ロメロ監督リスペクト&主要ゾンビ映画の細かすぎる小ネタ満載!『ショーン・オブ・ザ・デッド』を振り返る

ロメロ監督リスペクト&主要ゾンビ映画の細かすぎる小ネタ満載!『ショーン・オブ・ザ・デッド』を振り返る
『ショーン・オブ・ザ・デッド』© 2004 WT Venture LLC.. All Rights Reserved.

2017年に公開され、日本でも大ヒットを記録したミュージック・ロマンス・クライム・アクション『ベイビー・ドライバー』の監督といえば? そう、イギリス出身のエドガー・ライトだ。

That is a wrap on main unit photography on my next feature film, 'Last Night in Soho’. Can't wait for you all to see @lastnightinsoho on a big screen near you, September 25th, 2020… pic.twitter.com/JTvSB7SEDB

— edgarwright (@edgarwright) August 30, 2019

いまや最も期待される監督の一人となったエドガーだが、彼が世界的に注目されるきっかけとなった作品が英国産ゾンビ・コメディ『ショーン・オブ・ザ・デッド』(2004年)。ということで、エドガー監督作品は『ベイビー・ドライバー』しか観たことがないという映画ファンのために、今さらながら『ショーン・オブ・ザ・デッド』の見どころをざっくり紹介したい。

ソンビ、ロマンス、コメディ……映画に必要なものがすべて詰まった名作!

本作のメイン登場人物はサイモン・ペッグ演じる冴えない家電販売員ショーンと、ニック・フロスト演じる悪友でプッシャーのエド。ある日突然、街中で巻き起こったゾンビ・パニックを恋人や友人、家族とともにサバイブすることになり……という内容で、いわゆるゾンビ映画のセオリーを踏襲している。

それでは一体なぜ本作がゾンビ・コメディとして高い評価を得ているのか? それは、ゾンビ・パニックものに笑いとアクションだけでなく、ボンクラ野郎の友情=バディもの、恋人の気持ちを取り戻さんとするラブロマンス、家族への愛情、そしてゾンビ映画の先達へのリスペクトと気の利いたオマージュが、ふんだんに盛り込まれているからだ。

ジョージ・A・ロメロらホラーの名匠たちに捧げる小ネタが満載!

『ショーン〜』というタイトルはもちろん、本作を観てまず気がつくのは、やはりゾンビ映画の大家ジョージ・A・ロメロ作品からの引用。ゾンビたちにノロノロ動きを徹底させているのもオリジネイターであるロメロへの敬意の表れだろうし、ショーンが働く店<Foree Electric>は同作の出演者ケン・フォリーにちなんでいると思われる。ショーンの母、バーバラの名も『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生 』(1968年)からの引用で、エンドクレジットでは『ゾンビ』(1978年)でお馴染みハーバート・チャペルの「The Gonk」まで流れる徹底ぶりだ。

関連記事(外部サイト)