「Disney+」徹底解説&独占配信作を紹介!! ディズニーやスター・ウォーズ、マーベル作品にドキュメンタリーまで大充実!

「Disney+」徹底解説&独占配信作を紹介!! ディズニーやスター・ウォーズ、マーベル作品にドキュメンタリーまで大充実!
「Disney+」© 2020 Disney and its related entities

ディズニーが世界にお届けする定額制動画配信サービス「Disney+」(ディズニープラス)が、ついに2020年6月11日(木)より日本でのサービスを開始する。
入りたいけど、どういうサービスなの? と悩んでいるあなた、日本中の映画ファンも気になるであろうサービスの概要ついて詳しく説明しよう!

「Disney+」© 2020 Disney and its related entities

■「Disney+」とは? 現在の動画配信サービス「Disney DELUXE」との違いは?

「Disney+」はディズニーが提供する新しい定額制動画配信サービスのことで、世界ではすでに5450万人の会員数を突破している。ディズニーをはじめ、ピクサーマーベルスター・ウォーズナショナル ジオグラフィックの500以上の映画作品、100以上のTVシリーズを視聴することができる。
現在提供中の動画配信サービス「Disney DELUXE」(ディズニーデラックス)との違いは、よりオリジナル製作に注力した作品が観られるという点だ。「Disney DELUXE」がよりパワーアップしたサービスといえるだろう。

■入会方法は? 視聴方法は?

入会方法については、基本的にオンライン上の手続きだけで入会可能公式ページから手続き可能だ(dアカウントの作成が必要)。
「Disney DELUXE」のサービスはどうなるの? と思っている皆さんも安心してほしい。2020年6月11日のサービス開始以降は、「Disney DELUXE」はそのまま「Disney+」へとサービスが移行されるので、すでに「Disney DELUXE」の会員なら追加契約などは不要だ。

月額料金は770円(税込)の定額制で、テレビ、スマホなど、様々なデバイスで最大5台まで登録可能だ。動画のダウンロード機能もあり、いつでもどこでも動画を楽しむことができるぞ! 支払方法は、ドコモ携帯電話利用中の方は携帯電話料金との合算払い、それ以外のdアカウントで加入される方はdアカウントに設定したクレジットカード払いとなる。

『マンダロリアン』© 2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

■『トイ・ストーリー4』フォーキーの冠作品⁉ 「Disney+」独占配信作品をご紹介!

「Disney+」では一体どんな作品が配信予定なのか、とても気になるところだろう。『トイ・ストーリー4』『ライオン・キング』『アベンジャーズ/エンドゲーム』といった2019年に劇場で公開されて話題を呼んだ大ヒット映画が配信されるのはもちろんのこと、「Disney DELUXE」でも絶大な人気を誇るジョン・ファヴロー製作総指揮&脚本のスター・ウォーズ実写ドラマシリーズ『マンダロリアン』や、TVアニメーションシリーズ「スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ ファイナル・シーズン」、世界的な大ヒット『ハイスクール・ミュージカル』をベースにした新シリーズ『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』、そしてディズニーのテーマパークや作品制作の裏側を紹介するドキュメンタリー『イマジニアリング〜夢を形にする人々』、『ディズニーの舞台裏』など数多くの作品がそろっている。

■『トイ・ストーリー』の短編シリーズ『フォーキーのコレって何?』

『トイ・ストーリー4』(2019年)で初登場し、隙あらばゴミ箱に入りたがるなどその愛くるしさから一躍大人気となった、シリーズ初の手作りおもちゃフォーキーが主人公のショート・アニメーションシリーズ(全10話)。
「時間とは」「愛とは」「コンピュータとは」など壮大な質問から身近な疑問まで、10の質問を毎回おもちゃの仲間たちに問いかける。『トイ・ストーリー』シリーズのハムやレックスなどおなじみのオモチャたちも再登場する。

■『トイ・ストーリー』のアナザーストーリー『ボー・ピープはどこに?』

『トイ・ストーリー4』にシリーズ19年ぶりの登場となった美しい羊飼い人形ボー・ピープ。『トイ・ストーリー3』(2010年)に出演していなかった彼女は、『トイ・ストーリー2』(1999年)のあと、どのような冒険をしていたのかを、ウッディたちに語る姿が描かれる。本編の中には、『トイ・ストーリー4』の物語で登場した、アンティークショップが再び描かれ、ギャビー・ギャビーやベンソンといったキャラクターも再登場する。

■名作アニメーションの実写版『わんわん物語』

1955年に公開された、お嬢様犬レディと野良犬トランプの2匹の冒険とラブ・ストーリーを描いた『わんわん物語』を完全実写化した作品。
主人公のレディをはじめとする、本作に登場するキャラクターを演じているのはなんと本物の犬!
プロデューサーは『ジャングル・ブック』(2016年)『プーと大人になった僕』(2018年)のブリガム・テイラー。主人公のレディ役の吹き替え声優には、大人気マーベル作品『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017年)や『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年)でもお馴染みのテッサ・トンプソン、他にもオスカー俳優のF・マーリー・エイブラハムや、サム・エリオットといった名優が脇を固める。

■ウィレム・デフォー主演の実写映画『トーゴ―』

ウィレム・デフォー演じるノルウェー出身のマッシャーのレオンハード・セッパラが犬ぞりリーダー犬「トーゴー」と氷点下を駆け抜ける、実話を基にした命をかけたアドベンチャー大作。監督は、エクストリーム・スポーツをフィーチャーしたクライム・アクション『X−ミッション』(2015年)で知られるエリクソン・コア。

■ナショナルジオグラフィック『ジェフ・ゴールドブラムの世界探求』

大ヒットSF映画『インデペンデンス・デイ』(1996年)、『ジュラシック・パーク』(1993年)の博士役でおなじみの俳優ジェフ・ゴールドブラムが遊び心にあふれた洞察力で科学や歴史をひも解いていく、ナショナル ジオグラフィックのドキュメンタリーシリーズ。毎回設定されるテーマは「スニーカー」や「アイスクリーム」、「コーヒー」、「化粧品」など、日常生活においてありふれたものばかりだが、調べていくと驚きのウラ話が⁉︎ 身近なものの陰に隠された信じられない奇妙なウラ話をジェフの好奇心旺盛でウィットに富んだ視点で追いかける。

その他に、ナショナル ジオグラフィックより、第91回アカデミー賞ドキュメンタリー長編賞受賞の『フリーソロ』やウィル・スミスが番組ホストを務める「宇宙の奇石」などが次々と配信される予定。

■マーベルのドラマシリーズも続々配信予定!

そして、今後配信を予定しているマーベル・スタジオ作品新ドラマシリーズにも期待したい。キャプテン・アメリカの戦友サム・ウィルソン/ファルコンとバッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャーが主人公の『マーベル ファルコン&ウィンター・ソルジャー』、ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチとヴィジョンを題材にした『マーベル ワンダヴィジョン』、ソーの弟で“裏切りの神”ロキの『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の物語を描く『マーベル ロキ」など楽しみな作品が控えている。

「Disney+」コンテンツは想像以上に盛りだくさんだ。気になる方はぜひチェックしてみよう!

関連記事(外部サイト)