キアヌは自分の“人気”に気づいてない⁉「電話してる姿すら見たことない」と最新作共演者が証言

キアヌは自分の“人気”に気づいてない⁉「電話してる姿すら見たことない」と最新作共演者が証言
Instagram

キアヌ作品の中でもカルト的な人気がある、愛すべきおバカ高校生コンビが巻き起こす大騒動を描いた『ビルとテッドの大冒険』(1989年)『ビルとテッドの地獄旅行』(1991年)に続く続編『Bill & Ted Face the Music(原題:2020年米国公開予定)』で、21年ぶりにテッド役を演じるキアヌ・リーヴス。本作は現在絶賛撮影中のようだが、相方ビルの娘役を演じるサマラ・ウィーヴィングが、キアヌについて気になる発言をしている。

主演ホラー映画『READY OR NOT(原題)』について<Yahoo! movies>のインタビューを受けた際に、『Bill & Ted Face the Music』はカルト化した人気シリーズだけに「とてもナーバスになっているけれど、ファンが望んでいるものを届けたい」と豊富を語ったサマラ。そして共演のキアヌに話題が及ぶと、その長いキャリアの中でも最も評価が高まっている状況について、「彼は把握してない。全く気づいていないと思うわ」と、つまりキアヌが“自分の人気に無自覚”だとコメントした。

『ジョン・ウィック:パラベラム』は2019年10月4日より公開中

関連記事(外部サイト)