ヘレン・ミレンが“逃げ腰”シャザムにケンカキック デカいドラゴンも登場 DC最新作『シャザム!~神々の怒り~』日本版予告編

ヘレン・ミレンが“逃げ腰”シャザムにケンカキック デカいドラゴンも登場 DC最新作『シャザム!〜神々の怒り〜』日本版予告編
『シャザム!〜神々の怒り〜』© 2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC
見た目はオトナで最強なのに中身はコドモの半人前ヒーローと、神々との闘いを描くDC最新作『シャザム!~神々の怒り~』が、2023年3月17日(金)に日米同時公開。このたび“逃げ腰ヒーロー”シャザムが本気で怒った“神の娘たち”に狙われる姿を映した日本版予告編が解禁となった。

■神様だらけの最強バトル・アドベンチャー

主人公シャザムは、古代の魔術師より6人の神のパワー(S=ソロモンの知恵、H=ヘラクレスの剛力、A=アトラスのスタミナ、Z=ゼウスの万 能、A=アキレスの勇気、M=マーキュリーの神速)を授かった最強ヒーロー(大人の姿)だが、実はその中身はコドモのビリー。彼が、魔法の言葉「シャザム!(S.H.A.Z.A.M!)」と唱えると、ドラム缶をデコピンで吹き飛ばすパワー、銃弾を受けてもへっちゃらなボディ、全てを破壊する雷のパワーなど、凄まじい力を持つ超絶マッチョな最強ヒーローへと変身する。 日本版予告編では、大人の事情が全く理解できないシャザムが神々を怒らせてしまい、神の娘たちが巨大ドラゴンを引き連れて地球に襲来、世界中を巻き込む戦闘に発展する様子が描かれる。規格外にデカいドラゴンとの戦闘など大スケールのシーンも垣間見え、DC最大級のアクションに期待値が高まる。 そんな中、まだまだ初心者ヒーローのシャザムは、雷のパワーを制御できずにビルを半壊。神に対し「アンタ感じ悪いよ、もっと笑えば?」と失礼なことを言ってしまい怒りの炎に油を注ぎ、いざ強大な神の力を前にすると「僕にはムリだ、勝てっこない」と“逃げ腰”全開、ヒーローらしからぬ姿を見せている。 前作に引き続き、シャザム役は『マイティ・ソー』シリーズへの出演でも知られ、“ガチ”のアメコミオタクとしても有名なザッカリー・リーヴ ァイ。シャザムと対峙する最恐の“神の娘たち”には、『ワイルド・スピード』シリーズでも知られ、『クィーン』でアカデミー賞主演女優賞受賞歴も誇るヘレン・ミレン、そして『チャーリーズ・エンジェル』『キル・ビル』のルーシー・リュー、『ウエスト・サイド・ストーリー』のマリア役で圧倒的存在感を放った新鋭レイチェル・ゼグラーという豪華面々が集結。監督は前作から引き続き、『アナベル 死霊人形の誕生』をヒットに導いた奇才デイビッド・F・サンドバーグが務め、DC最新作を圧倒的スケールで描き出す。 『シャザム!~神々の怒り~』は2023年3月17日(金)より全国ロードショー

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?