ナチス × ゾンビ × ホラー!!『オーバーロードZ』またアサイラムか! 無謀にもJ・J・エイブラムス製作映画に便乗

ナチス × ゾンビ × ホラー!!『オーバーロードZ』またアサイラムか! 無謀にもJ・J・エイブラムス製作映画に便乗
『オーバーロードZ』© 2018 TAUT PRODUCTIONS, LLC. All Rights Reserved.

J・J・エイブラムス製作のナチス実験スリラー映画『オーヴァーロード』に便乗!

いきなりで恐縮だが、今回紹介するB級映画は『オーバーロードZ』(2018年)である。原題は『Nazi Overlord』という。無論、米国の映画会社・アサイラムが製作した作品だ。

どこかで聞いたようなタイトルに、何かを察した方も多いだろう。そう、本作はかのJ・J・エイブラムスがプロデューサーを務めたアクション映画『オーヴァーロード』(2018年)に便乗したモックバスターなのだから。

そして例によって今回もまた、基になった原作とは一切関係ない。関係があったとしても、それはそれでアサイラム敗訴のリスクが高まるだけではあるが。

というわけで前口上もほどほどに、『オーバーロードZ』について語っていこう。

「戦争アクション×ゾンビホラー」という大げさな謳い文句を信用するべからず

時代は第二次世界大戦中。ノルマンディー上陸作戦において、ナチス兵を素手で絞め殺したという伝説を持つ米兵・ロジャース大尉。使命を果たして帰国も間近というところで、ナチスに捕まった英国の科学者、インディア・エリスの救出作戦に駆り出される。危険な任務に一旦は難色を示したロジャースだったが、結局は部下と共に、エリス博士が目撃されたという情報を入手しルーマニアへ急行。。ナチス兵の猛攻を凌いで基地に侵入すると、目的であるエリス博士と接触する。

だが、実はナチス側に寝返っていたエリス博士は、逆にロジャースの部隊を罠に掛けて拘束。「ナチスを除いた全人類を滅ぼす病原体」の研究のために、ロジャースの部隊を被検体として、地獄の責苦にも等しい実験を開始するのだった。

果たしてロジャースの部隊は、狂気と陰謀渦巻くナチスの秘密基地から脱出して、エリス博士の計画を食い止めることが出来るのか……? というのが本作の概要である。

早速だがこの『オーバーロードZ』、日本では「戦争アクション×ゾンビ・ホラー」という謳い文句が付いているものの、実際のゾンビの出番はごく僅かなので注意が必要だ。

さらに詳細を説明すると、前半の1時間は「ナチスの基地に潜入すると、銃撃戦を交えつつ科学者を探す」というプロットに従った、至って普通の戦争アクションパートが続くので、一切「ゾンビ・ホラー」要素は見当たらない。一応、中盤で“手足が逆に付いた死体”という意味深な代物が出てくるが、後半から始まるSFパートの目玉は“無数の虫を媒体にした生物兵器”のため、件の死体に大した意味はない。

というわけで話が進んで真相も判明し、終盤のクライマックスも間近というタイミングで、ついに「科学実験の影響で暴走して、ゾンビに似た挙動で襲ってくる兵士」が少し出てくる……という具合である。ゾンビという概念の定義について今さら議論するわけではないが、本作が「ゾンビ・ホラー」かと言うと……実に微妙なラインに立っているかもしれない。

意表を突く衝撃のラストまで色々とガマン!!

全体の2/3を占めている戦争アクションパートの内容は、実に平凡である。「タフガイの主人公が、記号的に怯えたり騒いだりする部下たちを率いて、無個性な敵軍を倒していく」という手垢の付いた展開には、「文句を言うレベルではないが、楽しさを感じるポイントも少ない」という感想を抱いた。だが……本作で最も印象に残る点、それはおそらく“ラスト”ではないだろうか。

それまでクライマックスも含めてひたすら陳腐で、凡百のB級アクション映画のテンプレートを愚直になぞったストーリーが続いただけに、主人公を待ち受けていた結末には、若干だが意表を突かれてしまった。そのため総合的な評価はさておき、本作に対する最終的な印象は極端に悪いわけではない。本作もまた人を選ぶアサイラム作品には相違ないが、最後に小さな興奮を味わいたい方は鑑賞してみるのも良いだろう。

ちなみに、その“ラスト”の詳細だが、ダイレクトなネタバレは抑えたうえ、可能な範囲で説明すると……。強いて言うなら、逆『イングロリアス・バスターズ』である。

文:知的風ハット

『オーバーロードZ』はCS映画専門チャンネル ムービープラスにて2019年10月放送

関連記事(外部サイト)