「C-3POが真の悪役説」にA・ダニエルズが意味深爆笑コメント!『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』記者会見

「C-3POが真の悪役説」にA・ダニエルズが意味深爆笑コメント!『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』記者会見

ついに2019年12月20日(金)より日米同時公開となる『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が、前日のスペシャル・ファンイベントに続き記者会見を開催。脚本・監督のJ.J.エイブラムス、レイ役のデイジー・リドリー、フィン役のジョン・ボイエガ、ポー・ダメロン役のオスカー・アイザック、C-3PO役のアンソニー・ダニエルズ、シリーズのプロデューサーでルーカスフィルム社長でもあるキャスリーン・ケネディ。そして脚本に参加したクリス・テリオが登壇し質問に答えた。

■オスカー「サーガの帰結を観ることができたことを誇りに思う」

オスカー・アイザック(ポー・ダメロン役)

まず、今作でシリーズの終焉を迎える心境を聞かれると、撮影を振り返り、続三部作への想いを吐露し、『SW』シリーズの素晴らしさを訴えた面々。オスカーが「正直、まだ公開しなくても良いんじゃない?(笑)」と寂しさを募らせると、キャスリーンは「今回、私たち全員が自分に抱えられる以上に大きな責任を持っていると感じています。というのも、『SW』は42年以上にわたる神話であり、映画史上もっと重要な歴史の一部だからです。そして、多くの人たちが作品によって結ばれている大事な作品でもある。私たちがその一部になれたこと、その完結編を観ることができることを光栄に思っています」と、プロデューサーとして製作陣の感謝を代弁した。

キャスリーン・ケネディ(製作・ルーカスフィルム社長)

続三部作に関わったことで人生がどう変わったか? という質問に、「起用されたときには、こんなに大きな存在になるとは想像していませんでした。今はまだ『SW』と人生を切り離して考えることができません」と本作の影響を明かしたデイジー。オスカーも「単なる映画というものよりも大きな存在なんじゃないか、それくらい世界規模の文化的現象だと思っているよ。そんな物語に自分が貢献することができ、サーガの帰結を観ることができたことを誇りに思う。自分の人生にもたらされた変化といえば、今回の来日のように世界中の人々と触れ合う機会を得られたことだね」と語る。

一方のジョンは「『SW』ファンだった僕が実際に作品に関わるようになり、制作過程を実際に見ることができて大いにインスピレーションを得られたことは、自分にとって魔法のような経験だった」と、ハリソン・フォードからハン・ソロのフィギュアにサインをもらっていたほどの、ファンならではのコメント。そして42年間“C-3PO”として『SW』に関わってきたアンソニーは「年齢性別問わず惹きつける理由はどこにある?」という質問に、「ここにいるキャストの皆さんも、成長しながら私のキャリアを観てきたわけです。そんな私たちが一緒に作品を作ったという事実が、42年間も続いた『SW』シリーズの魔法でしょう」と、唯一全作に出演した伝説の立役者としての矜持を語った。

ジョン・ボイエガ(フィン役)

■カイロ・レンの亀裂修復マスクは日本の伝統技能がアイデアソース

デイジー・リドリー(レイ役)

気になるレイの出生の秘密についてデイジーは、今作で彼女の両親が明かされることを断言しながらも「『SW』が美しいと思うのは、血のつながった家族の物語であることはもちろん、それ以外の、自分が誰を愛し家族を作っていくのか、という物語でもあるところ。レイとフィンの関係のように、愛や友情など必ずしも血族ではない関係が描かれているところが美しいと思います」と、決して選ばれしものだけの物語ではないことを強調した。

また、日本文化に詳しいJ.J.は「カイロ・レンのツギハギ修復マスクは、日本の“金継ぎ”がアイデアのベースになっている」と意外な事実を明かし、カイロ率いる計7人の傭兵部隊<KNIGHTS OF REN>(レン騎士団)は黒澤明作品から影響を受けているとのことで、ますます今作でしっかり登場することが期待される。なお予告編でチラリと映る、C-3POが「最後にもう一度だけ 友人たちに」という意味深なセリフについて、アンソニーは「色んな解釈ができますね。自分の友人や仲間たちに向けているのか、もしくは観客の皆さんへのお別れなのか……」と意味深コメント。アンソニー自身も感動したセリフとのことなので、早く本編で確認したいところだ。

SNSで寄せられた「一番強いフォースを持っているのは誰?」というファンからの質問の流れの中で、J.J.が「僕はキャスト全員の父親のような気持ちだから。みんな同じくらい強いフォースを持った人たちなんじゃないかな」と語ると、キャスリーンが「今のは大統領選への出馬宣言ですね」と旬のネタで監督をイジり、会場の爆笑を誘う一幕も。

J.J.エイブラムス(監督・脚本)

さらに、海外メディアから、全9作の締めくくりを手掛けた心境を聞かれた脚本家のクリス・テリオは、J.J.の茶々入れを受け流して「こんなふうに、より良いアイデアのためにケンカするんだ」とジョークを交えつつも、「こういう“終わり方”がベストだ、と思った瞬間はあったけど、そこに至る過程を描くのが大変だったし、ファンとしては悲しかった」と、ファンとしての想い入れとプレッシャーを吐露していた。

■アンソニー「C-3POの光り輝く黄金ボディは真の姿を隠す変装かも……?」

一部ファンの間で噂されている「C-3POが真の悪役なのでは?」という異様な説について、アンソニーは「ファンの皆さんの想像力は、実に興味深いものですね。C-3POはシリーズを通して物語の筋道を繋いできましたが、中には暗黒の道もあったわけです。あの光り輝く黄金のボディも、実は変装なのかもしれないですね……」と、意味深なジョークで会場の笑いを誘う。

そんなファンのクレイジーなアイデアを実際に脚本に採用しようと思ったことは? という質問に答えたクリスは、自身もファン代表として「このサーガに出演し続けてきたアンソニーが、僕らにとって一番のインスピレーションでした」と感謝。「僕もJ.J.も、もうC-3POのセリフを書くことができないという悲しみを感じています。アンソニー/C-3POの存在は、それだけ『SW』の魂だったということです」と、シリーズ完結の寂しさを噛み締めていた。

クリス・テリオ(脚本)

J.J.も「僕らは“レジェンド”と並んでここに座っている。アンソニーは常にコスチュームを纏っているけれど、動きも声も彼自身のものだ。そして彼は『SW』で一番最初に登場するキャラクターでもあり、観客の我々に“笑ってもいいんだ”というトーンを示してくれた。それらを姿を隠してこなすというのは、とても難しいことだと思う」と賛辞を贈り、拍手を浴びつつ会見を締めくくった。

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は2019年12月20日より日米同時公開。12月19日(木)18時30分より、札幌シネマフロンティア(北海道)、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(東京)、ミッドランドスクエアシネマ(愛知)、TOHOシネマズ梅田(大阪)、ティジョイ博多(福岡)の全国5館にて、2304席限定・日本最速の「前夜祭上映」が決定(上映時間:2時間22分)。

【BANGER!!! 開設1周年記念プレゼント】

\✨#BANGER !!! 開設1周年記念 #プレゼント🎁/#映画鑑賞 に関する簡単なアンケートに答えて2020年公開 #映画 のチケットが #当たる‼️
#パラサイト 半地下の家族』『#キャッツ』他5作品

対象作品をチェック👉https://t.co/L1hswjMLiF
アンケート・応募👉https://t.co/QwwId8klUi
〆切:12/22(金)

— 映画評論・情報サイトBANGER!!! (@BANGER_JP) December 6, 2019

関連記事(外部サイト)