『ウォーキング・デッド』スピンオフ、『ジャスティス・リーグ』スナイダー・カット版など、コミコンで公開された注目情報まとめ!

『ウォーキング・デッド』スピンオフ、『ジャスティス・リーグ』スナイダー・カット版など、コミコンで公開された注目情報まとめ!

毎年アメリカのサンディエゴで開催される世界最大のコミックイベント「サンディエゴ・コミコン」が、2020年7月22日から5日間にわたりバーチャルイベント「コミコン・アット・ホーム」として開催された。イベントでは、人気コミック作品から『ウォーキング・デッド』の最新スピンオフ作品など、予告編や独占映像とともに数多くの最新作が発表された。本記事では、BANGER!!!注目の作品をご紹介したい。

■『ジャスティス・リーグ』スナイダー・カットで全身ブラックのスーパーマンが!?

2021年にHBO Maxにてプレミア配信されるザック・スナイダー監督によるスナイダー版『ジャスティス・リーグ』(通称:スナイダー・カット)の最新映像が公開。

2017年に公開された『ジャスティス・リーグ』は、スナイダー監督が途中降板したため、後任のジョス・ウェドン監督の手により完成されたが、スナイダー・カットではスナイダー監督が撮影したパートの劇場未公開部分を含めて制作が進められている。

■終末世界でおくる青春時代⁉『ウォーキング・デッド:ワールド・ビヨンド(原題)』

大人気サバイバル・ドラマ『ウォーキング・デッド』のスピンオフ『ウォーキング・デッド:ワールド・ビヨンド(原題)』の予告編が公開された。

『ウォーキング・デッド』シーズン10の最終話が放送される米国時間2020年10月4日に合わせて本スピンオフが放送開始となる予定。ウォーカー(=ゾンビ)が蔓延る世界で成長した10代の子どもたちが、ウォーカーに荒らされた世界でおくる青春物語。またイベントでは、『ウォーキング・デッド』シーズン10最終話の冒頭映像もあわせて公開されている。

■S・ペッグ&N・フロストが超常現象に挑む!『トゥルース・シーカーズ(原題)』

スクリーン内外で仲良しコンビとして知られる『ミッション:インポッシブル』シリーズ(1996年〜)のサイモン・ペッグと『宇宙人ポール』(2011年)のニック・フロストが再び共演!

超常現象調査員であるガスとデイヴはイギリス各地の超常現象を調査、謎を解き明かし、自分たちの冒険の様子をオンラインで共有していた。しかし次第に、人類に脅威をもたらす想像絶する陰謀にまでたどり着いてしまう……というホラー・コメディ。

Exclusive images for brand new @simonpegg & @nickjfrost series #TruthSeekers, also starring @julian_barratt, @samsonkayo, @McDowellMalc, @EmmaZiaDArcy, @ItsKevinEldon and more… pic.twitter.com/804qpD1At6

— Amazon Prime Video UK (@primevideouk) July 21, 2020

さまざまな新情報が明らかになったサンディエゴ・コミコン。話題の作品たちをその目で見られる日を楽しみに待とう!

関連記事(外部サイト)