LA警察24時!LAPDの《闇》を描いた傑作映画5選!彼らは果たして善人か?悪人か? 【ジョニー・デップ×フォレスト・ウィテカー『L.A.コールドケース』公開記念】

LA警察24時!LAPDの《闇》を描いた傑作映画5選!彼らは果たして善人か?悪人か? 【ジョニー・デップ×フォレスト・ウィテカー『L.A.コールドケース』公開記念】
『L.A.コールドケース』© 2018 Good Films Enterprises, LLC.
ジョニー・デップフォレスト・ウィテカーが共演したクライム・サスペンス『L.A.コールドケース』が、2022年8月5日(金)より劇場公開となる。90年代を代表するラッパーの“2PAC”と“ノトーリアス・B.I.G.”が暗殺された未解決事件を題材に、ジョニー・デップ演じるロス市警(LAPD)の刑事の奮闘を描いた本作にちなみ、LAPDの活躍や暗躍を描いた傑作映画5本をご紹介。
凶悪な性犯罪、無能な警察やマスコミによる心なき二次加害 Netflix実話ベース映画『ロストガールズ』『私を信じて』の衝撃

■ロス市警(LAPD)が舞台の名作5選!

『ヒート』(1995年)?〜映画史に残る12分間の銃撃戦二つ目の事件は、1998年に起こったロサンゼルス市警察ランパート署の警官による汚職事件「ランパート・スキャンダル」。この事件は?ロス市警史上最悪の汚職事件”の一つとして語り継がれている。ランパート署に所属する巡査の窃盗事件がきっかけとなり、署内の警官による極悪非道な不祥事が次々に明らかになっていった。しかし、今もなおその全容はわかっておらず、多くの事件が未解決のままだ。『L.A.コールドケース』ではノトーリアス・B.I.G.の暗殺事件を追っていたラッセル・プール刑事が、次第にロス市警の汚職を疑うようになるが、その先に待っていたのは衝撃の事実だった。まさに、ロス市警の“闇”を象徴する事件だ。

『L.A.コールドケース』は、2022年8月5日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、グランドシネマサンシャイン池袋ほか全国順次公開予定。

関連記事(外部サイト)