ノーラン監督最新作! 新感覚タイムサスペンス『TENET テネット』の米国版予告編が公開!

ノーラン監督最新作! 新感覚タイムサスペンス『TENET テネット』の米国版予告編が公開!
YouTube

クリストファー・ノーラン監督待望の最新作で、新感覚タイムサスペンス映画『TENET テネット』の最新US予告編が公開された。

『ダークナイト』三部作(2005年〜2012年)、『インセプション』(2010年)など、観客のド肝を抜く作品を世に輩出してきたクリストファー・ノーラン。全世界待望の最新作は、オリジナル脚本で描くサスペンス・アクション超大作だ。

主演は第91回アカデミー賞作品賞を含む6部門でノミネートされた『ブラック・クランズマン』で映画単独初主演を果たしたジョン・デヴィッド・ワシントン(かの実力派俳優デンゼル・ワシントンの息子!)。2021年公開予定の『ザ・バットマン(原題)』で新バットマンに抜擢されたロバート・パティンソン、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017年)のエリザベス・デビッキ(全身金ピカのあの女王様)、そして『ダンケルク』(2017年)に続きノーラン作品に出演するマイケル・ケイン、ケネス・ブラナーら。実力派俳優が共演に名をつらねる。

これまで内容について多くは語られてこなかった本作。この度の予告編では、人類滅亡よりももっと悲惨な第三次世界大戦を防ぐというミッションを課された男の姿と、「TENET(テネット)」というキーワード、逆再生のような時間逆転シーンが印象的にまとめられている。

秘密裏に活動するエージェントたちの存在、誰が敵で誰が味方なのか分からない状況、そして生きのびるための鍵となる「TENET(テネット)」と呼ばれる謎の暗号。「これから起きる」と言い放つ男の前に空間が反転し、時間の逆回転が! このあと何が起きるのか……!? 予告編でジョン・デヴィッド・ワシントンが「タイムトラベル? いや、時間の逆転だ!」と語っているように、随所に織りまぜられた時間の逆転カットが不思議な感覚を生む作品だ。

全米では2020年7月17日に公開が予定されているが、最新US予告編では「劇場公開」と書かれるのみで、公開日について触れられていない。暗号「TENET(テネット)」の謎を明かす日は近い? 続報に期待しよう!

関連記事(外部サイト)