ランボーの怒りと哀しみを勇壮な音楽で描き出す! シリーズ最新作『ランボー ラスト・ブラッド』

ランボーの怒りと哀しみを勇壮な音楽で描き出す! シリーズ最新作『ランボー ラスト・ブラッド』
『ランボー ラスト・ブラッド』© 2019 RAMBO V PRODUCTIONS, INC.

心に傷を負ったベトナム帰還兵の悲壮な戦いを描き、人々の共感を呼んだ名作アクション映画『ランボー』(1982年)。悲劇性の強い内容から一転、ド派手なバイオレンス・アクション巨編へと変化を遂げた『ランボー/怒りの脱出』(1985年)と『ランボー3/怒りのアフガン』(1988年)を経て、20年ぶりに製作されたシリーズ第4作『ランボー 最後の戦場』(2008年)で、ランボー・サーガは完結したかに思えた。しかし11年の歳月を経て、ランボーの“その後”を描いたシリーズ最新作にして最終章『ランボー ラスト・ブラッド』(2019年)が遂に日本公開となる。

■牧場で静かに暮らすランボー……しかしある事件が引き金となり凄絶な私闘に発展!

前作のラストでアメリカに帰ってきたジョン・ランボー(シルヴェスター・スタローン)。現在は故郷アリゾナで牧場を営み、古い友人のマリア(アドリアナ・バラーサ)と、その孫娘ガブリエラ(イヴェット・モンレアル)の3人で静かに暮らしている。トレードマークの長髪を切り、馬の世話をしながら、遭難者探索のボランティアにも従事するランボーの姿は、かつて拒絶された“社会”に受け入れられたようにも見えて、感慨深いものがある。

『ランボー ラスト・ブラッド』© 2019 RAMBO V PRODUCTIONS, INC.

しかし心の拠り所でもあるガブリエラを、メキシコの人身売買カルテルに奪われたことから状況は一変。シリーズ史上最も激しい怒りを見せるランボーの凄絶な私闘が繰り広げられる。ベトナム軍やソ連軍、ミャンマー軍に比べると、今回の悪役はスケール的に若干見劣りするものの、「(奴らに)死が迫っていることを思い知らせたい」と宣言し、牧場の巨大地下壕に凶悪なトラップを仕掛け、あらゆる武器で悪党どもを次々と始末するランボーの戦いは、これまでのシリーズに勝るとも劣らない迫力である。

『ランボー ラスト・ブラッド』© 2019 RAMBO V PRODUCTIONS, INC.

本作の監督を務めたエイドリアン・グランバーグは「シリーズ第1作への回帰を目指した」と語っており、ゲリラ戦術を駆使したランボーの戦い方には、確かにその雰囲気が感じられる。そして「悪意のある者から不当な暴力を受け、ベトナム戦争のトラウマと抑制されていた怒りが爆発する」というシリーズ第1作を彷彿とさせるストーリー展開は、復讐の鬼と化したランボーの渾身の“仕置”で、観る者に強烈なインパクトを与えるはずだ。

『ランボー ラスト・ブラッド』© 2019 RAMBO V PRODUCTIONS, INC.

■映画音楽界の伝説的巨匠からシリーズを引き継いだブライアン・タイラーの音楽が熱い!

『ランボー』シリーズの音楽は、第1作から第3作までは『猿の惑星』(1968年)、『スター・トレック』(1979年)、『L.A.コンフィデンシャル』(1997年)などで知られる映画音楽界の巨匠、ジェリー・ゴールドスミスが担当していた。

勇ましさの中に男の悲哀を漂わせた『ランボー』のメインテーマは、第1作でダン・ヒルによってエンディングテーマ「It’s A Long Road」としても歌われている(『怒りの脱出』でフランク・スタローンが歌った「Peace in Our Life」にもテーマ曲のフレーズが使われている)。

『ランボー/怒りの脱出』オリジナル・サウンドトラック
音楽:ジェリー・ゴールドスミス
発売・販売元:Rambling RECORDS Inc.
品番:RBCP-2812

しかしゴールドスミスは2004年に亡くなったため、スタローンは『最後の戦場』で新たな作曲家を探さなくてはならなくなった。そこで彼の目に留まったのが、当時売り出し中の俊英作曲家ブライアン・タイラーだった。現在タイラーは『ワイルド・スピード』シリーズ(※)や『アイアンマン3』(2013年)、『エクスペンダブルズ』シリーズ(2010、2012、2014年)などのヒット作/話題作の音楽を担当する売れっ子となっており、10年以上前に彼の才能を見出したスタローンの目は確かだったということになる。

■※『ワイルド・スピード EURO MISSION』(2013年)を除く『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(2006年)以降のシリーズの音楽を担当。

『ランボー』シリーズの音楽を引き継いだタイラーは、前作『最後の戦場』で自身が新たに書き下ろしたテーマ曲を中心に、要所でゴールドスミスの「ランボーのテーマ(Rambo: First Blood Theme)」を用いたスコアを作曲した。この楽曲構成は本作でも踏襲されている。

タイラーが作曲したテーマ曲は、ゴールドスミスの「ランボーのテーマ」との親和性も高く、両者のメロディがスコアの中で違和感なく馴染んでいる。『ランボー ラスト・ブラッド』は勇壮なフルオーケストラ音楽でランボーの激しさを表現する一方、エモーショナルな旋律で彼の家族への思いと喪失を描き、ランボーの内面描写にも重点を置いたものとなっている。タイラーとスタローンの揺るがぬ信頼関係によって生み出された、シリーズのファンの胸を熱くする音楽と言えるだろう。

『ランボー ラスト・ブラッド』オリジナル・サウンドトラック
音楽:ブライアン・タイラー
発売・販売元:Rambling RECORDS Inc.
品番:RBCP-3368

文:森本康治

『ランボー 最後の戦場』はCS映画専門チャンネル ムービープラス2020年6〜7月放送

『ランボー ラスト・ブラッド』は2020年6月26日(金)より公開

関連記事(外部サイト)