【国内映画ランキング】劇場版『ミステリと言う勿れ』が3週連続で首位キープ! 2位には『沈黙の艦隊』が初登場ランクイン

【国内映画ランキング】劇場版『ミステリと言う勿れ』が3週連続で首位キープ! 2位には『沈黙の艦隊』が初登場ランクイン
『沈黙の艦隊』©かわぐちかいじ/講談社 ©2023 Amazon Content Services LLC OR ITS AFFILIATES. All Rights Reserved.
国内映画ランキング(観客動員数)2023年9月29日~2023年10月5日 順位   タイトル 1位 - 『ミステリと言う勿れ』 2位 初 『沈黙の艦隊』 3位 ↓ 『ジョン・ウィック:コンセクエンス』 4位 初 『BAD LANDS バッド・ランズ』 5位 ↓ 『映画プリキュアオールスターズF』 6位 初 『二十歳に還りたい。』 7位 ↓ 『ホーンテッドマンション』 8位 ↓ 『グランツーリスモ』 9位 ↓ 『劇場版シティーハンター 天使の涙』 10位 ↓ 『こんにちは、母さん』 新作3本がトップ10にランクインするなか、菅田将暉主演の連続人気ドラマ『ミステリと言う勿れ』の劇場版が3週連続で首位をキープ。累計で観客動員205万人、興収27億円を超える好記録で、ほかを大きくリードしている。 2位に躍り出たのは、かわぐちかいじの大ヒットコミックを大沢たかお出演で実写化した『沈黙の艦隊』。防衛省や海上自衛隊が全面協力した臨場感あふれる海中バトルが話題となり、初日から3日間で動員27万4000人を記録した。 5位には『BAD LANDS バッド・ランズ』が初登場。直木賞作家・黒川博行の「勁草」が原作で、特殊詐欺をテーマに安藤サクラと山田涼介が姉弟役を演じている。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?