【Netflix全世界ランキング】74歳のトカゲと小学生の交流を描く『レオ』が初登場1位! ほかクリスマス関連作品が続々ランクイン:英語作品-映画

Robot Icon

AIざっくり要約

  • Netflix作品ランキングで、74歳のトカゲと子どもの関係を描いた作品『レオ』が初登場1位となった。
  • 2位はクリスマス映画『サイコーで、最高のクリスマス』で、他にも複数のクリスマス関連作品がランクインした。
  • 『ザ・キラー』も2週連続でトップ5入りしているなど、様々なジャンルの作品が人気を集めた。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

【Netflix全世界ランキング】74歳のトカゲと小学生の交流を描く『レオ』が初登場1位! ほかクリスマス関連作品が続々ランクイン:英語作品-映画
Netflix映画『レオ』独占配信中
Netflix全世界ランキング(英語作品):2023年11月20日~2023年11月26日 <映画> 順位 タイトル 視聴時間(万時間) 1位 『レオ』 61,700,000 2位 『サイコーで、最高のクリスマス』 18,200,000 3位 『ザ・キラー』 17,500,000 4位 『金星で逢えたら』 11,300,000 5位 『Jules』 6,700,000 6位 『トリプル・フロンティア』 7,500,000 7位 『クリスマス・クロニクル』 5,900,000 8位 『グリンチ』 4,100,000 9位 『ローン・サバイバー』 5,500,000 10位 『フォーリング・フォー・クリスマス』 4,300,000 1位に輝いたのは、子どもと一緒に大人も楽しめるキッズ作品『レオ』。学校で飼育されている74歳の話せるトカゲと子どもたちのかかわりをミュージカル仕立てでコメディタッチに描く。トカゲのレオの声をアダム・サンドラーが務めていることにも注目。 2位『サイコーで、最高のクリスマス』、7位『クリスマス・クロニクル』、10位『フォーリング・フォー・クリスマス』などクリスマス作品のランクインにより、ホリデーシーズンの訪れを感じさせるランキングとなった。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?