“猫好きおじさん”ニコケイが愛猫を語る!そして<ニコケイ×猫>をテーマにしたシュールすぎる絵画も爆誕!!

“猫好きおじさん”ニコケイが愛猫を語る!そして<ニコケイ×猫>をテーマにしたシュールすぎる絵画も爆誕!!
Twitter
ニコラス・ケイジは、オスカー俳優でありポップカルチャーの象徴、そして“猫好きおじさん”としても注目を集めているのをご存じだろうか。ニコケイは、2017年にマーリンという名の黒いメインクーンを飼い始め、以来、マーリンへの愛情を声高に語ってきた。そんな、ニコケイの溢れんばかりの猫への愛が、ついにアートで表現されるようだ……!?

■ニコケイの猫愛が絵画に!?シュールすぎる絵が話題に

2022年10月1日から2日にかけて米パサデナ・コンベンション・センターで開催される「CatCon」で<ニコケイ×猫>をテーマにしたアート作品が公開される。「CatCon」は、「猫好きのためのコミコンのようなもの」と呼ばれ、猫文化とポップカルチャーを結びつけるイベント。世界中のアーティストを集めて、「アンケージド:ジ・アンベアラブル・ウェイト・オブ・ジニアス・キャット・アート」と題して、オリジナル作品7点が展示されるほか、オンラインや店頭で販売される予定だ。
 
この投稿をInstagramで見る
 

Cat Art Show Los Angeles(@catartshowla)がシェアした投稿

ブライアン・ホフマンというアーティストは、11インチ×14インチのプリントを制作し、ダイヤモンドダストで装飾し、エンボス加工し、ヴィンテージフレームに収めた。「キャスター・トロイ」と名付けられたこの作品は、1997年の映画『フェイス/オフ』でニコケイが演じた野性的な目をした悪役キャスター・トロイへのオマージュである。青いリボンをつけた俳優が、レトロな漫画の女の子の体に頭を乗せ、3匹の漫画のような猫に囲まれている様子が描かれている。その他、ウェス・アンダーソンの映画に登場しそうな壁紙から、暖炉の上に置いても違和感のない油絵まで、様々な表現方法でニコケイと猫を描いている。

■ニコケイが語る愛ネコ、マーリンの推しポイント!

ニコケイのマーリンへの愛情は、最新作『ジ・アンベアラブル・ウェイト・オブ・マッシブ・タレント(原題)』(2022年)のインタビューで明らかになった。「あなたの親友は誰?」という質問に対して「えーと、僕の親友は猫なんだけどね。名前はマーリン。変わった猫なんだ。とても愛想がいいんだ。肌を寄せ合うのが大好きなんだ。時々、ベッドに飛び込んできて、僕を抱きしめるんだ、わかる?妻だと思うんだ。いや、マーリンだよ。その猫から発せられるエネルギーは、驚くほど愛に満ちていて、愛情深いんだ。本当にいい子だ。それが私の親友です。」とマーリンへの愛を語る。 そんなニコケイの“猫愛”を知った「CatCon」の創設者のスーザン・ミハルスはYahoo Entertainmentのインタビューで、「ニコラス・ケイジはアーティストにとって夢のような被写体です。彼はカルトで、ド派手で、我が道を突き進んでいます。猫は同じ特徴をたくさん持っている。だから、この2つを組み合わせて、キャンバスに描いたらどうだろう?彼の猫への愛を称えたい」と思い立ち、企画を立ち上げたそうだ。 今回、購入されたアートの収益の10%が猫関連のチャリティーに寄付される。アートショーのほかにも、インターネット上で有名な猫やその飼い主とのグリーティングが行われる。会場で子猫の里親になることもできるようだ。イベントの詳細とチケットの購入は、「Cat Con」公式サイトをチェック!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?