍的であり、唯一無二。 」と語っている。

■人気キャラの蔵馬役には志尊淳!

主要キャラクターである蔵馬役を、ドラマ、映画、声優と幅広いジャンルで作品毎に確かな演技力で魅了する志尊淳が演じることが発表され、あわせて志尊演じる蔵馬のキャラクターアートも解禁となった。蔵馬は非常に力の強い妖怪で、ある重要な目的の為に魔界の三大秘宝を盗み出すが、やがて幽助と共に妖怪たちと戦うことになる。浦飯幽助に続き解禁されたキャラクターアートでは、トレードマークであるロングヘアと赤髪もそのままに、ビジュアルから漂う中性的で妖艶な雰囲気もまさに蔵馬そのものである。原作ファンの中でも常に上位の人気キャラクターである蔵馬を演じるにあたり志尊は、「世界中に沢山のファンがいるこの作品で蔵馬というキャラクターを演じることへのプレッシャーも芽生えましたが、監督は僕の初映像作品、主演作を撮って下さった月川監督。10年以上前から成長した姿を見せたい、月川監督が舵を切る作品の力になりたいという気持ちが強くやらせていただきました」と本作の重要キャラクターを演じるプレッシャーを語りつつも、「この作品ではそれぞれ違う思いの中、それぞれを尊重し合い、時にはぶつかりながらも、何か、誰かの為にみんなで闘っている。時代は変われど、どの時代に生きていても共鳴できるものがあると感じます」と、30年以上に渡って愛され続ける本作の魅力を熱く語った。
主演・新田真剣佑「聖闘士星矢」の実写版ハリウッド映画『ナイツ・オブ・ザ・ゾディアック』撮影完了!出演者発表!!

■クールな飛影役は本郷奏多に決定!

無口でクールな飛影役は、マンガ実写化作品の悪役として多数出演し、それぞれの原作ファンからの信頼も厚い本郷奏多が演じることが明らかになった。飛影は、目的のためには手段を選ばない非情な性格の妖怪で、蔵馬と共にある目的のために魔界の三大秘宝を盗み出す。幽助と戦うことになるが、その目的には実は意外な秘密があり……。解禁されたキャラクターアートでは、炎のように逆立った特徴的な黒髪が印象的なクールなビジュアルとなっている。本郷は出演決定に際し「昔から知っている作品だったので、お話をいただいた時はとても嬉しかったです。様々なキャラクターによる派手なバトルシーンが特徴なので、間違いなく大きな作品になると思い撮影がとても楽しみになりました」と喜びを語り、演じる飛影についても「スピードを生かした戦闘スタイル、クールながらも実は仲間想いな性格、飛影のことを好きな方にも納得していただけるように飛影らしさを意識して組み立てたつもりです」と意気込みを語っている。さらに、本郷は「まず、“とにかくスケールが大きいな……!”というのが正直な感想でした。詳しくは語れませんが、ド派手なことを数多くやっております。今までの日本の映像作品では見たことがないようなスケールのバトルシーンが盛りだくさんです。アクションチームの気合いが凄まじいので、とてもパワフルなバトルシーンに仕上がることでしょう。」と撮影現場についても語った。

■ライバルの桑原和真役は上杉柊平!

主人公・幽助のライバルであり、原作ファンから根強い人気を誇る桑原和真役を、2016年NHK朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」などに出演、さらには歌、ドラマ、映画、CM、PVなど様々なシーンで活躍の幅を広げている上杉柊平が演じることが明らかになった。桑原は幽助のライバルを自称する、喧嘩っ早いお調子者。しかし、人情深く心優しい漢気溢れる一面も併せ持つ。解禁されたキャラクターアートでは、原作の桑原のトレードマークである青の学ラン姿と気合の入ったリーゼントヘアがスタイリッシュな現代版にアップグレードされている印象的な1枚となっている。桑原を演じるにあたって上杉は、「まさか小学生の頃に読んでいた作品に自分が出演することが出来るとは思っても見なかった事と、大人になって感じた、実直で無骨、愛に溢れ、自分の信じたことに真っ直ぐに突き進める桑原和真という最高にかっこいい人物を演じることが出来ることを大変嬉しく思いました。」と熱く語り、撮影現場での様子については「見た事のない大きさのセットや、初めて体感した規模のCG用の撮影方法、全国各地で行われたロケに超一流のチームが揃っての撮影、非常に贅沢な現場だと感じながらも、自分もその一部なのだと心を奮い立たせ毎日を過ごしていました!」と興奮冷めやらぬコメントを寄せた。

■月川翔監督「最高峰のクオリティを目指す!」

本作のメガホンを取るのは、『君の膵臓をたべたい』(2017年)の月川翔監督。月川監督は、「初めて「幽☆遊☆白書」実写化のお話をいただいたときには、正直“実現不可能だろう”と、いぶかしく思いました。しかしプロデューサーの示してくださったビジョンと、Netflixでなら実現可能なんじゃないかという期待が徐々に膨らんで、気づけば創作意欲を掻き立てられていました。 」と明かし、本作でのチャレンジについて「単純にエンターテイメントとして楽しめる映像作品を目指しました。やはり本作の魅力はキャラクターの関係性とバトルである、という方向に舵を切り、ふんだんにアクションも盛り込んでいます。VFXの難易度も相当に高いですが、最先端の技術も投入し、今現在実現し得る最高峰のクオリティを目指して取り組んでいます!」と語った。また、月川監督はキャスト4名に熱い信頼を寄せ、キャスト発表時に公式ツイッターにコメントを投稿している。「主人公の幽助役は、最も信頼している俳優・北村匠海さんにお願いしました。ご一緒するのは4作品目ですが、より一層、表現に磨きがかかっているのを感じています。繊細な感情表現から、大小様々なアクションの身のこなしに至るまで、全身全霊で浦飯幽助を体現してくれています。」「蔵馬役は志尊淳さん。命に関わる大病を乗り越えて、蔵馬役をやり遂げてくれました。クランクイン直前、心筋炎で入院という報せを受けたときは頭が真っ白になりましたが、志尊さんはまさに蔵馬と同じように、一歩も動けないような状況からでも出来ることを尽くし、役をまっとうしてくれました。」「飛影役は本郷奏多さん。派手なアクションシーンはもちろんのこと、早く動いている姿を見ていただきたい……!最高にカッコいい飛影をお届けできると思います。」「桑原役は上杉柊平さん。まだその名を知らない方々にもこの桑原役を見ていただけたら間違いなく愛されると思います。人間臭く、愛らしく、時におバカだけど憎めず、その単純な真っ直ぐさに心打たれる。この桑原を早く皆さんにお届けしたいです。」Netflixシリーズ「幽☆遊☆白書」が2023年12月より配信開始。今後の続報に注目したい!

関連記事(外部サイト)