ブラックすぎるユーモア炸裂! Netflix『スヌープ・ドッグのお祭り騒ぎなコメディスペシャル』をスチャダラANIがレコメン

ブラックすぎるユーモア炸裂! Netflix『スヌープ・ドッグのお祭り騒ぎなコメディスペシャル』をスチャダラANIがレコメン
Netflix作品『スヌープ・ドッグのお祭り騒ぎなコメディスペシャル』独占配信中

■スヌープ司会の音楽&コメディ番組

どうもアニです。Netflixオリジナル『スヌープ・ドッグのお祭り騒ぎなコメディスペシャル』(原題:A Netflix Is A Joke Festival SNOOP DOGG’S F*CN AROUND COMEDY SPECIAL)を観ました。 ラッパーのスヌープ・ドッグをホストに、スヌープおすすめのコメディアンたちがネタを次々に披露していくといった内容。日本じゃあんまり馴染みがない感じのスタンドアップコメディですが、馴染みがない分、その様子が新鮮で面白く、昔から結構好きでNetflixにあるヤツもイロイロ観たりしています。

Netflixでもとても人気があるみたいで、沢山のコメディアンのライブ・ショー等が大量にあります。どのくらいあるのかちょっと調べてみたら、ビックリするくらいあって、とても全部は観られない。

■下ネタ含めブラックでタフなユルめコメディ

この『お祭り騒ぎなコメディスペシャル』にはカット・ウィリアムズ、ディーレイ・デイビス、メラニー・コマーチョ、ガイ・トーリー、ドネル・ローリングス、マイク・エップスという6人の黒人コメディアンが出てきます。出る前にスヌープがそれぞれを紹介するんですが、アメリカじゃ有名なコメディアンなんだろうとは思うけど、誰も知らなかったです。もちろん、ネタはどれも面白い。下品な下ネタも多いけど。

この番組は2022年に収録されたもので、ネタも最近起きたことを取り上げています。アカデミー賞でクリス・ロックがウィル・スミスにビンタされたこととか、「あいつ、殴られた時にスーツのボタン直してたよな」とか、「この前コロナに感染したんだけど」みたいなネタもあったりします。 そして大体ジョークはキツいものが多い。そこが面白いんだけど。どんなに酷い状況でも笑い飛ばすぜ、という感じがとてもタフで好きなんですよ。

スヌープの出てた映画に『ザ・L.A.ライオット・ショー』(2005年)っていうのがあるんですけど、ロス暴動をテーマにした映画で、ブラックユーモアたっぷりな作品で観た時はビックリしました。ホントにユーモアがブラック過ぎて、ここまでやるんだって感じで。

■Netflixで観られるオススメのコメディ番組

Netflixには本当に沢山のスタンドアップコメディ作品があるんだけど、『デフ・コメディ・ジャム25』(2017年)という番組もあります。 アメリカで人気のテレビ番組『デフ・コメディ・ジャム』の25周年記念番組で、スタンドアップコメディ界のスターが一堂に会してるので、この『お祭り騒ぎなコメディスペシャル』を観て、こういう世界が気になった方にはオススメです。あと、デイブ・シャペルのスタンドアップとかも。 もちろん話題のクリス・ロックのライブもNetflixで観られます。あとは『お祭り騒ぎなコメディスペシャル』にも出てくる伝説の黒人コメディアン、リチャード・プライヤーの1979年のライブもあるので、興味のある方はそちらもオススメです。 また、スヌープ関連だと、Netflixに自分の持ってるアマチュアフットボールチームのドキュメンタリー番組『コーチ・スヌープ』というのもあって面白いです。と、いうわけでまたまた。 文:ANI(スチャダラパー) Netflix『スヌープ・ドッグのお祭り騒ぎなコメディスペシャル』独占配信中

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?