超正統派イケメン俳優が「東京コミコン2019」に登場!『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のイアン・サマーホルダーが日本のファンに「サンキュー!!」連発

超正統派イケメン俳優が「東京コミコン2019」に登場!『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のイアン・サマーホルダーが日本のファンに「サンキュー!!」連発
イアン・サマーホルダー

国内最大級のポップカルチャーの祭典「東京コミコン2019」が、2019年11月22日(金)から11月24日(日)の3日間にわたって幕張メッセ 9・10・11 ホールにて開催中。2日目のメインステージ、主催者ステージ2人目の豪華ゲストは人気ドラマシリーズ『ヴァンパイア・ダイアリーズ』(2009〜2017年)で主要キャラクターの一人、デイモン・サルバトーレを演じたイアン・サマーホルダー!

宇垣アナもうっとり!? イアンがゴリッゴリのイケメンオーラを放つ!!

イアンのギンギラギンに猛烈なイケメンぶりをひと目見ようと、ステージ周辺には多くの観客が詰めかけ身動きが取れないほどの大混雑状態に。そんな中、司会の杉山すぴ豊氏に呼び込まれて登場したのは「東京コミコン」広報部長の宇垣美里アナ。映画だけでなく海外ドラマも大好きだという宇垣アナが、さっそくイアン・サマーホルダーをステージに呼び込んだ。

ヴァンパイアらしく怪しい真っ赤なドリンク持参で現れたイアンは、のっけからテンションMAXで「本当にここに来られて嬉しいよ、みんな愛してる! ありがとう!!」と観客たちに挨拶。宇垣アナに日本のファンの印象を聞かれると、「一人一人がみんな素晴らしいね。本当に感謝してるんだよ」と、感謝を言葉を連発。そして『ヴァンパイア・ダイアリーズ』で演じたデイモン役について、「役作りに関しては……何人かのカップルを殺してみたんだ(笑)」とブラッディなジョークで笑いを誘った。

「ずっとクソ野郎を演じてきたから、僕自身は愛される人間であろうとしているんだ(笑)」

どんな質問にもじっくり言葉を選び、真摯に答える姿が印象的だったイアン。2019年12月5日(木)から配信がスタートするNetflixオリジナルシリーズ『V Wars』では主人公の一人、医師のルーサーを演じているが、「彼は優れた科学者であり、素晴らしい父親であり、良き夫でもある。そういう人たちはあらゆる場所で、とてもポジティブなインパクトを与えるんだ」と、超常的なパワーを持たない“スーパー・ヒーロー”としての役が大いに気に入ったという。

「デイモンはクソ野郎だったから、僕は愛される人間であろうとしているよ(笑)」とおどけてみせたイアンは、「『V Wars』のルーサーは、獣のように変わってしまう。そんな世界の中のキャラクターを演じることができて、本当にワクワクしているよ」「男女の日本人キャラクターも登場するんだ。きっと気に入ってもらえると思うよ!」と主演最新作への期待を煽った。

「スカパー!」ブースでは花くまゆうさくサイン会を実施!

「スカパー!」の出展ブースでは、漫画家・イラストレーターの花くまゆうさく先生によるオリジナル『シャークネード』グッズがバカ売れ中!!  この日は花くま先生の生サイン会も行われ、作品同様ユル〜い雰囲気ながらイラストを添えた貴重なサインを書きまくっていた。

『シャークネード』グッズはサイズ欠けが出始めているようなので、「東京コミコン2019」でしか買えないレアな限定アイテムをぜひ会場でゲットしよう!

「東京コミコン2019」は幕張メッセ9・10・11ホールにて2019年11月22日(金)・23日(土)・24日(日)の3日間開催

関連記事(外部サイト)