闇司法と警察の横暴を暴く! 傑作法廷映画『弁護士ジョリー』インド映画界TOP俳優アクシャイ・クマール主演

闇司法と警察の横暴を暴く! 傑作法廷映画『弁護士ジョリー』インド映画界TOP俳優アクシャイ・クマール主演
『弁護士ジョリー』

■インド映画界で最も稼ぐ男アクシャイ・クマール

現在のインド映画界で最も稼いでいる俳優は、アーミル、シャー・ルク、サルマーンの「3大カーン」ではなく、実はアクシャイ・クマールである。<Forbes>による「世界で最も稼ぐセレブ2020」にもインド人俳優としてただ1人ランクイン、52位を獲得している。アジア人俳優としては、もう1人ランクインしているジャッキー・チェンが80位というのだから、そのすごさがわかるだろう。アクシャイ・クマールは1981年にデビューしたので、キャリアはもう40年超。一時は主演・助演を選ばず年間10本以上の作品に出まくり、庶民のヒーローとなっていたが、2008年の『Singh Is Kinng(シンは王様)』の大ヒットあたりからトップスターの仲間入りを果たした。だが、大スターとなった現在でも、コンスタントに年間数本の作品に出演しているという、ボリウッドきっての「本数で稼ぐスター」なのだ。すでに150本を超えるアクシャイの出演作の多くは、コメディやアクションなどの娯楽要素満載作品だが、そんな中で、社会派とも言える光る作品も何本かある。日本でも公開されて好評を得た『パッドマン 5億人の女性を救った男』(2018年)や、『ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打ち上げ計画』(2019年)など、最近は女性のエンパワーメントを支える男性役が多いものの、社会の不正義に対して闘う人物を演じた作品も精彩を放つ。本作『弁護士ジョリー』(2017年)も、そんな1本なのである。

???? ? ??? ?? - ????? ?? ???? ???? ???????? ?? ??? #JollyLLb2 trailer @foxstarhindi on Dec 19 pic.twitter.com/xEW8LR7KZR

? Akshay Kumar (@akshaykumar) December 8, 2016
インドの英雄パッドマンが教えてくれる人生を変える心の持ち方

■インド警察の横暴! 近年の社会問題が映画にも登場

とはいえオープニング・シーンでは、インドで10年生修了時に実施される全国テストらしき場で、堂々とカンニングを指導してしまうのだから、主人公ジョリーは社会の不正義に手を貸しているではないか、と言われてしまいそうだ。実はジョリーは弁護士資格を持ってはいるものの、事務所開設費用が捻出できず、高名な弁護士の万年助手に甘んじている男。何とか独り立ちを……ということから、カンニング指南などもしながらお金を貯めている最中なのだ。そんな中、つい出来心で依頼人の金を一時無断借用してしまい、それで事務所開設は実現したものの、手ひどい報いを受けてしまう。と、前半3分の1あたりで結構ショッキングな事件が起きる。だが、そこからジョリーは深く反省して立ち直り、真の「弁護士ジョリー」となるため、その依頼人から頼まれた事件を究明していく。依頼人である女性の婚約者が手配中の過激派と名前が似ていたことから誤認逮捕され、女性との結婚式の日だけ仮釈放になったものの、再度刑務所に収監される途中で逃亡を図ったとして警官に射殺された事件で、明らかに警察のでっち上げだった。
誇り高き勇者21人が、1万もの敵兵を前に壮絶バトルを繰り広げる! 伝説の戦いを映画化『KESARI/ケサリ 21人の勇者たち』
そういうわけで、今回も悪徳警官や金まみれの大物弁護士らをコミカルかつ辛辣に描いた『弁護士ジョリー』だが、それに加えてカシミールを舞台とする過激派の暗躍と警察の腐敗、またその過激派の正体を見事に暴くシーンなどがインド人観客を惹きつけ、前作を上回る大ヒットとなった。アクシャイ・クマールの演技はもちろんのこと、脇を固める俳優たちも、判事役のソゥラブ・シュクラー、大物弁護士役のアンヌー・カプール、ジョリーの妻役のフマー・クレイシーら芸達者が揃っている。さらには、彼らの父親世代を演じた老俳優たちのピリリとした演技も、本作の完成度を高めている。エンドロールのメイキング映像も楽しいが、大スターであるのに終始気さくなアクシャイ・クマールの人柄が、現場を盛り上げていたようだ。いろんな監督がアクシャイを起用したがるのがわかる、その演技力と人柄も目撃できる『弁護士ジョリー』である。文:松岡 環『弁護士ジョリー』はCS映画専門チャンネル ムービープラス「特集:ハマる!インド映画」で2022年7〜8月放送

関連記事(外部サイト)