アカデミー賞6部門ノミネート! ポップで楽しく戦争映画の苦味も残る『ジョジョ・ラビット』

アカデミー賞6部門ノミネート! ポップで楽しく戦争映画の苦味も残る『ジョジョ・ラビット』
『ジョジョ・ラビット』©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation and TSG Entertainment Finance LLC

■タイカ・ワイティティ監督による禁断のナチス×コメディ!?

第二次世界大戦下のドイツ。母親とふたりで暮らしている10歳のジョジョは、当時のドイツの子どもたちの多くと同様、ヒトラーとナチスに忠誠を誓い、ユダヤ人は悪魔だと教えられるままに信じていた。

第92回アカデミー賞で作品賞ほか6部門にノミネートされた『ジョジョ・ラビット』は、そんな素直で無知ゆえに愚かな考えに染まってしまっている少年が、密かに家に匿われていたユダヤ人の少女と出会い、成長していく過程をコミカルに描いた作品だ。

『ジョジョ・ラビット』©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation and TSG Entertainment Finance LLC

■大活躍のスカヨハ、本作でアカデミー助演女優賞にノミネート!

原作は2008年にニュージーランドで出版され、国際的に高い評価を得たクリスティン・ルーネンズの小説「Caging Skies」。監督・脚本・出演のタイカ・ワイティティは、『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』(2014年)で注目を集め、マーベルの『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017年)に大抜擢されて世界的な成功を収めたニュージーランドの星だ。

『ジョジョ・ラビット』©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation and TSG Entertainment Finance LLC

本作では、ユダヤとニュージーランドの先住民マオリの血を引いているワイティティが、ジョジョのイマジナリー・フレンド(空想上の友達)として現れるアドルフ・ヒトラーを演じている。舞台はドイツの架空の街で、主な登場人物はドイツ人だが、英語で会話する。

『ジョジョ・ラビット』©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation and TSG Entertainment Finance LLC

ジョジョ役のローマン・グリフィン・デイヴィスは、これが映画初出演。ユダヤ人の少女エルサを演じるトーマシン・マッケンジーも、日本公開されるのは本作が初めてとなるフレッシュな顔だ。そんな若き才能たちを個性派アクターたちが支える。ヒーロー映画から大人向けのドラマまで幅広く活躍中のスカーレット・ヨハンソンは、超能力は使わないものの十分にヒーロー的な母親像を演じてみせた。サム・ロックウェルもアクの強いナチスの大尉役で、おいしいところを持っていく。

『ジョジョ・ラビット』©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation and TSG Entertainment Finance LLC

■かわいい衣装や暖かな色合いも、戦争というテーマの苦さからは逃れられない

「10歳の少年の脳内ヒトラー」という大胆な仕掛けによって、とんでもなく陰鬱で重い話を軽快に伝えようとする映画である。現実から数センチ浮いているようなマンガ的な印象は、画面の人工的な作り込みによって一層強められる。ピーター・ジャクソン監督の『ホビット 思いがけない冒険』(2012年)でアカデミー賞美術賞にノミネートされたこともあるラ・ヴィンセントによるプロダクション・デザインは、どこを切り取ってもあたたかい色合いで統一されてかわいらしく、戦時下の生活苦はあまり生々しく感じられない。マイェス・C・ルベオによる衣装も、遊び心があって目に楽しい。

『ジョジョ・ラビット』©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation and TSG Entertainment Finance LLC

とはいえ、やはり第二次世界大戦下の暗い時代を描いた作品である。ハッピーエンドでもざらりとした苦味が残るのは避けられない。白人至上主義のナチス・ドイツと同盟を結んだ日本はどう見てもマヌケ、という史実は消しようがないわけだし。そして周りを見回せば、えげつない人種差別や、自分は正しいことをしていると信じて結果的に加害に加担してしまうような事態が、現在進行形の問題としてそこらじゅうにあふれている。この映画を風刺として楽しむには、現実社会がもうちょっと平和で優しさにあふれていないと苦しいな、と思ってしまって、背筋が寒くなるのだった。

『ジョジョ・ラビット』©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation and TSG Entertainment Finance LLC

文:野中モモ

『ジョジョ・ラビット』は2020年1月17日(金)より公開

関連記事(外部サイト)