エベレストに挑む! 苦難&危機の実話『クライマーズ』はウー・ジン、チャン・ツィイー、ジャッキー・チェン出演の山岳アクション

エベレストに挑む! 苦難&危機の実話『クライマーズ』はウー・ジン、チャン・ツィイー、ジャッキー・チェン出演の山岳アクション
『クライマーズ』©2019 SHANGHAI FILM GROUP. ALL RIGHTS RESERVED.

■チョモランマは立ちはだかる“敵”であり愛と崇拝の対象!

事実をもとにした山岳アクションである。1960年、中国の登山隊が北陵からのチョモランマ登頂に成功。しかしその途中、仲間を守るためにカメラを手放し、登頂を証明する映像がなかった。

『クライマーズ』©2019 SHANGHAI FILM GROUP. ALL RIGHTS RESERVED.

国際的には登頂が認められず、しだいに自国民からも嘘つき呼ばわりされる元登山隊の面々。屈辱の日々を送る中、15年後に再登頂のチャンスが訪れる。

マックス・チャンvsアンデウソン・シウバ! 夢の対決はダークでハードで予測不能!!『無敵のドラゴン』

『クライマーズ』©2019 SHANGHAI FILM GROUP. ALL RIGHTS RESERVED.

ツイ・ハークがプロデュースした『クライマーズ』は、つまりストレートな雪辱の物語だ。仲間のためにあえて手放した栄光を取り戻すための闘い。立ちはだかる“敵”であり愛と崇拝の対象にもなるのがチョモランマだ。これは燃える。

『クライマーズ』©2019 SHANGHAI FILM GROUP. ALL RIGHTS RESERVED.

■熱血アクション中国代表:ウー・ジン! 可憐&芯の強さ中国代表:チャン・ツィイー!

いやあまりにストレートだと思われるかもしれないが、主演はウー・ジン。『ドラゴン×マッハ!』(2015年)や『戦狼 ウルフ・オブ・ウォー』(2017年)で知られる熱血アクション中国代表なわけで、醒めた目線などまったく寄せ付けない。気持ちよく、その熱さに乗ればいい。

ブルース・リーとの“競演”に凄味を増す詠春拳『イップ・マン 完結』に燃えろ! そして泣け!!

『クライマーズ』©2019 SHANGHAI FILM GROUP. ALL RIGHTS RESERVED.

ウー・ジン演じる登山隊長ファン・ウージョウの恋人シェイ・イン役には『初恋のきた道』(1999年)、『グリーン・デスティニー』(2000年)のチャン・ツィイー。こちらは“可憐で芯が強い役・中国代表”のような存在。

『クライマーズ』©2019 SHANGHAI FILM GROUP. ALL RIGHTS RESERVED.

この2人が登山のドラマの陰で一大メロドラマを繰り広げる。あふれる思い。しかし、それを伝えられないもどかしさ。こちらのドラマも古典的といえば古典的で、だからこそグッとくるしスター共演のパワーを感じもする。

悪戦苦闘のドタバタ展開 “チャウ・シンチー ワールド”健在! 20年ぶりのリブート『新喜劇王』

『クライマーズ』©2019 SHANGHAI FILM GROUP. ALL RIGHTS RESERVED.

■対チョモランマな格闘アクション!? ジャッキーのエモい役どころにも注目

もちろん最大の魅力は登山アクション。登山と言いつつ、ジェットコースター的でもある。とにかく危機の連続。吹雪に雪崩に落石、身体を蝕む寒さ。命を落とす者もいる。

『クライマーズ』©2019 SHANGHAI FILM GROUP. ALL RIGHTS RESERVED.

活劇の肝は“踏みとどまる”だけでなく“滑り落ちる”、さらに“飛ぶ”だ。CGプラス伝統のワイヤーアクションのエッセンス、そしてウー・ジンの体技。そういう意味ではチョモランマとの“格闘アクション”とさえ言ってもいいかもしれない。

クォン・サンウ主演 “囲碁”バイオレンス・ノワール復讐劇! ケレン味200%で全力疾走の『鬼手』

『クライマーズ』©2019 SHANGHAI FILM GROUP. ALL RIGHTS RESERVED.

愛国的な演出がちょっと鬱陶しい部分もあるものの、ストレートに燃える映画なのは間違いない。そのパワーに、素直に圧倒されてほしい。ちなみに友情出演のジャッキー・チェンがまたエモい役どころ。これは(公式サイトには載っているけど)あえて書かないようにしよう。「ここで出てくるのかジャッキー!」と、ちょっと目頭が熱くなった。うーん、最後まで熱い。

俺たちのジャッキーを見届けよ! 60代後半にして新たな魅力を模索『ナイト・オブ・シャドー 魔法拳』

『クライマーズ』©2019 SHANGHAI FILM GROUP. ALL RIGHTS RESERVED.

文:橋本宗洋

『クライマーズ』は2020年9月25日(金)より新宿シネマカリテほか全国順次公開

関連記事(外部サイト)