夫の苦悩、妻の決意 “移住夫婦の団らん”を引き裂くものは?スペインを震撼させた恐怖の事件『理想郷』

夫の苦悩、妻の決意 “移住夫婦の団らん”を引き裂くものは?スペインを震撼させた恐怖の事件『理想郷』
『理想郷』© Arcadia Motion Pictures, S.L., Caballo Films, S.L., Cronos Entertainment, A.I.E,Le pacte S.A.S.
「第35回東京国際映画祭」にて最優秀作品賞にあたる東京グランプリ(東京都知事賞)のほか、最優秀監督賞、最優秀主演男優賞の主要3部門を獲得したスペイン・フランス合作映画『理想郷』が、11月3日(金・祝)より公開される。このたび、主人公である移住夫婦を大きく捉えた、大胆な日本版本ビジュアルが解禁、さらにアントワーヌを演じたドゥニ・メノーシェから、日本の観客に向けてのメッセージ動画が到着。

■実際の事件に基づく心理スリラー

都会を離れて田舎で過ごすスローライフに夢を抱き、スペインの山岳地帯ガリシア地方の小さな村に移住したフランス人夫婦ふたりが主人公となる本作は、2010年の発覚から裁判が終わるまでの8年間多くの新聞が報道するなど、スペイン全土に激震が走った実際の事件をベースに映画化した心理スリラー。 名作『わらの犬』(71/サム・ペキンパー監督)でも描かれた“田舎と都会の対立”を扱い、人間の暗部に潜む、独りよがりな思考、憎悪、凶暴性に深く迫っていく。本作は2部構成となっており、主人公夫婦の夫が主となる第1部で観客はガリシアの村に引き込まれるような緊張感漂う心理スリラーを体験することになる。妻が主となる第2部での展開により、本作が実はラブストーリーであることが提示されるのだ。

監督・脚本を務めたのは、「ヴェネチア国際映画祭」で高く評価された前作『おもかげ』(19)でスペインの新たな才能として名を知らしめた、新鋭ロドリゴ・ソロゴイェン。「第37回ゴヤ賞」で最優秀映画賞、最優秀監督賞など主要9部門受賞し、スペインにて2022年に公開された独立映画の興行収入1位を獲得。その後も、「第48回セザール賞」最優秀外国映画賞をはじめ、世界で56の賞を獲得(2023.8.25時点)するなど高い評価を受けてきた注目作が、ついに日本公開となる。

■日本版本ビジュアルが解禁!

本作のある重要シーンを極端なまでに大きく捉え荒々しさに満ちた海外版ビジュアルとはまるで異なる、大自然が美しくも不穏さを感じさせる夫婦団らんの光景を捉えた日本版ティザービジュアルのデザインをそのまま引き継ぎながら、それを大きく発展させた大胆なデザインに。 主人公であるフランス人夫婦のアントワーヌ(ドゥニ・メノーシェ)とオルガ(マリナ・フォイス)の対照的な表情を大きく捉え、移住先の村人との対立が加速していくアントワーヌがうつむきながら見せる苦悩の表情と、それとは打ってかわり強い決意を感じさせるオルガのまっすぐなまなざしを切り取った。本作は、アントワーヌが主となる第1部とオルガが主となる第2部により構成されているが、このことを強く意識させるビジュアルとなっている。そして、そんなふたりを引き裂くものとはいったい何なのか…?

この大胆なデザインを手がけたのは、『WKW 4K ウォン・カーウァイ 4K』『アシスタント』『熊は、いない』『国葬の日』など注目作を次々と手がけるグラフィックデザイナーの成瀬慧で、ティザービジュアルから引き続き担当となる。成瀬は「原題(AS BESTAS=野獣たち)と本国ポスターは苛烈な暴力描写を突き付けるイメージだったので、映画の入り口としては狭く、かなり絞った印象を受けていました。日本版では、『理想郷』という邦題に決定した時、この映画の核を掴んだタイトルが生まれたと確信しました。ティザーポスターで「理想郷」に辿り着いたある夫婦の恍惚から一転、本ポスターでは、その理想的な空、風景が失われてしまうかもしれない恐怖を、分断された森のシルエットに夫婦の顔を映し出しました。直接的な暴力ではなく、心理的な恐怖、徐々に引き剥がされていく夫婦の姿をイメージしています。信念と憎悪が交錯する、驚愕の心理スリラーの入り口は完全に整いました。固唾を飲んで観てほしいです」とティザービジュアルから本ビジュアルに至る、デザインに込めたポイントを情感たっぷりに解説している。 ドゥニ・メノーシェからはメッセージ動画が到着。これは、『ジュリアン』(17)、『悪なき殺人』(19)、『苦い涙』(22)などで観客に強烈な印象を残し、今フランスで最も勢いがあると言っても過言ではない旬の俳優が、日本公開に向けてのオンライン取材中に収録に応じてくれたもの。「すばらしい映画が出来上がりました」というメッセージから、日本語で「映画を観てね!」と本作での“こわもて”姿からは想像もつかない柔らかな表情でメッセージを寄せてくれた。 『理想郷』は11月3日(金・祝)よりBunkamuraル・シネマ 渋谷宮下、シネマート新宿ほか全国順次公開

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?